高速道路公団


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


平和主義国内の高速道路の建設・運営を行う公団。72年の新海高速道路建設と同時に誕生した。

地方の有力議員の圧力を受け地方への高速道路を延伸を進めたが、利用台数が予想以下の高速道路の建設を招き81年から04年まで赤字が続いた。

政府は、87年に高速道路建設によって増大した公団の有利子負債23兆円の返済のため高速道路整備計画の見直しを進めたが、与党内の地方議員を中心に反対が出て撤回に追い込まれた。その後も地方への高速道路延伸は進められ負債が増大し93年には39兆円にまで膨らんだ。

93年に保守連合党が野党に転落し一部の野党勢力が結集して誕生した川上内閣では、族議員の多い保守党の反対を押し切り高速道路公団改革法案を可決させた。この法案により公団の独立性を強め高速道路の建設計画を公団自ら作成できるようにして議員からの圧力が及ばない制度に改革された。また公団への議員の圧力を避けるために規制を加え族議員を抑えた。

これにより不採算の高速道路建設は圧縮されたが公団の経営は改善せず、負債の利子返済のために赤字が続いた。そのため00年に政府は新総裁に改革派の市民活動家で知られる原氏を起用し公団の高コスト体制の是正やファミリー企業改革を推し進めさせた。

01年には公団職員にたいして希望退職を募集して職員1000人を削減した。また国から10兆円の低利子融資を受け有利子負債の一部を返済し資金繰りを改善し04年に黒字に転換した。

しかし、負債の返済はなかなか進んでおらず、新規の高速道路整備を2012年まで凍結している。凍結に関しては地方から不満の声も上がっている。


概要

所在地 〒000-0000
新都府水田区3丁目7-1
総裁 竹内 一
副総裁 森永 大学
内部組織 総務局
管理局
建設局
サービス事業局
技術局

関連企業・法人

  • 高速道路システムズ(システム開発・管理) 100%
  • 高速道路料金収受サービス(高速道路料金収受サービス) 100%
  • サービスエリア管理サービス(サービスエリア管理)→09年に公団に吸収合併。
  • 高速道路料金自動支払いシステム開発振興センター(ETCの開発・普及推進)
  • 高速道路統計センター(高速道路の需要予測・利用状況等の調査)
  • 高速道路建築技術向上機構(高速道路の建築支援)→09年に民営化。
  • 高速道路地方経済研究所(高速道路の経済状況分析)→09年に高速道路統計センターに吸収合併。
  • 高速道路バス停管理・維持サービス(高速道路上のバス停管理)→09年に廃止。業務は公団が継承。
  • サービスエリア郵便局サービス(サービスエリア内の郵便局管理)→09年に公団に吸収合併。
  • 平和主義国ふるさと土産開発(土産の開発・製造)→09年に民営化。
  • インターチェンジ開発機構(IC付近の用地整備)→09年に独立行政法人都市開発機構に吸収合併。
  • 平和主義国ふるさと高速道路基金(地方自治体への高速道路工事負担金の貸付)→09年に廃止。
  • 平和主義国高速道路広報機構(高速道路利用促進のCM等の作成)→09年に民営化。
  • 平和主義国高速道路防災センター(高速道路の維持)→09年に公団に吸収合併。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。