※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

周波数特性

周波数に対する流れやすさ

示す意味

電気信号を機材に流す時、流す電気の周波数によって流れやすさと流れにくさがある。これを周波数特性と言う。一般に周波数が高くなればなるほど悪くなる。

周波数特性が及ぼす影響とその実際

周波数が高くなると流れが悪くなり、音の周波数によって伝達される時間がずれてしまったり、周波数によっては電気信号の振幅が減衰して周波数が高めの高い音の音量が下がってしまったりとさまざまな影響を及ぼすことがある。これが電気信号が減衰してしまうとよく言われる原因である。
このような事が起こる事もあるが、実際問題、超長距離を伝送したりとか無理な接続をしない限りは大きな影響を人体で感じ取る事はほとんど無い。

プラグ別の周波数特性

一般にピンプラグは周波数特性がBNCプラグよりも劣るとされている。また、ピンプラグよりもD-Subの方が悪い。
特に規格外れの安価なプラグは周波数特性やインピーダンスが守られていないことが多く、正常な伝送に影響を及ぼすことがある。

ケーブルの周波数特性

長距離伝送をした際に周波数特性により周波数における音のズレが発生する事がある。これを回避しようとしてノエルリーによって開発されたのがモンスターケーブルである。これは、周波数別に流れるケーブルを変えて発生する時間のズレを補おうと言うもの。さらにモンスターケーブルには周波数特性だけでなくさまざまな箇所において伝送効率を考えたつくりとなっている。