回避特化挑発象フェンサー型


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『回避特化挑発象フェンサー型』
メイン:フェンサー、サブ:ライダー、他:エンハン、アルケミ他

ビルド説明
 エレファント系への騎乗による攻撃障害により回避を高め、挑発攻撃を行うフェンサーライダービルドです。
 挑発攻撃で敵の攻撃をひきつける回避盾として振舞い、PTメンバーや騎獣の生存確率を高めます。
 武器は絡み武器か投擲武器を習熟し、「特殊効果:絡み」のペナルティを与えることを優先します。
 習熟S習得後は、絡み武器はナインテイルでの多重絡み付与、レザーリボンでのC値⑧攻撃、投擲の場合はリッパーナイフでの多人数挑発攻撃が可能です。
 (「特殊効果:絡み」を採用していない環境では、防具習熟による耐久性向上を優先します。その場合、武器は命中を重視してメイスかファストスパイクがお勧めです)

 ※エレファントに乗れず【人馬一体】もないライダー4レベルまでは【探索指令】によるサポートと騎獣の攻撃が可能な通常のフェンサーとして運用します。

 

戦闘特技(⇔はPC状況により入れ替え推奨)
「特殊効果:絡み型」
《防具習熟A/非金属鎧》《武器習熟A/絡みor投擲》《挑発攻撃Ⅰ》《回避強化》《武器習熟S》《防具習熟S/非金属鎧》《防具の達人》⇔《武器の達人》

「絡み非採用卓向け」
《防具習熟A/非金属鎧》《回避強化》《挑発攻撃Ⅰ》《防具習熟S/非金属鎧》《武器習熟A/任意》《防具の達人》 以降任意

 

騎芸
(1~4)【攻撃阻害】【探索指令】【HP強化】※任意
(5~9)【人馬一体】【特殊能力開放】【獅子奮迅】【HP超強化】※任意
(10~)【超攻撃阻害】任意×4
※4レベルと9レベルの騎芸は基本的に任意
 しかし、個人的には【騎獣の献身】と【威圧】の組み合わせ(生存重視)か、【高所攻撃】と【超高所攻撃】の組み合わせ(攻撃重視)を推す

 

騎獣
「エレファント系(必須)」ビルドの大前提。攻撃障害+4による回避能力増強で挑発攻撃を有効に使える。簡易や標準戦闘では〆鼻で投げるで単部位の敵を翻弄することも可能

「ドラゴンインファント、ペガサス」多部位騎獣が入れない地形での運用に。飛行による回避力上昇が見込める。問題は適性レベルがあまり高くないこと
「スカイバイク」高レベルでの多部位騎獣進入禁止の非常用に
(ただし、高レベル帯では敵も多部位が基本になりやすく、使用禁止場所は減る傾向がある。こちら使用禁止、敵3以上多部位が普通の場合は割と要意見案件)

注意事項:
エレファントに乗れない場所、または胴体が落とされた場合は回避力が激減するので注意して振舞う必要あり