共産新党


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


長い歴史を持つ政党。二大政党の台頭した国政では93年まで選挙への立候補すら控えていたが、二大政党制の崩壊によって国政に参加するようになった。ソ連の崩壊を受け設立当初と比べ共産主義色は薄まり、民主主義制による公正な社会推進を訴えている。

概要

代表者 蔵元 米蔵(委員長)
副代表者 橋本 正憲(書記局長)
成立年月日 1949年1月1日
本部所在地 〒000-0000
新都府水田区6丁目1-9
衆議院議員数 15人
参議院議員数 10人
党員・党友数 約35万人
政治的思想・立場 共産主義・平和主義
機関紙 共産日報
シンボル

主な党役員

委員長 蔵元 米蔵
書記局長 橋本 正憲
副委員長 佐々木 不二雄
青井 武子
政策委員長 目頭 大祐
国会対策委員長 小川 清吾
名誉会長 坂本 康夫

党本部

以前は水田区の端に本部ビルを置いていたが、党の国政参加などによってしだいに手狭になり、97年に現在地にあった空き地を買い取り本部ビルを建設した。本部ビルは地上10階、地下3階でかなり広く党大会も行えるほどの広い公会堂もある。1階は当初、機関紙の印刷設備を置いて機関紙の印刷を行う予定だったが騒音の問題から中止し、一般市民向けの憩いスポットとして開放されている。また、環境対策から09年には太陽光パネルを屋上に設置した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。