メタルウルフカオス

part30-321~329・331


321 :メタルウルフカオス:2007/05/02(水) 21:16:28 ID:9yvcDhtE0
21世紀初頭、アメリカの自由は死んだ。
全米各地で一斉蜂起した大規模なクーデター軍により、
瞬く間に軍部を始め、アメリカの全ての中枢機関が掌握されたのだ。
合衆国のクーデターは完全に成功されたかに見えた。
だが、最後の希望は残されていた…

アメリカ最後の砦:ホワイトハウスにまで進軍するクーデター軍。
蟻一匹這い出る隙もない包囲に、誰もが諦めたその時、
ホワイトハウスの執務室を突き破って一体のアーマードスーツが出現する!
兵士や戦車の攻撃をものともせず、破壊の限りを尽くす男。
彼こそ第47代アメリカ合衆国大統領:マイケル・ウィルソンその人であった。

○ホワイトハウス「危機一髪!ホワイトハウス大脱出作戦」
マイケルはホワイトハウスと、父の銅像へと一時の別れを継げ、
クーデター軍の本隊が来る前に脱出を開始する。
プレジデントパークの噴水を割って飛び立つエアフォース・ワン。
軍を指揮する一体のアーマードスーツと、マイケルの視線が交錯する。
彼こそがクーデター軍の首魁・元副大統領:リチャード・ホークである。

「マーイコォゥ!!フハハハハハハハ!!!!」
「リッチャァァァァァァドゥ!!!!」

互いに咆哮を上げ、離れていく二人。
アメリカ全土を舞台とした戦いの火蓋は切って落とされた。

合衆国新政府はホワイトハウスに現れた武装テロリストを
『メタルウルフ』と呼称、全米へと警戒令を敷く。
ニュースを見て、大統領秘書官:ジョディ・クロフォードは顔を顰める

「我々はアメリカの敵、というわけですね。
如何いたしましょう大統領、他国に亡命なされますか?」
「いや、アメリカで戦争を起こすわけにはいかない。
戦うのは私一人で十分だ。
ジョディ、本日の予定は何だったかね?」
「日本で野生生物保護の会談を控えていますわ。」
「そうか、ならば日本大使館に延期の連絡をしてくれないか。
これからアメリカを救わねばならなくなったのでね。」

マイケルとプレジデントフォースの、孤独な戦いが幕を開けた。
反撃の狼煙は、大都市の少ないアメリカ西部から上がる。

322 :メタルウルフカオス:2007/05/02(水) 21:20:58 ID:9yvcDhtE0
【前半ステージ】
・サンフランシスコ「熱き戦いの始まりはシスコから都市奪還作戦」
街頭を占拠している戦車群と対決。ボスは最新鋭大型戦車「DORSEY」 
「見てください大統領!中華街の建物が要塞になっています!
ところであのビルって、イベントでのイルミネーションがとても綺麗なんですよ。
前々から私、あのビルを壊したらどんなに綺麗だろうって思ってたんです!」

・アルカトラズ島「監獄島をぶち壊せ大作戦」
発射まで残り5分。西海岸を狙うアルカトラズキャノンを叩く。
「DNN、ピーター・マクドナルドです。
我々はこれから凶悪犯メタルウルフの突撃取材を敢行します。
どうやら彼は、アルカトラズ砲の占領を目論んでいるようです。
がんばれ合衆国軍!メタルウルフに負けるな!」

・フェニックス「荒野の決闘作戦」
荒野のゴーストタウンにて、アーマードスーツ3体と決闘。
「少佐…、いえ、マイケル・ウィルソン!
貴方はアメリカの、あなた自身の誇りを汚した。ここで死んでもらう!」
「やれやれ、まるで西部劇の決闘だ…
なら、どちらがワイアット・アープか決めようじゃないか!」

・グランドキャニオン「血と硝煙のアリゾナ作戦」
渓谷の基地を襲撃。中ボスで大型武装ヘリ「CASTINA」が出現。
「敵軍は壊滅しました。このままコロラド川に流されていくでしょう。
このアリゾナの大自然に、戦争は似合いませんからね。」
「ジョディ… 君にも戦争は似合わないさ。」
「はいはい、お疲れ様です。大統領。」

・ビバリーヒルズ「セレブな街を取り戻せ大作戦」
富裕層の依頼で、高級住宅街に蔓延る軍隊と爆弾の撤去。
「メタルウルフによって街が占拠されてしまいました!
我々は避難しますが、これからも報道は続きます。
なぜなら"ペンは剣より強し"!DNN、ピーター・マクドナルドでした。」

