マドゥーラの翼

part32-378~379


378 :マドゥーラの翼:2007/09/01(土) 19:03:24 ID:Y+xfGNH80
マドゥーラの翼

その昔、バダムの地に“マドゥーラの翼”と呼ばれる鳥像が伝えられていた。
マドゥーラの翼を持つ者は、世を支配できる不思議な力を手に入れることを知り、人々は、マドゥーラの翼をめぐって争い、乱れ、栄枯盛衰を繰り返してきた。
ある時代に、心ある王のもとへマドゥーラの翼が渡ると、王はマドゥーラの翼を洞窟の奥深くへと収め、ラメール一族にこれをまもらせ平和な時をむかえた。
そして、数世紀。ラメールの若者ダルトスが一族を裏切り、マドゥーラの翼を持ち去り、アレクス城の地下迷宮にたてこもった。
ダルトスは、マドゥーラの翼の力を得て魔物達を呼びよせ魔の要塞を築き、この世を支配しようと企てた。
アレクス城の生き残りの憲兵から、そのもくろみをしったラメール一族は、アレクス城へ向けて戦士を送った。
ラメールで唯一魔法の使えるルシアも戦士隊に加わった。
戦士達がアレクス城に近づくにつれ、より強い魔物達が彼等を襲い、魔法の使えない戦士たちが一人倒れ二人倒れついにはルシアを残すのみとなったが、ルシアは一人となっても退くことなく勇敢に進む。
アレクス城のダルトスを倒しマドゥーラを取り戻すことの出来るのはルシアだけなのだ。

379 :マドゥーラの翼:2007/09/01(土) 19:04:25 ID:Y+xfGNH80
ルシアは一人ダルトスの下へと向かう。
襲い掛かる無数の魔物を倒し、遂にダルトスの待つ迷宮に辿り着く。
そこでルシアを待っていたのは、マドゥーラの翼だった。
マドゥーラの翼の力を得て、ダルトスの元へと飛翔するルシア。
ダルトスは既に異形の魔物と化していた。
ルシアはダルトスと戦い、そして勝利する。
そして、マドゥーラの翼の力を使い王子を助け出すのだった。

悪は滅びた。
マドゥーラの翼は世界の平和のために輝き続けるのである。
あなたの冒険は終わった。
遊んでくれて、そしてルシアが王子を救うのを助けてくれてありがとう。 THE END。

補足・ストーリーに何の断りもなく、最後に王子を助け出します。どこの王子で、なぜあんな所にいたのか等は全て謎のまま。
最後の、悪は~以降はエンディングの英文を和訳しました。エンディングではルシアと王子は結婚したような感じになります。

*エンディングの王子について補足しとくと、キャラデザのもりけんによればゲーム中に登場する謎のキャラクター、ひよこの「ヨッコ」が、魔王によって姿を変えられた王子であり、ダルトスを倒したことで元に戻ったということらしい。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー