ラプラスの魔

スーパーファミコン版 part33-336~340


336 :ラプラスの魔 SFC:2007/10/07(日) 14:52:49 ID:Zd2Ryb7x0
ラプラスの魔 SFC

主な登場人物
主人公 名前 性別 職業 選択可
セリフが少なくほとんど草壁に喋られてる。

モーガン・ディラン 女ジャーナリスト
ウェザートップ事件の取材に来た。

アレックス・クイン 男探偵 
館の調査に来たが一人では調査が進まないため同行を申し出てくる。
後にモーガンと結婚。

ビンセント・ホフマン 男科学者
心霊機械の実験に来た青年。でも一人では怖いので
同行を申し出てくる。

ディック・オーガスト 男霊能者
小説ではインチキ魔術師で途中退場だが
ゲームではちゃんとした能力持ち

ラモント・ブラックウッド ディレッタント
小説では途中で殺されるがゲームでは最後まで生存。

草壁健一郎 霊能者(特殊) ある意味主人公
日本から来た青年。主人公たちより先に館に入っていったまま
戻ってこない。

ベネディクト・ウェザートップ
館の主で町の人たちから魔法使いやら変人やら言われて敬遠されている人物。
少年殺害の犯人と噂されている。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 14:53:36 ID:Zd2Ryb7x0
1924年
アメリカは、ボストン近郊にある、片田舎の街、ニューカム。

この、何の特徴も無い寂れた街で、恐ろしい事件が起こった。

町外れにある幽霊屋敷を探索に行った2人の少年が、
無残な姿で殺され、
一緒にいたエイミーと言う少女が行方不明となったのだ。

アメリカ中の注目が、このセンセーショナルな事件に集まった。

警察は、大々的に捜査を行ない、
新聞も、連日の様に事件の情報を求める記事を載せた。

にもかかわらず、手がかりは何一つ無く、
謎は深まるばかりだった。

しかし、街の人達は、
幽霊屋敷の持主であり、今は行方不明となっている
ベネディクト・ウェザートップが犯人だと、噂しあっていた。

そして君は、不可解な事件に興味を覚え、
調査する為に、ニューカムの街を訪れたのであった。

ニューカム

酒場で同行する仲間を3名まで選ぶことが出来る。
選ばれなかったものはホテルにて待機している。

エイミーの母親から娘を見つけてくれるようにという依頼を受ける。
雑貨屋で装備を整えて館に潜入。
入ったとたん背後で扉が閉まるが 普通に出ることが出来る。
(PC版やPCE版は出れなくなる)

一度入った後に酒場のマスターに話すと主人公の前にも
4人組が入っていったきり戻らないという話を聞く。
もうダメかも知れないが死体だけでも連れて来てくれないかと依頼をされる。
断ると2度と受けれないので気をつけること。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 14:55:10 ID:Zd2Ryb7x0
館の中 序盤 細かい攻略は省く

館の中で4人組の死体や狂人(話と正気に戻る)をつれて帰ると経験点やアイテムがもらえる。
占い屋のばあさんの占いは恐ろしいくらい的確なヒントになっているので言われたとおり執事の霊と話し、ウェザートップが怪しげな魔術に手を出してしまったことなどを聞き、鉄の鍵をもらう。(この部屋でバイブル入手)
またウェザートップの父親から話を聞くように言われる。
応接間の肖像画に父親の霊が宿っているので話を聞く。
ウェザートップはどうやら母親を生き返らそうとして道を踏み外したらしい。

当面の目的は四つの五芒星の破壊となる。
四つの五芒星の破壊したあと地下墓地に向かうとベネディクトの母親の墓がある。
誰かが掘り起こしたあとがあるのでシャベルで掘ってみると死体ではなく
形見の指輪が出てくる。形見の指輪を使いベネディクトの母親の部屋に入ると
母親の死体があるので話しかけるとバンシーが出現する。精神攻撃しか効かない。
倒したあと、ベネディクトの母親の亡霊から、封印の鐘の話を聞く。
ベネディクトは書斎の奥にある五芒星から異なる世界へ行ってしまったらしい。
母親を墓地に埋葬すると経験点がもらえる。
封印の鐘を鳴らすとベネディクトの両親は成仏し、館のモンスターも出現しなくなる。



