鋳薔薇

part30-111・113


111 :鋳薔薇(1/2):2007/04/16(月) 03:45:22 ID:iBsIMjkJ0
19世紀、蒸気機関と機械精密産業に沸く北欧の国『エーデルワイス』を、
『鉄人』と呼ばれる巨大機械兵器の部隊が襲った。
鉄人を束ねるのは、うら若き5人の娘たち。
『ローズ・ガーデン』と名乗った彼女たちの頂点に立つのは、
かつて機械義肢の研究・開発で名を馳せていた、テレサ・ローズ博士であった。
彼女は言う。
「この汚らわしい地上を、全て破壊してしまいましょう。そしてその上を、
キレイなバラ園をつくりましょう」
 ワタシタチガ キレイニ シテアゲル

その圧倒的な戦力を前に、成す術もなくなった政府軍は、『ネゴシエーター』と
よばれる特殊攻撃部隊に属するボンドとダインに出動を命ずる。
「まさか博士が・・・何故?」
実は2人は、かつてテレサ博士の義肢によって命を救われたことがあった。
彼女の真意を確かめるべく、2人は怒りと困惑を隠せないまま出撃するのであった。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/16(月) 03:45:51 ID:iBsIMjkJ0
テレサが凶行に及んだ理由。それは、自分を裏切った国への復讐であった。
テレサはかつて、国立の機械義肢研究所に勤めていた。
自分の研究が、人々を救うと信じながら。
しかしある時、自分の研究が軍事利用されていたことを知る。
政府軍はテレサの研究を利用し、極秘に鉄人を開発していたのだ。

テレサはたちまち人々からの信用を失った。人殺しの兵器を作った女として。
もはや研究所は不要と判断した政府は、テレサの同僚や部下たちをみな処刑した。
その中には、テレサの恋人もいたのだった……。


激しい戦いの末、ボンドとダインはついにテレサを追い詰める。
そこにはもはや凶悪な侵略者などいない。かつて自分たちを救ってくれた、
美しい女性が絶望に打ちひしがれていただけだった。
「裏切られた復讐とはいえ、博士は許されないことをしたよ。
子供の頃から、博士の技術は俺の左にも宿っている。生きて罪を償ってくれ。
本当に辛いイバラの道だろうが……。
博士に感謝している人が、多くいることを忘れないで……」







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー