経済


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

経済

モノカルチャー経済で輸出を鉱物資源や農作物に頼っていたが、1970年代から産業振興庁(1982年に国土整備省と経済通商省へ統合)を設立し外国企業の誘致を進めてきた。日本企業の進出が目立ち電子機器や半導体メーカーの進出が多い。現在GDPは世界でも中進国の上レベルである。

製造業

主に電気機器や半導体の生産が盛ん国内メーカーもあるが日本や韓国メーカーの子会社や関連会社も多い。

小売業

90年代の不況で小売店の倒産が相次いだが、近年の景気回復により徐々に活気を戻しつつある。ただ中心市街地の商店街などは郊外のショッピングセンターや専門店、中心市街地に立地する百貨店、さらにはコンビニに押され衰退が目立つ。

卸売業

旧財閥系の総合商社(首都商事栄光商事など)を中心に世界各地に支店を設置しビジネスや貿易を展開している。

情報通信業

経済の発展に伴ってインターネットや携帯電話の普及者数が年々急増しており、携帯電話事業やインターネット関連事業へのベンチャー企業の進出が目立っている。

金融業

1998年に国内に金融不安が襲い栄光長期信用銀行三川銀行新都インターナショナル証券栄光生命保険が破綻した。他の金融機関も経営悪化が問題となり国は10兆円を公的資金として注入した。公的資産注入の効果や再編によって2000年ごろから金融機関の経営が回復し現在では大手金融機関の全てが公的資金を全額返済した。

中央銀行

証券取引所

大手金融機関

政府系金融機関

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。