.hack/G.U. Vol.2 君想フ声
・part31-80
・要約スレpart2-338


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 17:46:12 ID:DzbwVbsS0

vol.2
志乃の仇であるトライエッジを倒したのも束の間、アトリが黒い影AIDAに身体を貫かれる。
その後、プレイヤーがログアウトできないという異常事態が発生。
ハセヲ達GUメンバーはこの世界はAIDAが人間の感情を調べるために作り出したサーバーだと気づき
AIDAを排除することで現実に復帰。実際には時間が経過していなかったので
多くのプレイヤーが体験したにも関わらずサイバーコネクト社は事実を認めず。

2つ目のアリーナの宮皇が豹変、元宮皇の遥光に頼まれて原因であるAIDAを排除にかかるが
途中で遥光がやられ未帰還者になる。志乃に続き知り合いを失いショックを受けるハセヲ
で背後にいた月の樹の幹部榊がAIDAとアトリの碑文の力を操りクーデター
碑文の力はネットを支配する鍵、つまりは世界征服が出来るとか。でも倒す。

全ての黒幕はオーヴァンで全てはハセヲを成長させる為だったと言う。
封印された左腕にはAIDAが宿っていた。3本の腕が繰り出した傷こそトライエッジの正体だった。
苦戦の末倒すが、これでは駄目だと言って消える。
(1で倒したのはAIDAを排除するためのプログラム「蒼炎のカイト」で人違いだった)

 


338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 22:33:56 ID:CqkZgq920
Vol1は>>244
hack//G.U.vol.2 君想フ声

前作のラストAIDAに襲われたアトリは碑文使いの最重要データ、モルガナ因子を奪われてしまう。
時を同じくして一般プレイヤー達ごとAIDAのつくったAIDAサーバーに閉じ込められてしまう事件が起きる。
ハセヲはオーヴァンの助言からAIDAサーバーから現実に帰還しようとする。しかし脱出直前にAIDAを駆除する
旧作の重要人物オルカとバルムンクに似た人物と棺桶に似たものに入っている三爪痕の姿を見るのだった。

AIDAサーバーから帰還したハセヲは紅魔宮前々宮皇揺光から宮皇仲間の天狼の人格変貌を聞き真相究明のため
碧聖宮トーナメント参加への協力を頼まれる。天狼の異常はAIDA感染によるものと考えたハセヲは快諾する。
そうして順調にトーナメントを勝ち抜き親交を深めるハセヲと揺光だったがハセヲに怨みを持つPKボルドー
が感染したAIDAの力を使い揺光を未帰還者にする。
ハセヲは揺光の最後の言葉に従い紅魔宮前宮皇エンデュランスを説得の末仲間に加えボルドーを撃破する。
さらにアトリのモルガナ因子を奪ったAIDAに感染していた天狼を降す。

ハセヲの二冠制覇に沸く仲間たち。しかしそこにアトリの所属する巨大ギルト月の樹のナンバー2榊が
謀反を起こし月の樹本拠地はAIDAの巣窟になっていた。さらにアトリも榊の巧みな話術で追い詰められ
AIDAに感染され言いように利用されてしまう。榊はAIDAとアトリを使いネットを支配しそこからリアルまで
支配を及ぼそうとしていた。
ハセヲ達は月の樹に乗り込み操られたアトリをアバター同士の闘いからAIDAを分離しアトリを救い出す。

ハセヲ達は取り逃がした榊との決戦に挑む。しかしその決戦の地に復活した三爪痕たちが向かっていた、
だがそこにオーヴァンが立ちはだかる。
榊との決戦に勝利したハセヲ達だがそこにオーヴァンが現れ戦勝祝いと千切れた三爪痕の腕を持ってくる。
三爪痕と戦ったのか?というハセヲの問いにオーヴァンは三爪痕の正体がわからないのかとオーヴァンは
左腕の拘束具の封印を解く。そこから現れたのは歪な短剣を握る左腕に肩から生えたAIDAの腕。
オーヴァンはサイン(三爪痕の名の由来のAの文字にた傷跡)のつけ方を教えると右腕の銃剣、左腕の短剣
AIDAの腕を同時に振るいサインを刻みかつて失踪した因縁の地で待つと言い残し去る。
オーヴァンと対峙しハセヲは問い詰めるがオーヴァンは志乃を未帰還者にしたのも榊をけしかけたのも
ハセヲを強くする為だったと告白する。ブチ切れたハセヲはオーヴァンと戦い勝利する。
念願の志乃の本当の仇を取ったハセヲだが残ったのは虚しさだけだった。
そんな時アトリに呼び出され話していたが急に驚いたアトリの視線を追い後ろを向くと
真後ろにオーヴァンが肉薄して立っていた
「強くなれ、ハセヲ………! 俺を斃せるほどに!!」

hack//G.U.vol3 歩くような速さで に続く







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー