※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FM担当

ミキサーやらせて誰か…てか定期的にFMでスタッフできたらADでもいい。


お楽しみに!!




同録

2008年FM同録データは旧技術局パソコンのマイコンピュータ→Dドライブ→FM同録データ→2008年FM→放送日時のフォルダ
より聞けます。自分のしゃべりを聞きたい人、当日FMを聞いてない人、もう一度FMを聞きたい人など是非是非聞いてください。

基本的には持ち帰り自由ですが○コニコ動画やY○UTUBE等にアップしないでください。
一応2008年春セメ分は編集が終わっているはずです。
2007年以前の同録に関しては…総務さんに聞いてみてください。

放送時間について

各日原則としてナビを含め1時間30分を目安として最大2時間とさせていただきます。
応募番組が2時間を越えた際は前週放送していない番組を優先し先着順とさせていただきます。



放送予定&応募締め切り


放送日時 締め切り 備考



締め切り

原則として放送する前の週の月曜日が締め切りです。それまでに応募用紙を提出してください。
番組応募はメールでも受け付けてます。アドレスは…のせないよ。


使用メディアについて

ipod等mp3プレイヤーを使用したい場合は事前にFM担当まで連絡を。
MDLP,CD-RWに関しては解禁しました。ただしMDLPに関しては音質の都合上おすすめできません。

CUEシートについて。

キャスターの交換等がありますので、 自分の番組終了2分前には曲に入れるようにしましょう。
他大さんが持ってることでおなじみCUEシートはこちら

収録番組について

提出形式はMD,mp3ファイル, CD とさせていただきます。

提出は放送週の月曜日です。完パケでお願いいたします。


配線技術/手順

定期放送においてはインピーダンス値が50Ωに整合された同軸ケーブルを用いて配線しておりますが電力が衰えない配線方法はこちらをご覧下さい。


使用FM波発振機(FMトランスミッター)について

放送に使用しているFMトランスミッター(電波の素)について軽く説明します。

製造会社 レディオテクニカ社
送信機名 ミニミニFMステレオトランスミッターTX1415H(特注)
発信方式 クリスタル発振式、PLL
空中線電力 0.001W以上0.01W未満
周波数 87.0MHz(固定)
入力方式 ステレオラインレベル
納入価格 2万円弱
可聴範囲 東海大学一円


TX1415H説明書
放送技術研究所のFMトランスミッターページに関連技術情報が載っています。


-
-
-