※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テレビモニター(TeleVisionMonitor)


果たす役割

テレビモニター映像信号を内部のブラウン管や液晶画面に表示、さらに内蔵のスピーカーから音を鳴らす機材の一つ。テレビの方が一般的(以下、テレビと記述)。入力方法はピンプラグを3つ(音声信号がモノラルの場合は2本)使って入力するのが一般的。他にもアンテナからのテレビ信号はVHF/UHF入力へ入力する事もある。最近のテレビはD端子など新たな入力端子を搭載したものもお目見えするようになった。標準でリモコンが付いてくるものが大半で、光信号によって遠くから操作する事も出来る。

テレビの種類

テレビには液晶テレビ、プラズマテレビといった種類があるがこれはブラウン管テレビよりも電力消費が低く節電できたり高画質で映像を楽しむ事が出来るように工夫されたテレビである。詳しい説明はここでは割愛させていただく。

[参考]映像信号形式の種類

映像信号形式には大きく分けて3つの種類がある。アメリカが開発したNTSC形式とドイツが開発したPAL形式、フランスが開発したSECAMがある。日本の映像信号形式はアメリカのNTSC形式である。NTSC形式は電波に乗せた際に電波障害が発生しやすい構造。実際問題PALのみという国は少なく、PALとSECAMどちらかという国もある。

種類 採用している国例
NTSC 米国、カナダ、韓国、日本、フィリピンミャンマー、南米の北部の国々
PALまたはSECAM フランスと東欧を除くヨーロッパ、中国、オーストラリア、エジプト、リビア
SECAMのみ フランス、東欧諸国、中央アフリカ

冷戦下では、鉄のカーテンの向こう側(西ヨーロッパ)で主に放送されているPAL方式のテレビ放送を、多くの東欧在住者はカラーでは見ることができなかった。

放送研究部での使われ方

番組発表会でスクリーンに映し出す前に映像を確認したり、分割機によって分割された複数の映像から選ぶ際に使われる。映像方式はNTSCのみであるからあまり気を使う事はないが、編集時の映像出力を選択する際はNTSCを選択する。