※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミキサー(役割)

オーディオミキサーを利用して音を混ぜる。機材に関する事柄はオーディオミキサー項目を参照のこと。

果たす役割

ミキサーさんは音源から出力された音響信号(マイク/ライン入力などの素材)のレベルバランス(音量や音質)を調整して混合し、必要であれば周波数補正や効果を付加してまとまった音響作品にする役職。舞台音響・放送・映画や録音スタジオなどで働く。アナウンサーの声のような不安定な音量を絶妙な音量で調整したり音源の音質調整をしたりなど経験が物をいう役職である。音が流れる図を頭に入れておかなければならない。

放送研究部での仕事

番組発表会で放送する音を調整する。また、事前録音ではバランスの取れた音を出力する。