新都新幹線


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新都新幹線


1980年代に産業の発達や周辺人口の増加から新都・西京間を結ぶ在来線である新都本線は輸送力の限界に達していた。そこで高速鉄道推進を進めてきたインフラ整備省は新幹線整備を決定。1986年に着工を開始した。

沿革

  • 1980年 インフラ整備省、新幹線整備計画を発表。
  • 1982年 高速鉄道公団設立。
  • 1984年 新都新幹線建設ルートを確定。
  • 1985年 新幹線の運行システム等について日本のシステムを採用することを決定。
  • 1986年 建設着工。
  • 1989年 新都新幹線新都車両センター落成。
  • 1990年 試作車両での走行試験を実施。
  • 1991年 新都~海山間開通、営業運転開始。
  • 1993年 海山~みらい学園都市間開通、営業運転開始。
  • 1995年 みらい学園都市付近のトンネル工事が難航し1997年の全通予定を延期。
  • 1996年 新都新幹線西京車両センター落成。
  • 1997年 みらい学園都市~西京国際空港間開通、営業開始。
  • 1998年 西京国際空港~西京間開通し営業開始。これにより新都新幹線全通。

車両

  • E200系
日本の200系をモデルに作られた車両。260キロで走行可能だが最高営業運転は240キロ。他の車両への連結も可能。最高編成数は16両。

  • FE3系
日本のE3系をモデルに作られた車両。主に各駅停車用に利用される。275キロで走行可能だが現在は最高営業運転速度は240キロ。E200系と連結可能。最高編成数は6両。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。