ポケモンコロシアム

part32-303~306


303 :ポケモンコロシアム:2007/08/25(土) 12:08:17 ID:huNcVtwe0
☆用語集&システム解説

スナッチ・・・対戦相手のポケモンを奪うこと(ダークポケモン以外をとったら とろぼう!)

ダークポケモン・・・ココロを人工的に閉ざされ、戦闘マシンに変えられたポケモン。以下の特徴を持つ。
          1.技のひとつが強制的に「ダークラッシュ」に変更させられている。
          2.経験値が入らず、レベルアップもしなければ進化もしない。
          3.わざマシンなどを使い、技を覚えさせることができない。
          4.性格や覚えている技を失っている。
          5.通信交換に出せない

ダークラッシュ・・・タイプ:ダーク、物理攻撃、威力90/命中100。PPは無限。攻撃の反動を受ける。
           この技を使用すると、気持ちが昂ぶってハイパー状態になることがある。

ダーク・・・どのタイプのポケモンに対しても、弱点や半減や無効にならないタイプ。
      ダークタイプのポケモンは存在しないため、タイプ一致にもならない。

ハイパー状態・・・ダークポケモンがなる状態。以下の特徴を持つ。
         1.ダークラッシュを使うと、急所に当たりやすくなる。
         2.ダークラッシュ以外の技を使おうとすると、言うことを聞かずに、トレーナーを襲ったりする。(実害はない)
         3.どうぐを受け付けなくなり、回復等ができない。
         4.「よびかける」コマンドを使用すると、元に戻る。

よびかける・・・「にげる」コマンドの代わりに追加されているコマンド。
         ハイパー状態を治す他、「ねむり」状態を解除したり、何もしたくないときにも使える。

リライブ・・・ダークポケモンを、元に戻すこと。
       方法としては、手持ちに入れて連れ歩く、戦闘に出す、育て屋さんに預ける、
       店でコロンを買いマッサージする、ハイパー状態の時によびかける、の5つがある。
       これらの方法を繰り返し行なうことによってリライブは進行し、だんだんとポケモンのココロが開いてきて、
       失っていた性格や技を徐々に取り戻していく。
       充分リライブが進行したら、ある特定の場所に行くことで、リライブは完了する。
       リライブが完了すると、ポケモンは完全に元に戻る。
       「ダークラッシュ」に変更させられていた技が元に戻り、
       今まで入るはずだった経験値が入り、レベルアップや進化をする。


304 :ポケモンコロシアム:2007/08/25(土) 12:09:35 ID:huNcVtwe0
舞台はオーレ地方。
町や建物が点々と散在しているが、その他の土地は茶色い土と岩ばかりの荒野だ。
ポケモンが飛び出してくる草むらも、ポケモンが釣れる水辺もない。
そう、ここには野生のポケモンがいないのだ。
そんなオーレ地方で悪名を轟かせているのが、悪の集団・スナッチ団。
彼らはスナッチマシンというものを使い、ポケモンバトル中に、相手のポケモンを奪うという悪事を繰り返していた。。
大きい岩と岩の間に、隠れるように建っている建物、それがスナッチ団のアジトだ。
ある日、スナッチ団のアジトで、爆発が起こった。
スナッチ団のエリートスナッチャーであるレオ(名前変更可能)が、スナッチ団を裏切ったのだ。
レオは、扉の中にあった、小型のスナッチマシンを奪い、バイクに乗って逃げた。

レオは、町外れのスタンドまで逃げてきた。左肩から左腕かけて、スナッチマシンを装着している。
中に入ると、テレビで、スナッチ団のアジトで爆発が起こったこと、
そしてそれは、内部分裂のためらしいということを報道していた。
アジト内にあった、スナッチマシンも全て壊れてしまったらしい。

スタンドから西にバイクを飛ばし、フェナスシティにやってきた。
ここには水がふんだんにあり、街の中央には大きな噴水がある。
二人組みのゴロツキが、麻袋を運んでいた。いかにも怪しい。
「ここから出してよ、人さらい!」
麻袋からそんな声が聞こえてきた。レオは、ゴロツキにポケモンバトルを挑む。
オーレ地方では、ダブルバトルで戦うのが、暗黙の了解になっている。
レオは、昔からの仲間である、エーフィとブラッキーを出して、ゴロツキ共に勝利した。
麻袋の中から出てきたのは、かわいい女の子。彼女は、ミレイ(名前変更可能)と名乗った。
ミレイは、頼る人がいないので、しばらく同行させてほしいと頼んできたので、レオは渋々OKする。

ミレイが、市長のバックレーに会って、協力してもらおうと言うので、市長の家に行く。
実はミレイが誘拐されそうになったのは、何かヤバイものを見てしまったかららしい。
バックレーはデブの、ギャグマンガにでも出てきそうな風貌のおじさんだ。
ミレイは、市長に説明する。
「わたし、見たんです。黒いオーラをまとった、まるで戦闘マシンのようなポケモンを。
しかも、そのポケモンは、人を襲うんです!
そのポケモンを見たせいで、わたし、さっきまで、怖い人たちに捕まっていたんです」
「ふむ。それはダークポケモンだな。ポケモンのココロを人工的に閉ざし、戦闘マシンに変えるという・・・。
よし、解った。わしも、そのダークポケモンについて調べてみることにしよう」
市長は協力してくれた。

ミレイはレオに、何とかしてダークポケモンを助けてあげられないかと言う。
そういえば、ここにスナッチマシンがあるではないか。
モンスターボールがあれば、スナッチして、助けられるのでは?
しかし、モンスターボールはどうやって調達しよう。オーレ地方に野生のポケモンがいなくなって久しい。
普通のショップには、ボールは売ってないのだ。
聞き込みをしたところ、町外れのスタンドで売ってたのを覚えている人がいた。
さっそくスタンドに行き、マスターに話をすると、モンスターボールを売ってもらえることになった。
フェナスシティに戻り、市長の家に行ってみると、市長は留守だった。
その代わり、悪の組織シャドーのミラーボと名乗る人物がそこにはいた。
ミラーボは、ミレイを指差しながら言う。
「その娘は、普通の人間には見えないモノが見えてしまうんです。それは、ボクらにとって、非常にまずいんです」
ミラーボは、手下をけしかけてきた。レオは立ち向かう。
ミラーボの手下は、マクノシタを出してきた。ミレイが言う。
「あっ、あれよ!黒いオーラをまとったポケモン、ダークポケモンだわ!わたしには、見えるの!」
だが、レオには見えない。やっぱり、普通の人には見えないモノらしい。
レオはマクノシタをスナッチすることにした。まず、普通に野生のポケモンを捕まえるように、HPを減らす。
そして、スナッチマシンを装着した左手に、モンスターボールを握ってチャージすると、
ボールはスナッチボールへと変化する。マクノシタ目がけて、スナッチボールを投げる。
”やった!マクノシタをつかまえたぞ!”
負けたミラーボ達はすごすごと退散した。
「フフフ。キミがレオか。キミとは、また会うことになりそうだ」
声をかけられたのでふり向くと、長い銀髪の男がいた。男は悠々と去っていった。


305 :ポケモンコロシアム:2007/08/25(土) 12:10:18 ID:huNcVtwe0
レオはミレイをサイドカーに乗せて、荒野をさらに西へと走る。
途中に、工事現場があり、なにか巨大な施設を建設中のようだった。
ゴロツキたちの町、パイラタウンに着いた。ギンザルというマッチョな男性が取り仕切っている町だ。
ギンザルに話を聞くと、最近、ミラーボという男が悪さをして困っているとのこと。
ここには、ポケモンセンターがないので、回復には金を払ってホテルに泊まるしかない。
バトル広場と呼ばれるところにいるトレーナー達と、レオはバトルした。
彼らは一人に一匹ずつ、ダークポケモンを出してきた。
レオには解らないが、その都度ミレイが、ダークポケモンがいることを教えてくれる。
ブラッキーとエーフィとマクノシタだけでは心細いので、スナッチして手持ちポケモンを増やす。

パイラタウンの怪しいビルに潜入する。そこにはミラーボとその手下たちがいた。
繰り出してくるダークポケモンをスナッチしながら、ミラーボを撃破する。
やはり、ミラーボが所属しているという、「シャドー」という組織が怪しい。

ミレイは、おじいさんを訪ねていこうとする途中で誘拐されたのだという。
ミレイのおじいさんが住んでいるという、アゲトビレッジへ来た。
アゲトビレッジの周辺は、オーレ地方では珍しく、緑が豊かだ。
ここは、引退したトレーナーが住む町だという。
ミレイのおじいさん、ローガンも、伝説のトレーナーと呼ばれていたそうだ。
レオとミレイが、ローガンと、ダークポケモンについて話をしていると、
聖なる森に何者かが侵入したといって、周囲が騒がしくなった。
聖なる森とは、アゲトビレッジの奥にある森のことだ。ローガンは森へと行ってしまった。
レオとミレイも後を追う。
聖なる森の中心、聖なるほこらの前に、シャドー戦闘員のコワップがいた。
ローガンはピカチュウを繰り出し、コワップにバトルを挑むが、負けてしまう。
代わりにレオがコワップを倒した。コワップは逃げ出した。
ローガンは、このほこらには、時渡りポケモン セレビィの力が宿っていて、
触れると、一番楽しかったときの記憶が蘇るという言い伝えがあると言う。
そういえば、スナッチしてきたダークポケモンたちは、だいぶココロが開いてきたような気がするが、
あと一押し、何か足りない。
その一押しに、このほこらの力が使えないだろうか。レオは、ポケモンをほこらに触れさせた。
すると、ポケモンのココロが完全に開き、ポケモンは、自分を取り戻した。
失われていた技を、性格を、経験値を取り戻した。その名の通り、リライブ――生き返りだ。

