騎芸について

騎芸とは、ライダー技能が1レベル上昇するごとに1つ習得できる、騎獣を使いこなして有利な効果を得られる特殊技術である。
騎芸は原則として、騎手が騎獣に騎乗しているときのみ効果を発揮する。
魔法ではなく、使用するためにMPなどは消費しない。
騎芸の中には、ライダー技能レベルが一定以上なければ習得できないものがある。


騎芸のリスト
以下は騎芸の簡易リストと簡単な解説。
『「○」常時効果を発揮する騎芸、「☆」補助動作で使用する騎芸、「〆」主動作で使用する騎芸、「▽」条件が満たされたら効果が発揮される騎芸』
補足や個人的な一言評価も付いています。

名称 解説 レベル制限 一言
○探索指令 ライダー技能で探索等可能に 1~ 生物騎獣限定・非常に有用
       
○遠隔指示 30m以内の騎獣に指示可能に 1~ 生物騎獣限定・特殊な戦闘スタイルが可能になる
       
○タンデム 同乗者が片手で行動が可能になる 1~ ※「ライダー技能の問題点」に関係あり
       
高所攻撃系   騎手強化の定番・物理ダメなら近接射撃問わず
○高所攻撃 騎手と同乗者の攻撃上昇 1~  
○超高所攻撃 騎手と同乗者の攻撃更に上昇 5~  
○極高所攻撃 騎手と同乗者の攻撃上昇更に倍 10~  
       
HP強化系   騎獣耐久力増加の要・個人的にイチオシ
○HP強化 騎獣全部位HP増加 1~  
○HP超強化 騎獣全部位HP更に増加 5~  
       
騎獣強化系   コア部位のみ強化・馬、魔動機騎獣向け?
○騎獣強化 騎獣の命中回避強化 1~  
○騎獣超強化 騎獣の命中回避更に強化 10~  
       
攻撃阻害系   同乗者の扱いが不明瞭な現状若干使いづらい
○攻撃阻害 騎手や同乗者の回避上昇 1~  
○超攻撃阻害 騎手や同乗者の回避更に上昇 10~  
       
チャージ関連系   非常に強力だが、移動できる場合のみに限られる
☆チャージ 移動後攻撃に距離に応じたダメージ増加 1~ ダメージ増加は最初の命中一回のみ
〆トランプル 形状「突破」で近接攻撃 5~  
○縦横無尽 チャージ後主動作を追加 10~  
○スーパーチャージ 全力移動でチャージを行える 10~  
       
☆威嚇 騎獣が敵を睨んで行動阻害 1~ 生物騎獣限定
       
▽騎獣の献身 騎手へのHPが0になるダメージを騎獣が肩代り 1~ 生物騎獣限定・1戦闘1回
       
○人馬一体 騎乗時両手が使える用になる 5~ 魔動ビークル乗り以外は広範的に有用
       
○MP譲渡 消費MPを騎獣のMPで賄える 5~ 生物騎獣限定
       
特殊能力開放系   騎獣の秘められた能力を開放する
一部の騎獣を活用するには必須
○特殊能力開放 騎獣の一部の能力を使用可能にする 5~  
○特殊能力完全開放 騎獣の能力を更に使用可能にする 10~  
       
多部位行動系   騎獣の複数の部位を同時に行動させる
騎手の主動作使用の八面六臂は癖が強い印象
☆獅子奮迅 回避を犠牲に騎獣の二つの部位を同時行動させる 5~  
〆八面六臂 騎獣のすべての部位を同時行動させる 10~  
       
限界駆動系   魔動機騎獣限定・戦闘一回のみの強化攻撃を行わせる
☆限界駆動 回避を犠牲に魔動機騎獣の命中・ダメージ強化 5~ 戦闘ごとに1回限定
○超過駆動 HPを犠牲に限界駆動時騎獣の主動作増加 10~ 上記の関係で戦闘1回限定
       
〆魔法指示 魔法技能を持つ騎獣に魔法を使用させる 5~ 生物騎獣限定・対応する騎獣が少ないのが難点
       
○バランス 騎獣での通常移動で制限移動の行動可能に 10~ シューター、魔法使いなら非常に有用
       
〆騎乗指揮 存在乱戦エリア内の味方の命中強化 10~ 騎獣も含む
主動作消費故〆八面六臂とかみあわないのがネック

 

参考:『超越者用の騎芸』(16~)
○【潜在覚醒】/適性レベルが最低値13以上、最大値が15の騎獣を16レベルに覚醒させる騎芸。該当騎獣を(覚)騎獣データで扱えるようになる。
○【超越騎獣】/自身の扱う16レベル以上の騎獣か(覚)騎獣が、超越判定や超成功(フォルトナコード24p)を可能になる。
○【超人馬一体】/騎獣が騎手の習得している「前提:なし」の宣言型特技を自身の補助動作で使用可能になる。置き換え特技やレベル制限のある特技は宣言できない。