沖島航空


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


海山県、沖島村、地元企業などが出資する第3セクターの航空会社。2000年首都エアーラインが沖島・海山空路から撤退したが空路存続の要望が多かったために県が3セクによって空路を維持することを決め設立された。2003年には撤退した沖島エアーコミューター(新都航空子会社)の沖島・新都空路を引き継ぎ新都への空路を開設した。2004年まで黒字を維持していたが原油高の影響で赤字に転落、コスト削減やコンビニエンスストアを開店するなど経営改善を行っており徐々に赤字は減少しているがさらなる原油の高騰で黒字化は果たしていない。


種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 〒100-0009
海山県沖島郡沖島村岡野1丁目3番15号
沖島商工会ビル2階
業種 空運業
事業内容 定期航空運送事業、コンビニエンスストア事業等
代表者 大井純一郎
資本金 5億円
売上高 7億0,090万円
従業員数 56人
主要株主 海山県 20%
沖島村 10%
首都エアーライン 10%
沖島商工会 10%
小泉真人(元沖島村長) 10%
海山シティー銀行 10%
小沢由紀(地元出身国会議員) 10%
沖島土木産業 5%
小野太郎(沖島農協役員) 5%
飯野信夫(元沖島村議会議長) 3%
梨野千恵子(地元農家)2%

ハブ空港 沖島空港
海山空港
準ハブ空港 新都空港
保有機台数 2機
本拠地 海山県沖島郡沖島村

主要子会社・関連会社

  • マート沖島(コンビニ事業) 100%
  • 沖島航空整備(整備事業) 100%
  • 沖島航空バス(バス事業) 30%
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。