勝ち抜きバトルが楽しめるバトル山、そして、ならず者たちがひしめく地下の街、アンダーで、
レオ達は、シャドーの幹部を倒す。

オーレ地方のほぼ中央にあるダークポケモン研究所。
そこでダークポケモンが作られているという噂を聞きつけたレオ達は、研究所にやってきた。
そこにはシャドーの手下たちと幹部がいたが、ダークポケモンはすでに運び去られたあとだった。


306 :ポケモンコロシアム:2007/08/25(土) 12:11:12 ID:huNcVtwe0
かつて工事現場だった場所に、巨大な施設と、高い塔が建てられていた。
ラルガタワーという名前らしい。なんでも、塔のてっぺんにはコロシアムがあるとか。
噂では、ここはシャドーの本拠地だということだ。
レオとミレイはラルガタワーに乗り込む。そこで、ミラーボと他シャドー幹部たちと再戦する。
エレベータに乗り、タワーを昇る。さらに上にいくエレベータに乗り換えようとすると、
見覚えある男がエレベータに乗って昇っていった。長い銀髪の男。市長の家で見かけた男だ。
レオ達も後を追おうとしたが、その前に立ちはだかった男がいた。
スキンヘッドでヒゲを伸ばした男。レオはこの男が誰だか知っている。スナッチ団のボス、ヘルゴンザだ。
レオはヘルゴンザを倒した。でも、なぜスナッチ団のボスがこんな所に?と疑問に思っていると、
ヘルゴンザが言う。
「スナッチマシンを開発したのはシャドーだよ。シャドーは、スナッチ団にスナッチマシンを渡し、
人のポケモンを奪うよう指示を受けてたんだ」
そして、奪ったポケモンは研究所に送られてダークポケモンに・・・。
レオは、シャドーを壊滅させること、そしてダークポケモンを全てスナッチし救うことを、密かに心に誓った。

エレベータの行き着いた先、そこは大観衆が歓声を上げる、コロシアムだった。
レオはいきなり、トレーナー達とバトルさせられた。
4人勝ち抜いた後、5人目に登場したのは、長い銀髪の男だった。彼こそ、シャドーのジャキラだ。
ジャキラはミラーボや幹部たちとは比べ物にならない強さだが、レオはなんとか勝てた。

6人目におじさんが登場する。太ったおじさん、バックレー市長。
だが、その正体はシャドーのボス、ワルダックだったのだ!
苦しい闘いの末、レオはワルダックを撃破する。
そこへローガンが、ギンザルが、その他、今まで協力してくれた人々が駆けつけた。
「そこまでだ!お前たちの計画はもう終わりだ。観念しろ」
ジャキラとワルダックは取り押さえられたが、ワルダックはまだニヤニヤ笑っていた。
「ダークポケモンによる世界征服計画は失敗しました。だが、まだ終わってません!」
上空を見上げると、いつ呼んだのか、ヘリコプターが浮かんでいた。あれで逃げるつもりらしい。
だが、そこへ、雄々しい鳴き声が聞こえてきたかと思うと、ヘリコプターは爆発した。
ワルダックの顔に諦めの色が浮かんだ。
「あ、見て、あれ!」
美しいグラデーションの翼が羽ばたいている・・・虹色ポケモン ホウオウだ。
「ホウオウが、おぬし達のしていることを見守っていて、助けてくれたんじゃな」
「そっかあ。ホウオウは、ちゃんと見ていたんだね」
「ホウオウを、こんなに近くで見られるなんて・・・」
一同は、すぐ近くを飛行しているホウオウをうっとりと眺めた。
「ミレイ、そしてレオ、ホウオウは、お前さん達を祝福してくれておるのじゃ」

悪の組織、シャドーは壊滅したが、スナッチしてない、リライブしてないダークポケモンはまだまだいる。
レオ達の冒険は続く。続くったら、続く。

おわり


※全48匹のダークポケモンを全て救い(スナッチ&リライブする)、対戦モードで100人抜きを達成すると
その偉業を称えてホウオウが仲間になってくれます。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー