BS探偵倶楽部 ~雪に消えた過去~

part32-444~446


444 :BS探偵倶楽部 雪に消えた過去:2007/09/04(火) 19:06:37 ID:YqoHiEV/0
※システム解説
アドベンチャーゲームによくある「場所移動」のコマンドがない。
というか、これはサテラビューの番組なので、ゲームですらないのかも知れん。
前編・中編・後編、それぞれ一時間ちょうどで終わるようになっている。
場面ごとに制限時間が設けられていて、時間が来ると強制的に次の場面に移動になる。
ストーリーを深く味わいたい場合は、制限時間内に効率よく行動しよう。


 わたしは、令子さんに向け手紙を書いている。
 ”そういえば、あのときも、雪だったんですよね”――

空木探偵事務所の助手、橘あゆみは、連休を利用して、雪深い尾地谷(おちたに)村に帰省していた。
実家で病気療養中の母、敏江と久々の再会。
そして、同じく帰省している、あゆみが姉のように慕っている野村令子という女性もいる。
その夜は、三人で楽しく会話した。

翌日、あゆみは令子に起こされた。
敏江が、殺人事件の重要参考人として取調べを受けているというのだ。
今朝、前村長の草野剛三が胸を刺されて死んでいたという。
その現場付近の、剛三の家に敏江がいたらしい。でも、どうしてそんなところにいたのだろう?

現場の草野家に調査に行くあゆみ。
剛三は、自宅の離れで殺されていた。離れは、そのとき密室だったという。
草野剛三には、現村長の和男という息子がいる。
もう一人、次郎という息子がいるようだが、東京に厄介払いされているらしい。

事件について聞き込みをする。
落ち武者の崇りではないかと言う村人がいる。

あゆみは、敏江の主治医である、今田医師に話を聞くことになった。
落ち武者の隠れ里だから「尾地谷村」なんて名前がついているらしい。

次の日の朝、またしてもあゆみは令子に起こされる。
なんと、草野和男も殺されたというのだ。
村はずれのお堂、「幽牙堂」で、やりに貫かれて死んだと言う。

早速、幽牙堂に向かい調査する。
またしても、落ち武者の崇りだという村人がいる。
草野親子は、村民の意見を無視して高速道路の誘致を強引に進めていたらしい。
だから、二人を恨んでいる人も大勢いる。

今田医師に話を聞く。
18年前、幽牙堂を取り壊して、そこに高速道路を通すという計画があったが、
村人二人が殺されるという事件が発生したので、その計画は頓挫したとのこと。
あゆみが、引出しのたくさんついた棚を覗こうとしたら、今田医師はもの凄い剣幕で触るなと言った。

あゆみは、草野次郎が村に帰ってきているという噂を耳にする。
そして、次郎はコートと帽子で顔を隠すようにしていたらしい。

帰り道に、村人たちが騒いでいるところに出くわす。
道に血だらけのコートが落ちている。コートを調べると、草野次郎とネームが入っている。
また、コートの隣にはお守りが落ちていた。
あゆみは、お守りを拾って持っておくことにした。


445 :BS探偵倶楽部 雪に消えた過去:2007/09/04(火) 19:07:24 ID:YqoHiEV/0
次の日、携帯電話が鳴る。空木からだった。
なんと、草野次郎が殺されたということだ。
しかも、殺されてから既に一週間ほどだっているという。

あゆみは、祖母のサチと、祖父の真之介に拾ったお守りを見せてみた。
なにか知っているようだが、はぐらかされてしまった。
その後に現れた、敏江の兄の慎太郎に話を聞く。
18年前、幽牙堂の事件で殺された村人は、令子の父と、あゆみの父だった。

今田医師のもとを尋ねたあゆみ。だが、今田医師は不在だった。
昨日注意された棚を覗いてみることにする。そこは、患者のカルテを納めた棚だった。
敏江のカルテを見る。意味わからない記号が書いてあるが、とにかく内容を頭に入れた。
そのうちに、今田医師が帰ってきた。
18年前のことを聞いてみると、警察署の佐久間署長なら知っているだろうとのことだ。

佐久間署長に会いに、警察署へ向かう。でも、佐久間署長はいなかった。

幽牙堂に向かったあゆみ。そこに、令子と佐久間署長という、意外な組み合わせを発見する。
自首するという令子。佐久間署長は逆上し、令子に襲い掛かった。
止めに入ろうとするあゆみ。
危ない!と思ったそのとき、佐久間署長の上に、幽牙堂の扉が倒れてきて、佐久間署長は死んだ。

空木探偵事務所に帰ってきたあゆみ。空木が、事件の真相を語る。
令子の父とあゆみの父は、高速道路の誘致に反対していた村民の代表格だったので、
落ち武者の崇りに見せかけて、佐久間署長と草野剛三に殺された。
佐久間所長と草野剛三はグルだったのだ。
令子は東京で、草野次郎と偶然会った。令子は18年前の真相を次郎から聞かされる。
そしてもみ合った末に、令子は誤って次郎を殺してしまった。
それから、令子は草野家の人々に復讐することを誓った。
まず、剛三を殺した。そして、和男も。
次郎の犯行に見せかけるため、血だらけの次郎のコートを捨てた。
そのとき、令子は、持っていたお守りを落としてしまった。

時が過ぎ、敏江は病気が悪化して、死んでしまった。
あゆみは、あのとき覗き見たカルテの内容を調べてみたのだった。
すると、敏江はガンだったらしいことが解った。
敏江の遺書を読む。
敏江は、高校生の頃、妊娠してしまったという。
だが、育てられないので、産んだ子どもを、野村夫婦に託した。
それが、令子だった。あのお守りは、サチと真之介が令子に持たせたものだったのだ。
敏江は令子の恐ろしい計画を知り、あの朝、草野家に行った。
そして、雪の上の、離れから点々と続く令子の足跡を丁寧に消し、密室状態を作った。

 わたしは手紙を書く。
 ”ねえ、次から「お姉さん」って呼んでいいでしょ?
 わたしは、ずっと、ずっと、待っています”








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー