※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オールナイトトウカイ


(おーるないと・とうかい)2005年11月に第1回放送を迎えたステージ系ラジオ番組。題名もさることながら番組内容もニッ○ン放送で放送している内容と類似しているが、リスナーに飛び込んでくるインパクトとストレートさは遜色ない出来になっており、現代学校放送界にに新たなる可能性を示した。11月の放送時点ではその過激さに番組D・AD・M共に会場後で凍りついた表情を見せ、小学生が途中でドロップ・アウトした事もこの番組の伝説である。なおパーソナリティはこの事実を知らなかった。

(第2回放送)年も明けた2006年4月に1号館説明会にて生放送。DJとPV順が急遽逆転するというトラブルに見舞われ、さらに時間はやや縮小されたものの、その他を寄せ付けぬスタイルは変わらず、独自のべしゃりはまさに磨かれていく一方である。今回のテーマは大学生活について。授業を楽にするには?という疑問にはとてもここには書けない方法を使うことを伝授し、それに関しての仲間の大切さを説いた。なお今回は前回の小学生ドロップ・アウト事件の反省からか、入場可能者は18歳以上の大学生のみとなった。

(第3回放送)2006年6月「初夏の番組発表会」枠にて放送。番組開始史上最強の人入りの中、オールナイトトウカイはタイトルコールからでも分かるとおりに18禁への方向を確立させた。ステージ上は机一つに人ふたりという、その気になればコントでも出来るんじゃないか?と思わせる装置。今回はなんと「山形の最終兵器」が遂に連名し、更にパワーアップ。他大の前でも物怖じしない放送で会場を大いに沸かせたことは事実である。テーマは「ツンデレ」という流行に沿ったナウな話題を取り込むなど時代に即した内容。さらに変貌を遂げるだろう。