西部を開放し、レジスタンス中心人物「ナイスガイ」と接触、彼らの一斉蜂起も近い。
反クーデター気運高まる中、いよいよ激戦地であるアメリカ東部へと向かう。

同日:ニューヨーク
街で容赦ない破壊を続ける黒い悪魔ことメタルウルフの前に、
ついに新政府大統領:リチャード・ホークのアーマードスーツが降り立った。
周囲の被害を無視したメタルウルフの暴虐に、防戦一方のリチャード新大統領。
「私は負けん!なぜなら私は、
ラストアメリカンヒーロー:リチャード・ホークだからだ!!」
その両手はついにメタルウルフを捕らえ、正義の波動砲が火を吹いた!

「うぎゃぁぁぁぁ! や、やられちまったァァ!」
「正義は勝つ!アメリカ合衆国万歳!!」

323 :メタルウルフカオス:2007/05/02(水) 21:25:18 ID:9yvcDhtE0
「朗報です。本日NYに現れた凶悪なテロリスト・メタルウルフは
リチャード氏の特殊起動重装甲により、完膚なきまでに破壊されました。
悪は滅びたのです。同時に新政府が極秘に行った作戦により、
彼に協力するテロリストも次々と検挙されています。
戒厳令はもう暫く続きますが、今日だけはこの勝利を喜びましょう。
ウィ・ラブ・リチャード・ホーク. 新政府政策推進室がお伝えしました。」

「何ですかあれ!最新のVFXも真っ青の特撮映像じゃないですか!!」
ニュースを見たジョディは、目の前のメタルウルフ・マイケルへと激昂した。
クーデター軍は、偽の映像で反クーデターの士気を挫く行動に出た。
そして敵の作戦を裏付けるように、レジスタンスとも連絡が取れなくなってしまう。
調子に乗ったリチャードは本格的に国民への圧政を敷き始めた。
街での兵器実験や資源の凍結、そして人身売買と反乱分子の粛清…
一刻も早く、非人道的な状況に晒された国民を救わねばならない。

「大丈夫さ、ジョディ。私はあんな腐ったチーズような野郎には負けない。
なぜなら私は、アメリカ合衆国大統領だからだ!!」

【後半ステージ】
○シカゴ「シカゴの夜明け大作戦」
活動限界5分。毒ガスによる粛清を阻止せよ。
「なんとメタルウルフは、人々を毒ガスで皆殺しにしているようです!
致死濃度まで残り3分、カップラーメンを作る時間すら与えてくれない!
メタルウルフ、極悪です!」

○マイアミビーチ「あの美しく済んだ海をもう一度大作戦」
人身売買の港を強襲。巨大空母を操るかつての上官との激戦。
老兵は死せず…

○ヒューストン「決戦!オラジワン対メタルウルフ大作戦」
宇宙港を占領している巨大飛行空母と激闘。
「ああーっ!あのオラジワンが、無敵の空母、我らのオラジワンが
破壊されてしまいました!恐るべしメタルウルフ。
ですが希望を捨ててはいけません。そう"ペンは剣より(以下略」

○ニューヨーク「ウィー・ラブ・NY大作戦」
街の人々で実験中の、無人大型兵器を破壊せよ。
「マイケル、私の可愛いペットはどうだい?
彼のおかげでニューヨーク市民は楽しそうに逃げ回っているよ。
君もあの子の波動砲を喰らって、"最高にハイ"な気分で天国に行きな!!」

「ついにここまで来たな。ジョディ。終わったら有給を許可しよう。」
「一ヶ月は頂きますよ。大統領。田舎の母親とは、しばらく会っていないんです。」

東部都市を開放し、ホワイトハウスを目前としたプレジデントフォースは
戦勝ムードに包まれていたが、彼らの硬い絆を引き裂く悪魔のニュースが流れる。

324 :メタルウルフカオス:2007/05/02(水) 21:27:30 ID:9yvcDhtE0
「軍から逃亡したメタルウルフは、各地で煽動活動を続けています。
テロリストに賛同する人々よ。思い出して欲しい。正義の心、アメリカの心を。
今なら罪は軽いはずです。ですが、もし投降しないのであれば、
新合衆国憲法により、メタルウルフ賛同者の4親等以内の家族、同じ学校の学友、
職場の同僚などに該当する人間は、公開処刑されることになります。
あなたたちに正義の心が残っているならば、本日までにどうか投降して下さい。
ウィ・ラブ・リチャード・ホーク. 新政府政策推進室がお伝えしました。」

クーデター軍の卑劣な作戦。身近な大切な人を人質に取られた
プレジデントフォースは、一人また一人とマイケルの下を去っていった。
だが、彼らの行為を裏切りだと責めることは、誰にもできない。
一人残されたマイケルの前に、あの男が現れる。

「マァイケルゥ。久しぶりだな。」
「リチャード!? 何故だ、何がお前を変えてしまった!?」
「ンフフフ、マイコゥ。この国には豚が増えすぎたんだ。
豚どもは今やアメリカを食いつぶそうとしている。
この国には、優秀な者だけが生きるべきだと思わないか?」
「そんなもの、認めるわけにはいかない!」
「やはり君と私は相容れないようだな。そういえば、
お前の部下どもも私に逆らった豚だ。即刻処刑することにしたよ。」
「貴様!!」
「ンハハハハハハハハ!!」

マイケルに挑戦状を叩きつけ、通信を切るリチャード。
処刑の場はNYリバティ島。罠が待ち受けているのは間違いないが、
マイケルに彼らをを見捨てることなど、できるわけがない。
「なぜなら私は、アメリカ合衆国大統領だからだ!!」

325 :メタルウルフカオス:2007/05/02(水) 21:32:54 ID:9yvcDhtE0
○リバティ島「何故なら私は…アメリカ合衆国大統領だからだ!作戦」
リバティ島へと続くブリックリンブリッジに、大統領は一人降り立つ。
ジョディたちプレジデントフォースの職員たちは、
リバティ島のシンボル・自由の女神像へと監禁されていた。
「ジョディ!無事か!?」
「大統領! 貴方を裏切った私たちをどうして!?」
「私は友人を見捨てたりはしない。何故なら私は合衆国大統領だからだ!」
「逃げて下さい!大統領!これは罠…」

「相変わらずヒーローごっこを楽しんでいるようだな。マイケル。
気付いてないようだから教えてやろう。この国の自由は、死んだ!!」
「リチャード!!」
「ンハハハハ。おっと、アフターヌーンティーの時間だ。
続きは美味しいダージリンティーを飲みながら楽しませて貰うよ。」

ブルックリン橋に出現した巨大戦車「WARNER」は、
メタルウルフと自由の女神を破壊すべく、その兵装を展開させる!

女神像へ発射される多数のミサイルを迎撃しつつ、激しい攻撃に防戦一方。
そして、武装ヘリが自由の女神へと向かってしまう。

「新手だと!?」
「少し違うな。メタルウルフ。」
「その声…? 生きていたのか!? 」
「しぶとさだけが我々の取り柄でね。」

武装ヘリから聞こえてきたのは、レジスタンス「ナイスガイ」の声であった。
ヘリに描かれた"Welcome Freedom!"のペイント。
彼らにプレジデントフォースの救助を託し、巨大戦車へと攻撃を集中させる。
全兵装を破壊され、最後の特攻をかけてきたWARNERを、
マイケルはブーストを吹かして真正面から受け止める。
何百トンもある巨体を持ち上げ、そのままジャイアントスイング!
「アーッ!!これが大統領魂だ!!!!」
投げ飛ばされた巨大戦車は、ニューヨーク湾の藻屑と消えた。

「大統領、私、何て言えば…」
「ジョディ、 遅くなってすまない。」
「大統領…」

「DNNのピーター・マクドナルドです!
突撃取材により、もの凄い真実が明らかとなりました!
ご覧になりましたか!副大統領、いえ、リチャードホークの本性を!
やはり私が主張していた通り、メタルウルフこそが正義だったのです!!
世界中から疑われていても、私だけは貴方を信じていましたよ。
ありがとう、メタルウルフ! ありがとう、マイケル・ウィルソン!!」

「Whatever...(やれやれだ)」

326 :メタルウルフカオス:2007/05/02(水) 21:41:27 ID:9yvcDhtE0
○ファイトハウス「ただいま、ホワイトハウス大作戦」
要塞と化したホワイトハウスの、その醜悪な外装を破壊する。
「ようやくハンサムな顔が見えてきましたね。大統領!」

破竹の勢いでホワイトハウスを奪還したマイケルたち。
だが、そこにリチャードの姿は無かった。
レジスタンスの情報から、彼が目撃されたラスベガスへと向かう。

○ラスベガス「幸運を、大統領!作戦」
リチャードのアーマードスーツと一対一の決闘。
同等以上の装甲服と、卑怯な攻撃を続けるリチャードに苦戦するマイケル。
「マイケルゥ!『ママーあいつ卑怯だからボクチン勝てまちぇん』ってかあ!」
「リチャァード!貴様!」

