大都会フィナンシャルグループ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


90年代のバブル不況でも国内3位の銀行で財務状況、預金額など堅調で海外で全売上の5割を稼いでいたため特に影響を受けなかったが、1998年に海外の売上の8割を占めていたアジアでアジア通貨危機が発生し子会社の銀行や投資ファンドが3兆円の損失を被り経営悪化に追い込まれた。メガバンク破綻を恐れた金融庁は2兆円にも渡る公的資金を注入し、大株主であった大都会商事やWP投資ファンドも3000億円の増資に応じた。これにより大都会FGは経営危機を回避し公的資金も2006年に全額返済した。

種類 株式会社
市場情報 新証1部、市証1部、NY
名称 株式会社大都会フィナンシャルグループ
英名 Daitokai Financial Group,Inc.
省略 DFG
所在地 〒000-0001
新都府中央区金町3丁目1-5
電話番号 0120-100-7129(代表)
業種 金融業
事業内容 銀行等傘下子会社の経営管理
資本金 1兆2,400億円
売上高 5兆5,300億0,980万円
総資産 169兆9,679億1,560万円
従業員数 43,790人
主要子会社 大都会銀行100%
大都会コーポレート銀行100%
大都会証券100%
大都会信託銀行100%
ミレニアムネット銀行90%

海外支店

積極的に海外進出を行っていたが経営悪化で00年以降支店・駐在員事務所の統合が行われていたが、07年にドバイ、ハノイに駐在員事務所を新設するなど積極的に事業を拡大している。

  • ニューヨーク支店
  • シカゴ駐在員事務所(01年閉鎖)
  • デトロイド駐在員事務所(01年閉鎖)
  • サンフランシスコ駐在員事務所(01年閉鎖)
  • 東京支店
  • 上海支店
  • 台北支店
  • シンガポール支店
  • ムンバイ支店
  • 大阪駐在員事務所(00年閉鎖)
  • 南京駐在員事務所
  • マカオ駐在員事務所
  • ハノイ駐在員事務所
  • 香港駐在員事務所
  • タイ駐在員事務所
  • マレーシア駐在員事務所
  • インドネシア駐在員事務所
  • フィリピン駐在員事務所(00年閉鎖)
  • ソウル駐在員事務所
  • プサン駐在員事務所(02年閉鎖)
  • ドバイ駐在員事務所
  • ロンドン支店
  • チューリヒ支店(09年に駐在員事務所に降格)
  • パリ支店(02年に駐在員事務所に降格)
  • マドリード駐在員事務所(02年閉鎖)
  • モスクワ駐在員事務所
  • ローマ駐在員事務所(00年閉鎖)
  • ベルリン駐在員事務所(08年閉鎖)
  • 南アフリカ駐在員事務所
  • キャンベラ支店(07年閉鎖)
  • シカゴ駐在員事務所(07年支店昇格)
  • ニュージランド駐在員事務所(00年閉鎖)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。