TOAのティアタンはメロンカワイイ SS > スレ11 > 474

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

月光

暗闇が僅かにふるえる。
雨音のように、風のように、優しく耳をくすぐる。
水中から拾い上げられた石のように目がさめて、
滴る雫のように纏わりつく眠気を振り払い、彼は体をおこした。
耳をすませば懐かしい音色に心うばわれ、
一歩、また一歩、と鈴のような響きに歩みよった。
闇の中花咲き乱る、墓標のそばへ。
あと数歩の所で座った影がふりかえる。

「……ごめんなさい。起こしてしまったかしら」
「いや、いいんだ。それより続き詠ってくれよ」

無限鏡のように笑顔がうつる。
影は小さく肯いて、再び静かな旋律で部屋を満たした。

しばし経って、再び静寂が広がる。

「どうしてこんな時間に大譜歌を詠ってたんだ?」
「……言えないわ」
「……そっか。
 ティアは変わらないな」
「服のこと?」
「……本当に変わらないな」

二人、浮かぶ表情は笑顔のまま月を見上げる。

「……今って、すごく平和だよな」
「ええ……数年前の事を考えられないくらい平和ね」
「きっともう、戦争は起こらないだろうな」
「そうね。預言はもう詠まれないし、
 ピオニー殿下もナタリアも……戦争を起こすには優しすぎる。
 争いのない世界は存在し得ないけれど、
 治安も安定してきているし、きっとしばらくは平和なままだと思うわ」
「うん、それに……おれももう、消えないですむみたいだし」
 たった一言にぴくり、と肩が僅かに跳ねたのを彼は見逃さなかった。
「だからもう、弱くなってもいいんだぜ。
 なにかあってもおれが守るしさ。
 ――あ…いや、守らせてほしいな、なんて」
「ルーク……」
「っおれ、もう寝るよ。おやすみ」
慌てた様子で立ち上がるのを、ティアは服をつかんで制止した。
「――そうやってすぐ逃げる。あなたも変わらないわ。悪いクセが」
「う……ゴメン」
ティアが手を放すとルークはおとなしく座り直した。
「逃げるくらいなら言わないで」
「……ゴメン」
「あなた、一応もう成人なのよ。
 あんなこと言って逃げるなんて無責任じゃないかしら」
「……悪かったよ」
「そんなままじゃ守ってもらうなんて無理ね」
「……もう言わないよ」
「卑屈になるのもやめて頂戴」
散々に責められて、哀しげに俯いたルークの肩に優しく手が触れる。
覗き込むように見つめるのは笑顔。

「私、ずっとあなたを――」



  • いいんでんない? -- 瑠紅 (2006-10-14 13:07:17)
  • 続き読みたい~。 -- シン (2008-10-11 11:39:35)
  • いい・・・
    ぜひ続きを・・ -- 茶味 (2008-10-30 02:56:49)
  • ティアやっぱりいい娘だwww -- ゼウス (2011-01-12 00:43:32)
  • ヤバイ!萌え死ぬ・・・ぐはぁ! -- ナイト  (2011-04-07 17:10:28)
名前:
コメント: