※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンプ(Amplifier)

音声増幅装置。アンプはスピーカーから発音される音質を左右する。

名前とその果たす役割

オーディオアンプ(以下、アンプと記す)は音声信号を電気的に増幅する音響機材である。英語名Amplifierの略称からアンプと呼ばれるようになった。入力信号の電気的な力量を大きくして(増幅という)出力するものである。
オーディオ用アンプはオーディオミキサーからスピーカーに接続する間を中継して使う。
また、オーディオミキサーによっては内部にアンプが内蔵したものもある。
特にギターの分野でアンプというとアンプ付きスピーカーをさす事がある。

アンプの分類

アンプには大きく分けて2つの種類がある。
プリアンプ(コントロールアンプとも)
様々な音源再生装置(CD/MDプレイヤー、マイクロフォン、ラジカセ、レコードなど)からの出力を増幅する増幅器
パワーアンプ(メインアンプとも)
最終的な出力をスピーカーで鳴らせるほどまで増幅する増幅器
さらに、
1台で両方の機能を持つプリメインアンプ(インテグレーテッドアンプ、総合アンプとも)、発音を得意とする音域にあわせた複数スピーカ出力を行うバイアンプというアンプもある。

内部構造

アンプの内部構造は複雑。初期のアンプは電磁気的な力と機械の動力をあわせて増幅していたが、のちに真空管が発明され、ラジオや蓄音機に使われだした。この真空管の発明によりアンプの性能は一段と向上することとなる。その後トランジスタ、ICを用いて増幅されるようになってきた。さらに最近ではデジタルアンプというデジタル式のアンプが登場してきた。(のちに詳しく記述)
今現在はトランジスタを使ったアンプが主流である。
ただ、オーディオをこよなく愛する人たちは真空管の方が音にぬくもりがあると感じるため、あえて旧式の真空管アンプを使う人が多い。アンプは音質を左右する一つの構成要素であるから、真空管アンプやそれに使う真空管選びは非常に大変である。先程述べたとおり真空管からトランジスタの時代となった今、真空管を扱っている店はごくまれとなった。秋葉原ではアムトランス(ラジオセンター内)などで扱っている。これらのオーディオをこよなく愛する人たち(俗にオーディオマニア)の需要を満たすために真空管を製造し続けているのはロシアや東欧の国々が多い。また米国においてはウエスタンエレクトリック(ウエスタンエレクトリック)があげられる。
日本の主な真空管を購入する人は、オーディオマニアのほかに防衛庁の軍事無線関係に利用されているとのこと。

デジタルアンプの構造

これは通常のアナログアンプとは全く違い、音声の電気信号を高速で取得し、音声をデジタル的にデータ収集、信号を増幅し、再びアナログの信号に戻して出力する製品を言う(入出力がアナログでないもの(デジタル)のものもある)。電力効率がよく、小型化しても音質の劣化が少ないという特性を活かせるという点から小型携帯オーディオアンプとしてよく用いられる。デジタルアンプを製造している各社は独特な技術でアナログアンプに音質を近づけようと努力している。ハイクラス機のデジタルアンプを販売されているメーカーもある。

有名メーカー

ハイエンドユーザ向け製品(高級製品)を販売
マッキントッシュ
マランツ
ラックスマン(昔のラックス)
ヴィオラ
スペクトラル
低価格だが高級製品を販売、日本メーカーが多い
SONY
日本ビクター
日本マランツ
パイオニア
ヤマハ
DENON
ONKYO
ケンウッド
ティアック
テクニクス
シャープ

放送研究部での使われ方

番組発表会などで聴衆にスピーカーで音を鳴らす際に、オーディオミキサーとスピーカーの間にアンプをつなぐ。デノンのアンプを使う事が多い。他にもボーズの小型なアンプを使う事もあるが、先程述べたとおりアンプは小型化すると高品位な音を得られないため、発表練習などの小規模な活動を除いては、あまり使われない。