新都シティー船舶


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


平和主義国の大手海運会社。コンテナ船舶を中心に海運事業を行っている。本社は名義上新都府の沖野区に置いていることになっているが、実質的な本社機能は新都府の吉海市に置いており、吉海市には同社の高層ビルが立地している。また海運事業の収益をもとに不動産事業を行っている。

80年代には海洋型大型レジャー施設である吉海シーランドの開発計画を立ち上げたが、資金難の問題から駐車場の整備と用地取得のみを行われただけで、93年には開発そのものを中止した。開発を行っていた子会社は存続しているが特に事業は行っておらず事実上休眠状態である。なお、先行取得した用地や駐車場は売却先を募集しているが、交通のアクセスが不十分で売り手がつかない状態である。


種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 〒004-0004
新都府沖野区末広口1丁目6-1
大都会地所沖野ビルディング
業種 海運・不動産業
事業内容 海運業、不動産開発事業
代表者 木本 浩二
資本金 398億9,000万円
売上高 5,870億1,090万円
従業員数 3,980人
主要株主 平和通運 9%
大木財団 5%

主要子会社・関連会社

  • 大木石油汽船(海運事業) 100%
  • 港汽船(海運事業) 100%
  • 吉海シティービル(オフィスビル運営) 100%
  • 吉海山ゴルフ場(ゴルフ場運営) 100%
  • 吉海シーランド開発(リゾート開発・休眠状態) 100%
  • 吉海臨海住宅(マンション開発・運営) 100%
  • 緑ヶ島リゾートマンション開発(リゾートマンションの販売) 100%
  • 緑ヶ島汽船(旅客フェリー事業) 100%
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。