武勲の王者

part33-142~145


142 :武勲の王者:2007/09/20(木) 21:29:35 ID:1C+q+1Jn0
未解決からアスキーのPC-98ソフコン作品、武勲の王者を簡単に。


ある嵐の晩、棺に入った女とその息子が浜辺に打ち上げられ、とある漁師に救われた。
寂しい生活を送っていた漁師は事情を詮索する事はせず、女と子供を迎え入れた。

3人は5年の月日を本当の家族のように過ごした。
いつしか漁師と女は愛し合い、遂に結婚式を挙げる事となった。
少年は幸福を噛み締めていた。その晩までは……。

突然の闖入者。それは素人ではない、本物の暗殺者だった。
漁師は成す術なく切り伏せられ、女はさらわれた。少年一人が残された。
最期の時に漁師が告げる。闖入者は王家のアサシンだと。
女が持っていたペンダントは王家の証。漁師はその事に気付いていた。
だがそれを言ってしまえば、3人の築いていた家庭は砂上の楼閣のように消えてしまう。
どうしても言い出せなかった。すまない……。息を引き取る漁師。
「父さーん!」

少年の心には拭い去れない憎悪だけが残った。母を捜して当て所なく彷徨う少年。
彼を拾ったのは王国最強のアサシン、ダガ。ダガの元で腕を磨く少年。
殺せ!殺せ!殺せ!いつしか少年の心から優しさは消え、冷酷無残な暗殺者へと成長していった。
少年は青年となり。憎悪とダガへの敬意、そして比類なき残酷さと殺人技術だけがその青年―ベルセスに残った。

ある日。ベルセスはダガより初めての殺人任務を言い渡される。
それはアマゾネスの村を襲い、秘宝を奪うこと。
途中アーギッシュという怪力だが知能は極端に低い大男を篭絡し、ベルセスはアマゾネスの村に辿り着く。
村を守る美貌のアマゾネス・サイヤを軽く蹴散らし秘宝を奪うベルセス。

「ふ・・・男を知らずに死なせるには惜しい体だ。」
ヤリチンっぽいセリフを吐いているがベルセスは童貞である。知ったか乙。

143 :武勲の王者:2007/09/20(木) 21:32:50 ID:1C+q+1Jn0
ベルセスの強さに惚れたサイヤ、妹を殺された侍キリュウなどを仲間にしながら旅は続く。

やがて明らかになる真相。漁師を殺すよう仕向けたのは、誰あろうベルセスの恩人・ダガだったのだ。
ダガはかつて魔界から現世に現れた人外の存在だった。
彼は現世で訪れた王国の皇女に一目ぼれをした。
そして王国の脅威を取り除けば皇女と婚姻させてくれるよう、王に嘆願したのだった。

王は承諾しダガを利用したが、いざ王国の脅威が無くなるとダガの大きすぎる力が怖くなった。
王はダガの求婚をはねつけたが、ダガは諦めなかった。
雨に姿を変え皇女の寝所に押し入ったダガは、力づくで皇女を犯した。
その時に出来たのがベルセス。ベルセスはダガの息子だったのだ。

捜し求めた母は、ダガの力により永久に言いなりになる存在―アンデッドへと変えられていた。
憎悪と悲しみに打ちひしがれるベルセス。そんな状況で、彼の心を支えたのは仲間たちの存在だった。

自らの命を省みずベルセスを助け、死んだと思われてもなおベルセスの危機に駆けつけたアーギッシュ。
ビビリのベルセスから逆レイプで無理やり童貞を奪い、愛という感情を見せつけたサイヤ。
キリュウの妹の婚約者であり、五体をバラバラにされながらもダガ腹心の悪魔と刺し違えた詩人・オルペオ。
戦闘要員キリュウ。

ベルセスの凍てついた心は少しずつ氷解し、人の心を取り戻した彼は、本当の強さを身に付けていった。
ダガは善心と悪心、二人の存在に分かれていた。善ダガの力を借り、悪ダガのとの最終決戦に望むベルセス。
漁師の父、優しかった母、オルペオ。果てしない死闘の末、死んでいった者達への思いを込めた一撃がダガを貫いた。
復讐は終わった……。

アーギッシュは故郷に帰り、子供達に武勇伝を聞かせ過ごした。
サイヤもまた故郷に帰り、ベルセスと添い遂げる日を夢見て己を磨いた。
キリュウはオルペオと妹、二人の霊を弔ったのちに行き先知れずの旅に出た。

そしてベルセスは二度と悲劇を生まないため、全ての災厄を根絶するために、ダガの故郷・魔界へと旅立っていった。
彼こそが武勲の王者、後のバンパイアハンター・エドキィオなのだが、それはまた別の話……。

 





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー