※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ステレオ(Stereo)

立体音響。音響関連全般を指すこともある。

意味

ステレオとはもともと英語のStereoPhonicという単語の短縮語であり、これを和訳すると立体音響となる。ステレオの対義語はモノラル。

構造

二つの音声チャンネルを再生することである。最近もっとチャンネル数の多い複数のスピーカーを使って音を出す5.1channelサラウンドステレオもステレオの定義内に含まれる。DVD などがその例である。

音響工学におけるステレオ

ステレオは音声再生に用いるスピーカーの配置を指す音響工学用語である。 ステレオフォニックとは、聴取者の水平方向前方左右30度の位置に一対のスピーカーを配して2チャンネルの音声を再生する方式である。
また、1チャンネルの音声を2つのスピーカーから同時に再生して聴取する方式はダイオティックと呼ばれる。ステレオ再生はモノラル再生に比較して、音像定位や音場感が加わり、再生音の臨場感が増す効果がある。2つのスピーカと聴取者頭部が一辺3メートルの正三角形に位置する配置が最も望ましいとされている。

ステレオ→モノラル 変換

音が広い会場を包む場合、2つのスピーカーを用いて左から左側音声、右から右側音声を流すと聴衆者の近いスピーカーの音しか聞こえずバランスがおかしい音が聞こえる事がよくある。この用な場合には左と右のスピーカー同じ音を流す事で解決する。単純にケーブル内で左側の信号線と右側の信号線を結線すればいい。ただし、この方法は信号が逆流するので、パワーアンプスピーカーをつなぐ部分でやってはいけない。もし、やるのであれば、オーディオミキサーからパワーアンプアンプ?までの間でやる事が望ましい。配線などの詳しい方法はケーブル項目を参照のこと。

放送研究部でのステレオの扱い

基本的に番組発表会ではステレオ放送である。練習のときもステレオで練習している。どういうわけか、この放送研究部では1つのステレオ音源を2つのチャンネルにばらして入力しているため、オーディオミキサーのフェーダーを二つ使わなければならなかったりと、不便な部分もある。