まじかるキッズどろぴ~

part32-410,412~416,422


410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/02(日) 07:27:34 ID:Qq87IEty0
えりさと終わり。しばらく経ったら次いきます。
次回、まじかるキッズどろぴー。
ちなみにこれ、パッケージには まじかるキッズどろぴー となってますが、
ゲームではキッズの文字が無く、まじかるどろぴー(を英語で)書かれています。
一応パッケージの方に合わせます。

412 :まじかるキッズどろぴー:2007/09/02(日) 20:28:10 ID:Qq87IEty0
まじかるキッズどろぴー(まじかるどろぴー)

西暦1999年
突如として現われたロボットの大群”悪玉帝国”により、世界は壊滅の危機に陥った。
”悪玉帝国”は世界各国に全面降伏を迫り、これに対して世界中の国々はそれを断固として拒否し、そして…
”悪玉帝国”の総攻撃が始まったのである。
”悪玉帝国”は地球上の各地に大基地を構え、そこを拠点としてロボットを繰り出し、地上に無差別な攻撃を加えていた。
その強さは圧倒的で、各国の最新鋭の軍備でさえ歯が立たず、世界が”悪玉帝国”に支配されるのは時間の問題であった。
--------しかし、今・・・
ロボット軍団の総指揮官“極楽貴人帝”の秘密をにぎる少年“かげまる”は、マジカルテレポートと言う杖を手に悪玉帝国から逃げ回っていた。
しかし、それも長くは持たない。
かげまるは一か八か、マジカルテレポートを使い魔界からひとりの可愛い魔女を呼び出すことに成功した。
彼女の名前が“どろぴー”である
「あたしどろぴー!」

413 :まじかるキッズどろぴー:2007/09/02(日) 20:29:20 ID:Qq87IEty0
「驚いたな。まさか本当に魔法使いがいるなんて」
「私を呼び出したのは君?」
ああ…とかげまるは肯定する。
「あたしみたいな魔女に何の用なの?」
「-----世界が…世界が危機に陥っている。あんたの助けが必要なんだどろぴー!!」

詳しい事情を聞く前にどろぴーが町に出てみると、すぐにロボット軍団の攻撃を受ける。
魔法の力で敵を倒しながら周辺の基地のボス、サンダーナイトを破壊するどろぴー。

「何なの?こいつら一体…町に出た途端に襲い掛かってきて」
かげまるは悪玉帝国の事を説明する。
「このロボット軍には普通の武器なんかは全く利かない。倒せるのは科学以外の力…つまり魔法の力って事だ」
「でもどうしてあたしが?」
「他の魔法使い達は全て”悪玉帝国”によって封じられてしまった。もうあんたしか残っていないんだ」
「仕方ないなあー。基地は後幾つなの?」
と言う事で、次の基地を潰しに行くどろぴーとかげまる。
そんな様子を遠く離れた場所で見ているのは…極楽貴人帝だった。
「なんだあれは!魔法使いは全て封印したのでは無かったのか!」
「はっ…最後の杖が何者かに持ち去られまして…」
「ええい、忌々しい!第二基地におびき寄せて片付けてしまえ!」
「はっ!」
極楽貴人帝は、モニターに映るどろぴーを見て驚く。
「…!あれは…!?…クク…面白い…奴が相手か…クックックッ…」

414 :まじかるキッズどろぴー:2007/09/02(日) 20:30:13 ID:Qq87IEty0
そんな事情を知らないどろぴー。続く第二基地のボス、ユキマルも撃破。
その時、背後に気配を感じる。後ろに立っていたのは極楽貴人帝だった。
「ククク…どろぴー…ひさしぶりだ……」
「お…お前は----極楽貴人帝!!」
「ホホホ…よく覚えていてくれたのう…どろぴー…貴様に魔界を追い出された恨み…忘れてはおらんぞ!!」
極楽貴人帝はかげまるを人質として捕え、どろぴーを水中基地に呼び込むのだった。
水中基地の奥ではアクアナイトが待ち構えていた。アクアナイトを撃破し、更に奥に行くどろぴー。
(---昔、魔界を荒らしまわった極楽貴人帝は、確かにあたしが人間界で封印したはず…なのに…どうして……)
奥では囚われた瀕死のかげまる、そして極楽貴人帝が待っていた。
「こいつの命が欲しくば、私の封印を解け!…どろぴー、お前が施した封印のために、私はこんな機械だらけの体になってしまったのだ…
------解かぬなら、この小僧の首を……」
仕方なく、どろぴーは、極楽貴人帝の力を封印している、”封印の石”をかげまると引き換えに渡すのだった。
息も絶え絶えなかげまるはどろぴーに、自分に構わず極楽貴人帝を追えと言う。
どろぴーは涙を堪え、極楽貴人帝を追うのだった。

415 :まじかるキッズどろぴー:2007/09/02(日) 20:31:07 ID:Qq87IEty0
追う最中、空中基地のボス、スカイホークを撃破する。
極楽貴人帝を追い詰めたどろぴー。しかし、貴人帝は既に封印を解いてしまっていた。
「貴様もろとも…この汚れた世界を滅ぼしてやる!!」 そう言って貴人帝は自身の宇宙基地に向かう。
宇宙基地に侵入したどろぴーは、襲い来るロボット(名称不明)と戦う。
撃破したどろぴーだったが、そのロボットの残骸が突如動き出し、それが偽どろぴーとなって襲い掛かってくる。
偽どろぴーの攻撃に苦しみながらも、辛くもそれを倒す。
「貴人帝!出てきなさい!決着をつけよーじゃないの!!」
そして現われる極楽貴人帝。一騎打ちの最終決戦。どろぴーは勝利する。
敗れた貴人帝は語りだす。
「私は、封印されたからは静かに人間界で眠っていたのだ…だが、人間どもがそれを壊した。
人間どもは私が眠っていた土地を開発と言う名目で踏みにじり、自然を破壊した…私はそれを…人間を許せなかったのだ」
どろぴーは真っ直ぐ貴人帝を眼差し語る。
「…それでも…あなたのしたことは、間違ってたよ……」
貴人帝はそれには答えず、
「…早くここを脱出しろ…もうすぐこの基地は爆発する…さらばだ…」 とだけ言い、どろぴーを逃がすのだった。
脱出カプセルで地球へと戻るどろぴー。その表情は暗い。
しかし、その時、かげまるから通信が入る。
「かげまる!あなた生きてたの?!」
「あんたが行った後、仲間に助けられたんだ!今からカプセルの回収にそちらに向かう!」
どろぴーはいつもの表情に戻り、「うん!」と返すのだった。   END

416 :まじかるキッズどろぴー:2007/09/02(日) 20:32:43 ID:Qq87IEty0
補足・極楽貴人帝は、ごくらくきじんていという感じでひらがなで出てきます。
   サイトによっては極楽鬼神帝とかになってたりしますが、読みに忠実にしました。
   説明書とかで鬼神になってたらゴメン(当方、箱説なし)…

422 :デフォルト名無し変更論議中@専用スレ:2007/09/03(月) 00:31:00 ID:yTBTNibL0
>>416
移植版のページでは「極楽機神帝」になってる。
http://www.genkimobile.jp/slunch/torikiri/doropie/index.html






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー