TOAのティアタンはメロンカワイイ SS > スレ9 > 短編

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

261

「嫌ぁ!!」
…又だ。あの戦いからもう2年が経とうというのに、彼女の脳裏にあの光景が広がる。崩壊していく大地、そして1人そこに残る彼…
以前に比べれば回数は減った。しかしそのことすら、彼との記憶を無くしていく自分への嫌悪に変わる。
体が震え、冷や汗が止まらない。このときばかりは、彼女の好きなかわいい物達も、何の役にも立ってくれない。それでも生きて行かなくてはいけない。
そんな時、彼女は胸のペンダントを抱き締める。何故ならそれは彼女の母の形見であると共に、彼が彼女に贈った唯一のプレゼントだから。
崩れ落ちた栄光の大地からは、彼の持ち物は1つも見つからなかった。もはやそのペンダントは、彼女の世界に唯一残された、記憶意外の彼の痕跡…。
彼は言った。必ず帰ると。だから待つ。いつまでも…そう決めた。
彼がいなくなってから、彼女は支えを失った。泣いてもいいと、言ってくれる人は誰もいない。彼女は大切な人達をその手に掛けた罪を、愛する人が消えていく事をどうにも出来なかった自分への嫌悪を、1人で背負って行かなくてはならない。
頭では分かっている。ただ、心が言うことを聞かない。どうしても彼に会いたい。きっと会ったら泣いてしまうだろう。でも彼が支えてくれる。明日は久し振りにみんなと会える。今年もタタル渓谷で彼を待とう。
「涙で腫れた顔じゃあなたに笑われるわね…ちゃんと明日は帰ってきなさいよ?ルーク…」
そして彼女は、支えを取り戻す…

354

「ふぅ…なんだか眠れないわ…何か飲み物でも飲もうかしら」
「あれは…ルーク!?こんな時間に何してるのかしら…」
「ルーク、あなたも眠れないの?」
「(ビクッ!)ティ、ティア!?どうしたんだお前、こんな時間に」
「ちょっと眠れないくて、何か飲み物でも飲もうと思って…あなた今何を隠したの?」
「な、何も隠してねぇよ!気のせいだ、気のせい」
「怪しいわね…見せなさい」
「イヤだ」
「見せなさいってば!」
「イヤだっての!」
「ならいいわ…」
「ホッ…」
「甘いわね。隙だらけよ…って何これ…飲み物?」
「終わった…」
「メロン&ミルク…メロン?(ブチッ)」
「…ルークゥ?これは何?」
「い、いや、それは…その…オレは悪くねぇ、だってカルピスが…カルピスが…」
「…フォーチュンアーク!!」
「ウギャ~!!!!!!」
「…ばか」

386

「うぅ、疲れた…アニスちゃんもう限界…」
「そうですわね…流石に私も疲れましたわ…」
「それじゃあちょっと休もうか」
「あらティア、見慣れない物を飲んでいらっしゃるのね」
「ほんとだー。ふむふむ…メロン&ミルク?」
「ケセドニアでたまたま見つけたのよ。小さい頃、兄さんがよく買ってきてくれた物なの…懐かしくてつい買ってしまったわ」
「ってことはティアは子どものときはそればっかり飲んでたの?」
「え、えぇ…私がもっと飲みたいって駄々をこねたら、次からは沢山買って来てくれたわ」
「…ということは、ガイ」
「…そういうことだな、ルーク」
「そういうことになりますねぇ…」
「あら、どういうことですの?」
「アレを飲んだらティアみたいになれるってことですよね、大佐?」
「さぁ、確証が持てませんので。そろそろいい加減にしないとティアが怒ってますよ」
「…もういいですっ!!」

408

スパの会員証をピオニー陛下から貰ったんで
ケテルブルクに数日滞在することになった。
スパで疲れを癒して、さぁ行こう!・・・と思ったら
俺が風邪を引いちまったみたいだ。情けねぇ・・・みんな、ごめん
ティア「ルークが風邪を引いたんですか?」
ジェイド「ええ、そうみたいですよ。今は部屋で寝込んでますが」
ガイ「あいつ、熱も出てるってのに、(俺は大丈夫だから行こうぜ!)なんて言い張るから
さっき、俺から治るまで寝てるよう説得してきたところだ」
ティア「もう・・・ドジね」
そしたらティアが見舞いに来てくれた。
心配してくれたみたいで、色々気遣ってくれた。
俺ティアに迷惑かけっぱなしだなぁ・・・
ジェイド「ティア、後でルークの見舞いに行ってあげたらどうですか?」
ティア「ええ・・・そうですね。そうします。」
ガイ「・・・あんたにしちゃ気が効くじゃないか、何か考えてるだろ?」
ジェイド「いやですねぇ♪私はただ純粋にあの二人を見守りたいだけですよぉ?」
ガイ「・・・まぁいいか」
ルークの部屋
ティア「ルーク?入るわよ?」
ルーク「ティアか?いいぜ、入れよ」
ティア「・・・顔色が悪いわね、大丈夫?」
ルーク「悪りぃな、迷惑かけちまって、少し寝れば治るだろうからさ、そんな心配すんなよ」
ティア「(なんとかは風邪引かないっていうけど・・・)」
ルーク「ん?今、なんか言ったか?」
ティア「い、いえ何も、それよりもお腹減ってない?」
ルーク「いや、別に・・・食欲ないし、」
ティア「駄目よ、ちゃんと食べないと、お粥作るからちょっと待ってて」
ティア「・・・どう?」 ルーク「・・・美味しい!」
ティア「そう?ありがとう・・・」
ティアの作ったお粥は本当に美味しかったよ、ありがとうティア
体も暖まったし、早く風邪治さなきゃ
そういえば、ティアが何か作ってるってアニスに聞いたけど・・・何してんだあいつ?
アニス「あ、ティア、ルークはどうだった?」
ティア「結構辛そうね・・・心配だわ・・・」
アニス「そりゃぁお姫様を守る騎士様が倒れれば心配にもなるよねぇ♪」
ティア「そ、そんなんじゃないわ!・・・もう」
アニス「ルークもこんな寒い街をいつもお腹出して歩いてれば風邪も引くっつーの!あれで寒くないのかなぁ?」
ティア「そういえば寒そうね・・・(・・・そうだわ!)アニス、編物出来るかしら?もしよければ私に教えてもらいたいんだけど」
アニス「ほえ?編物?ん~私は出来ないけどナタリアなら出来るんじゃないかなぁ・・・」
ティア「そう、ありがとう」
アニス「・・・はっは~ん♪」

732

 心なしか膨らんだ下腹にそっと手を当てると、小さくも力強い脈動が皮膚越しに伝わる気がした。
 命の手触り、と言えば大袈裟に聞こえるかも知れないが、そう表現する他にない。
 新しい生命。自分達が育んだ、愛情の結晶とも言うべき存在が今、ここにある。
 みるみる内に綻んでゆくルークの顔を、ティアもまた優しげな笑みで見下ろしている。
 言葉に出来ない感慨に浸るルークは、ティアがたしなめるまでその下腹を撫で続けた。



「なあ、もっと撫でても良いだろ?頼む、もう一回だけ!」
「駄目。あまり刺激を与えると、赤ちゃんがびっくりするでしょう」
「そこを何とか!」

 だが当初こそ可愛らしく思えた行為も、度が過ぎれば質の悪い悪戯でしかない。
 ティアが突然の不調を訴え、晴れて妊娠が発覚してからのルークは終始この調子なのだ。
 これには流石のティアも、少々辟易気味だった。

「あのねルーク、あなたは数ヶ月後にはお父さんになっているのよ?今からそんな態度でどうするの」
「だ、だってさ…こいつがいつ生まれるかと思うと、もう気が気じゃなくて」
「心配しなくてもまだまだ先よ。それより今日は陛下との会食にお呼ばれなのでしょう?早く用意を…」

765

「皆さん、夕食ができましたよ。」
眼鏡をかけた長髪の軍人――ジェイドが呼ぶ。
「おっ、メシができたのか!ってそれ…」
「しっかし旦那、その格好…」
 皆口々に、ジェイドの服装について質問をする。中には笑いを堪え切れず、げらげらと転げ回る者まで。
 それもそのはず。彼の出で立ちは、頭には白い三角巾。軍服の上にはレースのついたエプロン。極め付けに、片手にはぎんのおたま、片手にはキッチンミトンを装備していた。
「おや?私になにか不満でも?」
手際良く料理を並べつつ、何食わぬ顔で言い放つのだから恐い。
「そ、そんなことありませんわよ!?」
「大佐、なんでも…プッ…ありませんよ~…あはははは!」
慌てて取り繕う者。ついつい笑ってしまう者。そんなのも想定の範囲内という顔でニヤリと笑う。…不気味だ。
 そんな中、ひとりだけぶつぶつと何かを呟いている人物がいた。
「ティア、どうかしましたか?」
「…大…………かわい……」
「?」
なぜか皆、その声に聴覚を集中させた。これぐらいのシンクロがあれば、ネビリムだって楽勝だというくらいに。
「………大佐の服、かわいい」
大佐は想定の範囲外という顔を浮かべ、あとの4人は爆笑したという。

「皆のばか……」

787

透き通るような青い空。手入れの行き届いた草花。そんな、誰でも心が落ち着くような庭に、似付かわしくない音が聞こえる。
「ルーク、剣はこう使うのだ」
「はい、先生!」
ぶつかり合う剣と剣。師が弟子に訓練をしているようだった。

――~~~♪♪

突然、どこからともなく透き通るような、そして、深い闇が押し寄せるような歌声が聞こえてきた。
「裏切り者、ヴァンデスデルカ!覚悟!」
上空から何者かが飛び降り、ヴァンデスデルカ――先生を狙い攻撃を繰り出す。
「ティア!どうして…っ!?」
 そのやりとりを見ていたルークが叫ぶ。
「ラスボス前に【レンタルビューティー】をつけてたのに……ティアが水着でくると思ったのに……ッ!!」
 悲痛な叫び。残念ながら、今回は初期称号で始まる仕様だった。
「ルークのばかー!!」
ADスキルを引き継いだのが災いしたか、フォーチューン・アークにより、ルークは一人でタタル渓谷に飛ばされることになった。

その後、彼の姿を見た者は誰もいなかった。

870

ティア「ねぇルーク・・・そ、その・・・大事なお話があるんだけどいいかしら?」
ルーク「ん?ああ。どうしたんだよ急に」
ティア「あ・・・あのね?・・・子供・・・できちゃったみたい」
ルーク「マジか!?こんなに早いとは思ってなかったけど・・・やったなティア!」
ティア「ええ。(だってルーク・・・結婚してからはずっと避妊なしなんだもの)」
ルーク「俺も父親になるんだなー・・・すげぇ楽しみだよ!」
ティア「ふふ・・・そうね。はやく会いたいな」
ルーク「家族は多いほうが良いもんな。この子が生まれたらぜひ次も・・・」
ティア「もう、ばか・・・////でも私、ルークの子なら・・・何人でも産んであげる」
ルーク「ティア・・・大好きだ!」
ティア「ちょ、ルーク!夜まで待っ・・・んん・・っ・・・・・・」


これより先はあまりに無修正になりそうなので
このスレの空気を汚染しないようにエロは封印しておきます・・・

妊婦さんティア。苦手な方スルー推奨です
http://www.imgup.org/iup153936.jpg.html

910

 ――静寂。まるで全ての音が闇に飲み込まれたと錯覚してしまうほど。
月はなく、どんよりとした黒の塊が空を覆い尽くしていた。まるで、彼等の心を不安で満たすように…。
「ねぇ、ルーク。」
不安を振り払うように、ティアは問い掛けた。
だが返事はない。連日の疲れが蓄まっていたのだろう。いつの間にか、寝てしまったようだった。
そんな中、彼女だけは眠れずにいた。
「…みんな、眠ってしまったのね。」
そう呟き、周りを見渡した。両隣には女性陣が、向かいのベッドには男性陣が眠っている。
彼女はそれを確認し、皆を起こさないよう、そっと立ち上がった。
 ――眠れない。自分にとって大切な彼が消えてしまうと知ってから。
ふと気付けば彼のことを考える。次に、いなくなった後の自分のこと。
嫌。恐い。寂しい。辛い。そんな負の感情ばかりが押し寄せてくる。
気付けば彼女は、彼のベッドの横にいた。すやすやと寝息をたてる彼の寝顔を覗き込む。
「……あなたは、あなたよ」
彼と会ったばかりの頃を思い出す。あの頃の彼も、こんな寝顔だったっけ。
「私はずっと……あなたをみていたい…」
そう言って、無防備な彼の額にキスをした。