TOAのティアタンはメロンカワイイ SS > スレ7 > 711〜712

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガイ「おーいみんな。ちょっと集まってくれ。」  
アニス「なになにー?」  
ガイ「ナム孤島にあったドラゴンバスターからヒントを得て、作ってみたんだ。」  
ジェイド「ふむ、対戦格闘のようですね。」  
ガイ「決戦前の緊張をほぐすのにいいと思ってな。皆で対戦してみないか?」  
ティア「ちょっとガイ、今はそんな事してる場合じゃ・・・」  
ナタリア「いいですわね。やりましょう。」 ティア「ちょ、ちょっと!」  
ルーク「じゃあ、ミュウのご主人様権を賭けるってのはどうだ?」  
ティア「やりましょう。」  
アニス「はや!」  
  

1戦目 ガイVSナタリア  
ガイ「(開発したの俺だから、ある程度はわかってるんだよな・・・。手加減してあげるか。」  
ナタリア「ガイ、手加減は無用ですわ。」  
ガイ「い、いいのか?」  
ナタリア「ええ、私とてこれくらいの物はこなしてみせます。さ、始まりますわよ。」  
  
ドカバキゴス  
  
ナタリア「ま、負けましたわ・・・」  
ガイ「だから言ったじゃないか・・・」  
  

2戦目 アニスVSジェイド  
アニス「負けませんよ〜。」  
ジェイド「はいはい。ちゃっちゃとやりましょう。」  
  
ドカバキゴス  
アニス「ま、負けた・・・」  
ジェイド「なっていませんねぇアニス。いいですか?相手がダウンしているのに何もしないと言うのはいけません。戦況が五分に戻ってしまいます。そもそも中段技を下段ガードするなど」  
アニス「(ついていけない・・・)」  
  

3戦目 ルークVSティア  
ティア「(これで優勝すればミュウは私のもの・・・。そうすればあんなことやこんなことを・・・!)」  
ルーク「ティアが燃えてる・・・。」  
  
ドカバキゴス  
  
ルーク「まぁ、ドラゴンバスターで慣れちゃってたんだよな・・・」  
ティア「うう・・・ルークのばか・・・」  


準決勝 ガイVSジェイド(ルークはシード)  
ドカバキゴス  
  
ジェイド「まぁ、当然でしょう。」  
ガイ「俺が開発したのに俺より知り尽くしているなんて・・・」  


決勝 ルークVSジェイド  
ルーク「正直ミュウはどうでもいいんだが、負けるのはなんか腹立つんでな。ここは勝たせてもらうぜ。」  
ジェイド「それはこちらも同じですよルーク。さぁ、始めましょう。」  
  
ドカバキゴス  

ルーク「あ、あれ?なんだよ、手加減したのかよ。」  
ジェイド「ははは、負けてしまいましたね。(私が本気を出して負けてしまうとは・・・冗談ではない!)」  
ルーク「結局何も変わらなかったか・・・。ミュウの主人は俺」  
ティア「ちょっとまって。」  
ルーク「な、なんだよ・・・」  
ティア「明らかに初期でのレベルが違いすぎる。これでは不公平よ。練習期間を設けた後、再戦を要求するわ。」  
アニス「ちょ、ちょっとティア〜。主席総長を倒しにいかないと・・・」  
ジェイド「いいですねぇ、次はガルドも一緒に賭けてみま」  
アニス「やりましょう!」  
ガイ「はや!」  
  
何日かこの状態がループした後、噂が世間に広まりこのゲームは大流行。  
もちろん実力はルークたちが上なので、世界中のゲーマーから”六神将”と名付けられ、崇められたと言う。  
  
  
  
  
  
ヴァン「ルーク達はまだ来ないのか!!」