閉鎖病院

part30-258~262


258 :閉鎖病院:2007/04/26(木) 20:13:51 ID:sRTnQPJl0
リクエストにある閉鎖病院 板垣の秘薬編 書きます。

新米の薬剤師・細川(27)は
大病院の薬局で上司の板垣さん(65)と二人で働いている。
今日は午後から職員の定期検診があり、北条先生の診察室に行くことになっていた。

北条雪(28)はこの病院で紅一点の医師。
白衣の似合う、冷たい印象の美人で、細川にとっては苦手な存在。
検診に行く途中、知り合いに捕まったりで、結局10分ほど遅刻をして叱られてしまった。

薬局に戻って「あの鉄仮面女史をなんとかしてくださいよ」と冗談まじりに愚痴ると
板垣さんは自信たっぷりに「できないことはない」と言い出した。
フロイト博士によれば、人の内面には本人も気付かない深層心理が眠っている。
女史にも、人を愛し愛されたいという原始的本能があるはず。
薬剤師経験の長い板垣さんなら、それを引き出す惚れ薬を作ることができる。らしい。

259 :閉鎖病院:2007/04/26(木) 20:15:13 ID:sRTnQPJl0
半信半疑ながらも、薬を他に流用できるかも…と下心ありありで話に乗った細川だったが
いざ薬を手に診察室を訪問すると、バレたらどうしよう、効いても困る、と動揺する。
それでもどうにかお茶に薬をたらし、飲ませることができた。

すぐに北条は顔色が赤くなり、左胸を手で押さえる。
しかし、「過労かしら?急性の疾患?検査してくるわ」と、そそくさと立ち去ってしまった。
さすがお堅い北条、恋の予兆とは気付かなかったらしい、手ごわい相手だ。

翌日。面白くなってきた細川は、また診察室を訪れ「あっ!窓に男の顔が!」と
もうムリヤリ北条の注意をそらしてお茶に薬を混入。
飲んだ北条は顔を赤くして「熱かしら?」と首をかしげた。それが意外とかわいいので
細川が大胆にも額に手を当てると、驚いて出て行ってしまった。

実験は成功といっていいだろう。

260 :閉鎖病院:2007/04/26(木) 20:18:05 ID:sRTnQPJl0
その日の夕方、中庭のベンチで休憩していると、北条がやってきた。
しばらく横に立って何かを言いよどんでいたが、やがて。

「回りくどいのは苦手だから単刀直入に言わせてもらうわね。私とお付き合い、つまり
男女としての交際をする気はないかしら?思うに私は細川さんを愛してるみたいなの」
いざ告白されるとみっともないほど動揺してしまう細川。

「驚かせてしまったみたいね。
言いわけみたいだけど、私にとっても細川さんを男性として意識しているのは
意外な感情で、気付いたのもついさっきなの。
色々検討したんだけど、この気持ちを抑圧するのは、私の精神衛生に不健全な影響を
与えると思って、告白することにしたの」

愛の告白も、北条にかかるとアカデミックで色気がないな、と感心していると
まるで問診のように「それで、返事は?私と交際する気はあるのかしら」と聞かれた。

261 :閉鎖病院:2007/04/26(木) 20:19:50 ID:sRTnQPJl0
 →うけいれる

彼女に愛想がないのは真面目すぎるだけで、悪気はなかったのだろう。
「お受けします」「ありがとう」北条は初めて、にこっと笑った。
愛しさがこみあげてきて、抱擁でも…と一歩近づくと、北条一歩下がる。
近づく。下がる。
「…北条先生」「なにかしら?」 気長に行くか。細川はため息を吐いた。

薬局に戻り「女史に告白されました!」と興奮して報告すると
板垣さんは笑いながら、実はあの薬はただの強心剤だったとネタばらしした。
一杯食わされた!と食ってかかろうとする細川に、板垣さんはニヤリ。
「フロイトいわく、人間の行動は無意識に支配されている。
つまり女史は無意識の内に君を憎からず思っていたということだ」
丸め込まれてしまった。
板垣さんは最後にこう締めくくった。「人の心なんて、本人にすらよくわからないものだよ」

262 :閉鎖病院:2007/04/26(木) 20:21:52 ID:sRTnQPJl0
板垣の秘薬編 終わりです。他のこまかい分岐は気が向いたら書くかもしれません。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー