北山県民銀行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2000年に破綻した地方銀行。

北山県で最も支店数が少なかったが、県外や海外への進出を積極的に進め売上では北山県1位で地方銀行の中でも中位の銀行となった。

しかし、県外や海外での競争は激しく、苦戦した同行は法定以上の資金を貸し出すなどして融資を拡大した。84年に財政省が銀行への監査を強化したが同行は書類の改ざんや偽装、さらには地元選出の国会議員(当時:財政副大臣)に多額の献金を行い財政省への圧力を加えさせ不正融資を隠し続けた。

だが94年に入り財政省の職員が副大臣と同行との癒着を週刊誌に投稿し財政省などが緊急査察を行い不正融資が発覚した。不正融資が発覚すると同行の頭取、行員など13人が起訴され信用が低迷した。また融資先の企業の倒産が相次ぎ、不良債権が増大し経営が悪化した。

96年に同行は海外支店を売却するなど経営再建を進めたが、不良債権が強くのしかかり同行の再建は進まず、コール市場でなんとか資金を調達して経営を続けたが、00年の新都インターナショナル証券破綻に伴うコール市場の混乱から資金調達が困難となり経営危機に陥った。

その後、海外大手銀行などへ身売りを提案したが拒否され、さらには不正融資を行ったために金融庁への公的資産注入の要請も拒否されてしまい00年の12月に破綻を申請した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。