五芒星からラプラス城へ
異世界は皇帝ラプラスがラプラスの魔(クトゥルフ神話のハスター)を
呼び出して 未来を予測することでヨーロッパを支配していた。
敵も館とは違ってファンタージー系の衛兵や魔法使い、グリフォンやベヒーモスなどモンスターになっている。
ベネディクトはルヴァンという魔術師と手を組んでラプラスの魔を奪い取ろうとして失敗し投獄されているらしい。
拷問部屋で草壁健一郎の死体を発見する。話しかけると聖水があれば復活できそうだと
いうので聖水を振り掛けると復活するのでニューカムまで草壁を運んで病院に連れて行く。

草壁健一郎によれば
「ラプラスはかなりの力を持った優秀な魔法使いだ。
 彼の呼び出したラプラスの魔は、未来のあらゆる事を見通してしまうという。
 ただ、僕たちにとって幸運なことに、その力はあの世界の住人にしか通用しないようだ」
一度城に行き、再びニューカムの街に戻ってくると草壁健一郎を仲間に加えられるようになる。
牢屋にいきアドルフという魔法使いを助け出しモルディブを倒す。
モルディブはラプラスを惑わし、この世界にラプラスの魔を呼び込んだ犯人なのだそうだ。
モルディブを倒すとアドルフが抜ける。
牢屋にはほかに
ジョアンナ⇒元恋人のグールに会わせる
ライアン⇒妹に会わせる
ジェルマン⇒グリフォンを倒しお宝ゲットする
ジャンボン⇒魔女のとこに連れて行く
でアイテムと経験点をもらうことが出来る(クリアに関係ないものあり)

339 :ラプラスの魔 SFC:2007/10/07(日) 14:56:56 ID:Zd2Ryb7x0
健一郎を連れた状態で牢屋にいるビヨンドに話すとカサンドラ姫のところに戻っていくといって去る。
カサンドラはラプラスの娘で父親に逆らって閉じ込められているらしい。
途中ビヨンドと合流してカサンドラ救出に向かう。
偽カサンドラを倒し本物のカサンドラから父親を説得して
ラプラスの魔との契約を破らせてほしいと依頼される。
そんなの㍉という一行に
「あなたたちはこの世界の住人ではないので、魔の力で行動を予測することができません。 
だから父はベネディクトやケンイチロウ、そしてあなたたちを恐れているのです。
 あなたたちに敗れれば、父も目が覚めると思うのです。
 それにこの問題はこちらの世界だけのものではありません。
 ベネディクトが繋げた通路により異世界の存在を知った父は、
あなたたちの世界を手に入れようとしているのです」
一向 Ω ΩΩ< な、なんだってー!!

ラプラスに会う前にベネディクトを探しに行きます

ルヴァンに話すと
「私の名前はルヴァン。ベネディクトに力を貸す者だ。
 お前たちが彼の仲間というのならば、湖の牢屋へ行き、ベネディクトを助け出すがいい。
 牢屋は不死身の魔物によって守られているが、タリスマンがあれば倒すことができるだろう。
 タリスマンは南東にいる魔法使いのペットが守っているので、殺して奪ってくるといい」という情報が聞ける。

タリスマンで成仏させ、牢の中のベネディクトをニューカムへ連れて帰る。
入院させておく事になる。経験点とエメラルドの像入手。

最初に依頼を受けたエイミーもここでようやく見つけることが出来る。
連れて帰ると$1200と経験点5000が手に入る。

ラプラスに会いに行くには 闘技場を通るのだが
知恵の試練と力の試練どちらか片方を通ることになる。
知恵の試練(3択クイズ) 力の試練(戦闘)
試練を越えたらラプラスとの戦闘。
勝つとわかったから(・∀・)カエレ!!と言われる。(ちょっと失念)

ニューカムに戻るとベネディクトが逃げたという話しを聞く。
魔法使いみたいなのが警察を蹴散らしてベネディクトを救い出して館に向かったという。
ラプラス城に向かうといきなり衛兵にとりかこまれているが蹴散らし アドルフの部屋に逃げ込んで事なきを得る。
アドルフにワープしてもらい湖の魔女の部屋に向かう。
五芒星が使えなくなり 湖の魔女の部屋が拠点となる。

ベネディクトとルヴァンはラプラスの魔を奪おうと行動を起こし地下に身を隠しているらしい。
ビヨンドを連れてラプラスに会いに行くのだが彫像が邪魔して通してくれない。闘技場も通れない。
ラプラスの娘のカサンドラなら彫像をどかせるのでカサンドラに会いに戻る途中
ルヴァンとベネディクトがあわられる。
ルヴァンが五芒星が使えなくなってお前たちは帰れなくなったが
自分の力でニューカムに送ってやることが出来るだから手を引けと
言われる。

ハイを選ぶとニューカムに戻ってエンディング。
ニューカムが壊滅し ラプラスの魔が写った写真がジャーナリストによって撮られた
という後味の悪いもの。

いいえを選ぶとルヴァンとの戦闘になるが攻撃が効かない。
ビヨンドが捨て身で防いでる間に湖の魔女の部屋に向かい
カサンドラを連れて彫像を突破する。

340 :ラプラスの魔 SFC:2007/10/07(日) 14:58:20 ID:Zd2Ryb7x0
ラプラスの間に入ると主人公たちをベネディクトの一味と勘違いし
そんなに魔の力が欲しいかと一喝してくる。
問答中にラプラスの背後にベネディクトが現れ宿木のロッドで
ラプラスの魔法を封じ 死の吹雪でラプラスが吹き飛ばされ王座に倒れこむ。
ベネディクトはルヴァンによって新たな力を身につけたらしい。
カサンドラがベネディクトに儀式のいけにえ用にさらわれる。

瀕死のラプラスからルヴァンが自分のラプラスの魔への疑いが生み出した
影であること。ルヴァンの目的はラプラスの心の底の望みをかなえること。
それはもうひとつの世界(主人公たちの世界)をも手に入れること。
ラプラスがラプラスの魔を恐れ遠ざけたため ルヴァンはベネディクトをつかって
その目的を果たそうとしていることを聞く。
そして王冠とエルダーリングを主人公たちにわたしてラプラス死亡。

王冠をつかって割れ目から移動すると
ベネディクトがカサンドラを磔にし
ナイフで胸を刺し生贄とすると異次元が広がった。
同時にラプラスとカサンドラがいなくなってラプラス世界が崩壊を始める。

異次元にむかいルヴァンと対決。
主人公たちの世界にラプラスの魔を連れて行くには
その世界の記憶を持つものをいけにえにする必要がある。
そのためにベネディクトをいけにえにするのだという。

ルヴァンとの戦闘でエルダーリングを使うと変身がとけ
蝙蝠の羽に下半身は蛇という本性を現す。
倒して奥に進むと
ベネディクトがラプラスの魔に殺される。
そして空間が崩壊を始め次元の狭間に投げ出されたが
カサンドラからもらった腕輪が光を放ち守ってくれた。

そして元の世界に向かい引き戻されていくが
後ろからラプラスの魔が飛んできている。
草壁いわく ベネディクトの魂が導いているらしい。
ウェザートップ館の五芒星から出た後に
五芒星を壊せば ラプラスの魔を異次元の狭間に置いていくことが出来るかも知れない。
そしてラプラスの魔との対決。
倒して五芒星から出た後 五芒星を破壊。

エンディング






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー