経済改革クラブ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


経済通商省事務次官の武田氏とベンチャー企業創業者の前田氏が設立した政党。構造改革や減税による経済成長を掲げている。01年の衆議院議員総選挙では武田氏と前田氏ら20人を擁立し、武田氏と前田氏ら4人が当選した。平和自由党との連立内閣に参加し、武田氏が財政副大臣に就任するなどしたが平和自由党の路線変更を受け連立離脱を主張する前田氏と連立維持を主張する武田氏が対立し、前田氏ら2人が離脱。その後、平和自由党に合流するため武田氏ら2人も離脱し党所属議員がいなくなった。その後、党所属の大物デイトレーダを始めとする10人が04年の参議院選挙に立候補したが、全員落選した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。