パレット

part30-548・551


548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 00:06:08 ID:zrEfIJ5m0?2BP(1)
ttp://www.enterbrain.co.jp/gamecon/no4/01.html
かなり古い物だが・・・これの真相がよく理解できなかったんだけど、
もしよかったら教えてくれまいか?

551 :かなり適当なパレット:2007/05/31(木) 22:01:57 ID:5HTLvMPc0
>548
シアンは要するにあの女の子の妄想
という表現が悪ければ女の子が自分の心を守るために生み出した一種の多重人格
犯罪者の子供、または幼い頃犯罪に関わりがあった子供をBDと呼んで、
BDは成長すると犯罪者になる、という学説がある
帽子の男は女の子の父親で、BDについての研究者で、自らもBD
たぶんだけど、子供の頃にマシリト・クリムに家族を殺された、んで復讐でクリムを殺したっぽい
それで女の子もBDってことになったんで、父親の減刑と引き換えに実験に協力することになる
実験てのはBDの記憶を消して、つまり犯罪の記憶を消すことで、成長しても犯罪者にならないんじゃないか、という実験
(その実験をしている街が、設定に書いてあるゼブル)
赤い女の人はその実験の担当者で、母親という名目で女の子と暮らしてた
その後、父親が、BDは何したって犯罪者になってしまうんだ、と考えて
犯罪者になる前に女の子を殺そうとして刑務所を脱走してくる
んで返り討ちで父親を刺すかなんかして(ここらへんよく覚えてない)、女の子は街を逃げ出す
小さい頃によくシアンのごっこ遊びをした小屋で、自分をシアンだと思い込むことで精神を守ろうとする
赤い女の人は「シアンに女の子のカウンセリングを依頼する」という形をとって、女の子の記憶を取り戻させる

色々と間違ってそうな気もするが、まあだいたいはこんな感じの話だと思うよ。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー