※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フェーダースタート端子

ミキサー側から音源をスタートする指令を送る端子。ラジオ業界ではこの端子が付いたオーディオミキサーを使うことが多い。

果たす役割

通常のミキサーを使って音源を再生する場合、音源再生機材の再生ボタンを押した後に手をミキサー卓に戻さなければならない為、操作が複雑になったり、複数の人間を使わないといけなかったりという問題が発生する。しかしこのフェーダースタート端子が音源再生機材とオーディオミキサーについているもの同士を接続することにより、ミキサーのフェーダー操作によって再生が始まる。Pioneer社からそのような端子の付いたものが発売されている。DJ用。

接続

主にD-Subの15ピンケーブルを用いることが多い。

普及具合

人件費を削減できたりコミュニケーションをとる必要が減るので様々な放送関係で利用される。特に多いのはFMラジオ関係。

放送研究部での使われ方

フェーダースタート端子を搭載した機材は存在するがこれを操作するミキサーを所有していない為、この機能を使用していない。