労働の会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


サラリーマンの朝野氏が設立した政党。サービス残業の撲滅、非正規雇用者向けの教育制度整備を訴えている。01年の参議院議員選挙では自らに出馬したが、知名度が低くく選挙資金が不足し十分な選挙活動を行えず落選した。その後の国政選挙への出馬は当面断念したものの、地道な選挙運動を続け06年の新都府議会議員選挙で当選を果たした。当選後は無所属の府議4人が党への関心を示し入党。また府議会に院内会派「労働の会・無所属クラブ」(所属議員6人)を結成した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。