TOAのティアタンはメロンカワイイ SS > スレ7 > 894〜895

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あら?・・・ルーク。あなたの右腕、血が出てるわ」
  
ティアが指を差して、俺の右腕を指摘した。
先程の戦闘の時に怪我したもの。
かすめただけで、大した怪我ではない。
  
「へ、平気だよ!この程度かすり傷だって」
「だめよ、見せてみなさい」
  
俺の服に、ティアが手をかける。
じたばたと腕を上下に振りながら、それでも俺はティアの手を払えなかった。
  
ティアの柔らかい手のひらが俺の腕に触れる。
俺はひどく居心地が悪かった。
緊張のためか心臓の鼓動がやけにはっきり聞き取れて、煩い事この上ない。
いつから自分は彼女の事を、こんなにも意識するようになったのか?
自分の鼓動が彼女に聞こえてしまうのではないか?
そんな事を考えつつじっとティアの顔を凝視してみたが、真剣さしか伝わってこなかった。
優しくされると考えたくない事が頭に浮かぶんだ・・・
  
「・・・もう。ここ、切れてるじゃないの。たしかアブソーブゲートでもこんなことがあったわね」
  
あの時もそうだ。ひどく恥ずかしかった。
せっかくティアが気をかけてくれたのに、俺はそれを断わった。
今思えばダサい選択だ。結局俺は臆病なんだ。
  
ちょっと待っててとティアが立ち上がる。
  
「ちゃんと手当てしないと・・・」
「本当に平気だって。ツバかけとけば治るんだよ俺の場合」
「そんなことばかり言ってると、後に大変な事になるわよ。ほら、大人しく座って」
  
周りには仲間達が好奇の目で俺とティアを見ている。
ティアはそんな視線を無視して俺に気遣う。
俺は恥ずかしくてしようがない。ボロが出ないうちに、早くこの場を抜け出したい。
  
「・・・これで傷は塞がったはずよ」
  
治療を終えたティアがちょこんと隣りに座る。
手際よく布を取り出すと、塞がった箇所に残る血を拭ってくれた。
  
「どう?もう痛くない?」
「あ、ああ。ありがとな・・・」
  
ティアは丁寧に血を拭き取ると、俺の服を元通りにしてくれた。  


「すまねぇ・・・」
「また怪我したらわたしに言って?いつでも治してあげるから。みんな、待たせてしまってごめんなさい。さあ行きましょう」
好奇の目で見ていた外野達は、何だつまらないといった様子で俺を置いてさっさと歩きだす。
  
「ティア、俺たちも行こうぜ。置いてかれちまうよ」
「ええ・・・」
ティアの顔が急に沈んだ。この表情は過去に見たことある・・・とにかく悲しそうな顔だ。
そんな彼女が俺の腕をすっと撫でながら語りかけてきた。
  
「あなたの身体はね・・・あなただけのものじゃないわ」
「・・・?」
「・・・忘れたの?わたしを守ってくれるって言ったじゃない」
「そう・・・だな」
「少しはわたしを頼ってよ・・・」
「・・・ごめん」
「つまらない事で倒れたりしたら許さないんだから・・・」
  
俺の身体の事はジェイドとティアだけが知ってる。
『俺がティアを守る』つい口に出してしまった俺の言葉。いつかは消える存在なのに馬鹿な事を言ったと思う。
だけど後悔はしてない、なぜなら俺の本心だから。
  
どうしようもない馬鹿だった俺を、ティアはいつも見ていてくれた。
ティアがいてくれたから俺はここまで変われる事が出来たんだ。
卑屈な考えを止めるんじゃなかったのか?限られた時間を楽しく過ごすんじゃなかったのか?
ティアだって、いつも強い訳じゃない。
そんな彼女を不安にさせてどうする?
  
「こんな怪我したら、不安になっちゃうじゃない・・・」
「ごめん。ティアにそんな思いをさせちまって」
「もう、無理しないでね・・・」
「ああ。ほら、そんな顔してねーで早くいこうぜ!」
「え?ごめんなさい・・・」
「何でティアが謝るんだよ。つまんねー意地張ってた俺が悪いんだから気にすんなって!」
「ふふっ。そうね、ルークは素直じゃないものね」
「わ、笑うんじゃねぇよ・・・!とにかく行こうぜみんなが心配するよ」
  
ティアがにっこりと微笑む。よかった、いつもの彼女表情にもどってくれた。
さあ、もうすぐ最後の決戦だ。エルドランドにヴァン師匠はいる。
例えこの命と引き換えにしても師匠を止めるんだ。
そう、絶対に——————————
  
  
「ねえ。ルーク・・・。わたし———」
「ん?どうした?」
「・・・あのね。もし・・・もしもね、ルークの存在しない世界なんていらない・・・なんて言ったらあなたは怒る?」