リチャードのバースト攻撃(完全無敵のボムみたいなもの)をも防ぎきり、
遂にリチャードを追い詰めた。だが彼が逃げた建物からは、何とスペースシャトルが発進する。

「あんなものまで用意してたなんて… 大統領?」
マイケルはシャトルに向けて助走距離をとっていた。
「まさか!あのシャトルに飛び乗るつもりですか!?無茶です!!」
「無茶ではない!!何故なら私は―――
アメリカ、合衆国、大統領だからだァァァァ!!!!!
ジョディ!ちょっと宇宙まで行ってくる!」
大統領と副大統領を乗せたシャトルは、衛星軌道上の宇宙ステーションへと収容された。

「大統領!!ご無事ですか!?」
「ああ、初めての宇宙旅行を楽しんでるよ
ただカメラを持ってこなかったのが悔やまれるな。」
「大統領。いよいよ決戦ですね!」
「ジョディ、日本大使館に連絡しておいてくれないか。
延期していた野生生物保護の会談だが、明日滞りなく行う、とね。」

○宇宙ステーション「ビリーヴ・ユア・ジャスティス!大作戦」
マイケルの戦闘により、崩壊を始めた宇宙ステーション。
その最上階で、リチャードは超大型機動兵器「ULTIMATE WEAPON」で待ち受けていた。

激戦の末、全ての兵装を破壊。すると、ドームが開いて宇宙空間に出る。
機動兵器の背中からは、アメリカに向けられた巨大ミサイルが出現する。
ミサイルにはご丁寧にも"Merry X'mas"と書かれていた。
全ての火力を集中させ、ミサイル発射前に機動兵器を破壊する。
機動兵器は大爆発を起こし、リチャードは吹っ飛ばされていった。

327 :メタルウルフカオス:2007/05/02(水) 21:44:20 ID:9yvcDhtE0
【エンディング】

「あのスピードと角度なら、流れ星になっておしまいです。」
「…救助する!」
「ふ、不可能です!!
いくら貴方でも、流れ星を止めるなんて出来っこありません!!」
「ジョディ、私は誰だ?
私は大統領だ。これまで不可能を可能にして生きてきた。
そして、これからもそうする!!イーヤッハー!」

ステーションの瓦礫を破壊し、ボンベを連鎖爆発させて急加速。
赤熱し始めたリチャードへと追いつく。

「マ、マイケル?」
「リチャード!! お前は道を間違えただけだ!!
アメリカを想う気持ちは、私と変わらん!!」
ついにリチャードの腕を掴む。だが…
「・・・ンフフ・・・フフフハハハハハハ!!
正義の心でも、消せぬ炎がある事を知るがいい!!」
リチャードはスーツ腕部を自ら爆破し、笑いながら燃え尽きていった。
沈黙するマイケル。

「応答してください!!大統領!!大統領!!」
「・・・ノー・プロブレム。」
全武装をパージし、降下形態となった大統領のスーツは、
そのまま地球へと落下していった。

「ジョディ…」
「何ですか?大統領。」
「明日から、また忙しくなるな…」


328 :メタルウルフカオス:2007/05/02(水) 21:46:19 ID:9yvcDhtE0
翌日のホワイトハウス。
多くの兵士の前で、大統領の演説が行われていた。

「 おはよう。皆さん、
我々は、自由を愛している。
だが自由とは、空気や水のように、当たり前にそこに在るものではない。
およそ240年前、我々の祖先が、血と汗と涙を糧に戦い、その果てに勝ち取ったものだ。
それを忘れてはいけない。

もし、我々の自由を、我々の信念を脅かす者が現れたとき、
我々はこれに抗い、これを打ち砕くだろう。
戦うこと、自由を守るための戦いに、大仰な理由は必要ない。
大義名分も、美辞麗句も並べ立てる必要は無い。

自由と信念と愛すべき隣人を守るために、
我々は"自らの正義"を信じ続け、戦うことを諦めない。
なぜなら我々は、アメリカ合衆国市民だからだ!

そして貴方たちが許す限り、
私はその戦いの最前線で戦うだろう。
なぜなら私は――

アメリカ合衆国大統領だからだ!!」

ホワイトハウスは拍手と喚声に包まれた。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 22:06:15 ID:YxaaknL90
メタルウルフカオス乙
ちなみにこんなゲーム
ttp://www.youtube.com/watch?v=Genl242_ZU8

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 22:58:01 ID:9yvcDhtE0
大統領魂だ!はあくまで字幕ですな。
音声はいつもの「ハゥ・ユー・ライク・ミー・ナーウ!!」
これが純国産のゲームだから恐ろしい。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー