Neverwinter Nights 2

part33-416


416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 23:07:50 ID:/m/nt2hl0
Neverwinter Nights2
一章
主人公はとある農村の名士の養子だ。 
盛大に終わった村祭りのコンテストで優勝した後ウキウキで床に入ると、村が襲撃されちゃったぞ。
どうやら敵は主人公の体の中にある剣の部品を狙って襲ってきたようだ。
 村にいてはみんなに迷惑がかかる。養父の叔父さんは冒険者の酒場を経営しているから、そこで面倒を見てもらうほうが安全だろうということで、主人公は敵から逃げるために大都市ネバーウインターまで逃げることに。

 さて、刺客を退けると、胸に刺さったものと良く似た剣の部品を拾ったぞ。 それはそうと、ネバーウインターの町についたのはいいが、居候ニートでは辛いうえ、体もなまってくるので、情報集めもかねて、Neverwinterの衛兵に就職することになる。
強盗退治や麻薬専門のおかっぴき 敵国への破壊活動などをやっていると、上官に目をかけてもらってどんどん出世することに。 ついには領主であるロードナッシャーに謁見し、フリーランスのエージェントとしてまで認めてもらえたぞ。
 
 謁見ついでに都市の大賢者へのコネもゲット。 件の剣の部品についての情報を調べてもらうことに。 
賢者に助言を求めると、その剣は昔ネバーウインターの宮廷魔術師であったアモンジェロというおっさんが、20年前の大戦の際、魔王を封印する時に使ったものであることがわかったぞ。
アモンは戦いの最中失踪してしまったが、その孫娘は農場をやっているらしい。 

 孫娘の農場についたとたん、農場は焼き討ちされてしまう。 あんた達のせいよ!と孫娘にも嫌われてしまったぞ。仕方ないので出直すことに。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー