平和自由党


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


平和主義国の政党。経済重視の姿勢で構造改革を押し進めてきたが、近年は職業訓練施設の整備や社会保障の充実など格差問題の解消も進めて与党としての地位を固めた。しかし、加藤首相が示した行財政改革刷新計画を巡り党本部と地方組織との対立が激化したことで支持母体の反感を買い09年の衆院選では敗北し野党に転落した。


概要

代表者 加藤 一郎(総裁)
副代表者 広川 和幸(幹事長)
成立年月日 1994年4月1日
本部所在地 〒000-0000
新都府水田区4丁目3-10
衆議院議員数 201人
参議院議員数 105人
党員・党友数 約128万人
政治的思想・立場 保守・自由主義・平和主義
機関紙 平和自由日報
シンボル

主な党役員

総裁・選挙対策委員長 岸本健三郎(山崎派)
幹事長 岡平純子(岡平派)
幹事長代理 河原 紀夫(無派閥)
政策調査会長 村田茂(安原グループ)
総務会長 馬場由紀夫(細川派)
国会対策委員長 猪野涼(旧林田グループ)


派閥

派閥名 代表者 人員 備考
国民政策研究会(広川派) 広川和幸 72人 激しすぎる構造改革に批判的。
新中央政治連合(山崎派) 山崎和久 40人 ベテラン議員が多い。
改革ネットワーク(岡平派) 岡平純子 54人 若手議員、女性議員が多い。
新生研究会(田口派) 田口智宏 27人 地方出身の議員が多い。
国際政治連盟(宇多・岸本派) 宇多義盛・岸本健三郎 27人 国際派の議員が多い。
21世紀民政会(村田派) 村田茂 26人 大胆な行政改革等を主張している。
明光連盟会(細川派) 細川裕 21人 野党とも強いパイプを持つ議員が多い。
未来経済の会(佐々木派) 佐々木大学 15人 構造改革に積極的。
平和政策協会(安原グループ) 安原三夫 5人 無所属出身者が多い。上層部とは距離を置く議員が多い。
新戦略会議(下田グループ) 下田善則 5人 タカ派が多い。
二・三十会(旧林田グループ) 空席 5人 若手議員が多い。
他、無派閥。

党本部

結党後、しばらくは水田区内のオフィスビルに構えていたが手狭なことから97年に現在地に本部ビルを建設した。建物は10階、地下2階建てで、地下1階は駐車スペースとなっている。以前は、オフィスビルが立地していたが95年に老朽化のため取り壊され党が購入するまでは有料駐車場として活用されていた。


前内閣

内閣総理大臣 加藤 一郎
内閣官房長官 羽田 吉雄
行政管理大臣 山崎 和久
財政大臣 佐藤 加奈子
外務大臣 井上 薫
法政大臣 岸本 健三郎
経済通商大臣 田口 弘
農林水産大臣 住田 誠一
国土開発大臣 山田 信夫
健康保健大臣 金井 真二郎
教育文化大臣 豊田 勤
環境保全大臣 村田 真
国土防衛庁長官 久保田 賢治
警察庁長官 横井 勇
情報通信庁長官 水野 修
科学技術庁長官 田村 恵理子
災害対策庁長官 赤井 末男
内閣府特命担当大臣 坂東 春子(福祉政策)
渡部 亮輔(国民生活)
飯塚 康夫(経済財政政策)
藤原 公男(行政改革)
国務大臣(無任所) 青山 善司
豊田 勤(教育文化大臣)は未来栄光党、飯塚康夫(内閣府特命担当大臣経済財政政策担当)は民間からの起用。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。