サバトの女王

part32-420~421


420 :サバトの女王:2007/09/02(日) 23:47:42 ID:5dnE+3j50
絵は可愛いがストーリーは凄惨。ほとんど全員死にます。

--背景--
遠い昔、魔女狩りが行われていた地。おびただしい数の人間が謂れも無く虐殺された。
殺された者の怨念は呪いとなり、世界を死滅させていった。
呪いを恐れた人々は慰霊碑を立てる事で呪いを収めたが、時の移り変わりの中で次第に忘れられていった。
そして慰霊碑が砕けたある日、世界に再び殺意に満ちた呪いが溢れ出した・・・。

--シナリオ--
パフは心優しい猫耳少女。高熱を出した兄のため薬草を探しに出掛けた先で、人買いに浚われてしまう。
さらに人買いの船は大ダコに襲われ大破。パフは薬草もなくし、遭難の憂き目にあう。
流れ着いた浜辺の洞窟で出会ったのが、捻くれ者のオス猫・ルゥ。
最初はパフを迷惑がりながらも、振り回されながら同行する内に彼女の事が好きになってしまった。

パフを故郷へと返す道すがら。
この世に存在するとは思えないような、グロテスクな怪物をあちこちで見掛けるようになる。
何かがおかしい。それは、太古の魔女狩りで殺された人々の怨念が、再びこの世に蘇りつつある兆しだった。
怨念は悪意となり、無差別に罪なき人に襲い掛かった。惨死していく人々。
パフが世話になった人間や、仲良くなった少女などが、次々に物言わぬ肉塊と化していく。
ルゥ、そして屈強な人間の男性・コルトの同伴で、何とかパフを故郷に帰してやるための旅は続く。

行く先々に魔物がはびこり、心身ともに打ちのめされながら、パフたちは何とか故郷に辿り着く。
しかし現実は残酷であり、兄の病は既に手遅れだった。事切れる兄。
全てを失い自暴自棄となったパフを支えたのはルゥだった。ルゥは恋心を告げる事なく、ただパフに寄り添っていた。

呪いはもはや世界を覆いつくす程となり、人々は恐怖に打ち震える事しかできなかった。
「サバトの女王」。あらゆる災禍の中心である存在。
サバトの女王が復活してしまえば、世界は永遠の呪詛に包まれ、滅びるだけの道を辿る。
悲劇を止めるため、災禍の中心へと赴くパフたち。
魔女狩りの再現、あまりの凄惨さに目を覆いたくなる迷宮を潜り抜け、パフたちは遂に狂気のサバトに辿り着く。

421 :サバトの女王:2007/09/02(日) 23:52:00 ID:5dnE+3j50
そこに待っていたのは、数多の犠牲を払ってきたルゥたちにとって、最悪の事実だった。
現世に生まれしサバトの女王。それは誰あろうパフだったのだ。
恨み、憎しみ、あらゆる負の意識がパフを包み、彼女はサバトの女王になりつつあった。

動揺するルゥに対して、パフが微笑む。
自分を殺してほしい。これ以上の悲しみを生みたくないから。ルゥたちの事が大好きだから。
できるわけねぇよ!ルゥの血を吐くような叫び。
なぜパフなのか。誰よりも優しく、誰よりも無垢で、誰よりも傷ついてきたパフ。愛しのパフ。
そのパフがサバトの女王だとは。だからこそ結末が分かってしまう。
パフは自分の命よりも、みんなを助ける事を選ぶのだろうと。

ルゥの思いとは裏腹に、激しい力が交錯し、悲しすぎる葛藤は終局を迎え。
パフはその短い生涯を終えた。
少女の命と引き換えに、サバトの女王の覚醒は防がれ、世界に平和が戻ったのだった・・・。

パフと出会った自分のねぐらに戻ったルゥ。抜け殻のように彼女の思い出を追憶する。
あの日、家に帰ったら勝手に寝床で寝ていて。しかも人の飯を勝手にたいらげてやがって・・・。
・・・。思い出を振り切るように空元気を出すルゥ。さぁ、あのむかつくコックから飯をぶんどってくるかぁ!
そこでふと、寝床の横に大量の食料がある事に気付く。そこにいたのは一匹の猫。

自分がいない間に住み着いたのか?わりぃーけどここは俺んちだから・・・。
「ベンショウだよ、ルゥ。」
聞きなれたその声。人ではなく、自分と同じ猫になっていたが。彼女は紛れもなくパフだった。
幽霊じゃないよな・・・?確かめてみればちゃんと足もある。

天に召されたパフ。彼女はそこで兄たちと再会し、地上へと戻してもらったのだった。
人としての体は消滅してしまっていたため、猫として地上へ帰ってきたのだが。
「そ、それじゃあ本当にパフなんだな・・・は、はは・・・。」

泣き笑いで顔をくしゃくしゃにしながら、気付けば二人はどちらからともなく飛びついていた。
「お帰り、パフぅー!」「にゃーん!」


おわり






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー