TOAのティアタンはメロンカワイイ SS > スレ6 > 35-36

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アニス「賞金の為にも、ルーク頑張って〜v」
ジェイド「その応援はいかがなものでしょう」
ティア「あっ!危ない!」
ジェイド「おや、ルークが心配ですか?」
ティア「そ、そういうわけじゃ…」

アニス「ねぇ大佐」
ジェイド「どうしましたか?」
アニス「今回の相手、どいつもこいつも妙に強くない?ルークが押されてるよ?」
ジェイド「私もそれを考えていました。ルークの体調が悪いと言う事もなさそうですし……」
アニス「あああっ!ルークフラフラだよぅ…賞金が…」
ティア「そこまでよ…(ボソ)」
ジェイド「アニス、最後の一言が無ければ美しい友情でしたね。ティア、OVLは他所でしてください」
ティア「あのゴーレムにフォーチュン・アークかましてきます」
ジェイド「残念ですが、今は1週目です。イノセント・シャインで我慢しなさい」
アニス「大佐、結局使用許可するんですか?」
ジェイド「やはりアニスではツッコミが弱いですね」


ガイ「ってことがあってさぁ…」
ルーク「なるほど、待合室でガイがぶっ倒れてたのはそういう訳か」
ジェイド「いやいや、我々は彼女を必死で抑えようとしましたよ?」
ガイ「嘘つけ!」
ルーク「でもさぁ……俺のことそこまで心配してくれたと思うと、なんか嬉しいな」
ジェイド「恋は盲目ですね」
ガイ「だな」




後日

ルーク「調子に乗るなぁ!」
ジェイド「ハハハハハ、ロスト・フォン・ドライブは無理ですが、レイディアント・ハウルはお好きにどうぞ」
ガイ「煽るな!止めてくれ!ジェイド!」

アニス「……大佐ぁ、前回はうっかりだったとしても、今回はわざとでしょ」
ジェイド「はて、なんのことやら」
アニス「設定いじってハードにしたくせに」
ジェイド「年寄りの遊び心ですよ」
アニス「まぁ、面白いからいいっか。」




名前:
コメント: