TOAのティアタンはメロンカワイイ SS > スレ12 > 827-831

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ティアのばれんたいん。

あたたかな日差しの午後のひととき
3人の女性達がお茶を楽しんでいた。

アニス「なんかさー、やっぱりこの時期になると周りがさわがしいよね」
ナタリア「そうですわね。ですが少々男性の方がさわがしく思えますわ」
ティア「え…騒がしいって…何かあったかしら?」
アニス「ティアわかんないの?アレだよあの日~バレンタイン!」
ティア「あ、あぁ…バレンタインね…そういえばそうだったわ」
アニス「しっかりしてよねー。で、誰にあげるの~か~なぁ~?」
ティア「そ、そんな顔でみないでよ…。誰にもあげる気はないわ」
ナタリア「ルークにはあげませんの?」
ティア「別に…」
アニス「えー、おかしい、絶ッ対おかしいっ!」
ティア「あげても彼が迷惑だと思うわ」
アニス「でもぉ、人にあげたことはあるんでしょぉ?」
ティア「そ、そりゃあ…まぁ…兄さんにだけど…。」
アニス「総長がティアにチョコをもらう…想像できるよーなできないよーな…」
ナタリア「わたくしはさしあげたことありませんわ」
アニス「ナタリアだもんねー」
ティア「ナタリアだからでしょう?」
ナタリア「確かに差し上げるということはあまりできませんわね…立場的に」
ティア「あ…私ちょっとトイレに行ってくるわ」

と一言いい、そそくさと席をたち化粧室へ向かうティア

アニス「むふふ…(ピキーン」
ナタリア「アニス…どうしましたの?」
アニス「これティアのバッグだよね~」
ナタリア「そうですわね…ティアが持ち歩いてるとはめずらしいですわね」
アニス「えいっ」


ずぼっと、手をバッグの中に入れるアニス

ナタリア「アニス!そんなことをしてはいけませんわ!」
アニス「いいのいいの。ん?これは…」
ナタリア「何かのレシピのようですわね…これは…”生ちょこ”と書いてありますわ」

タイミングが良いのか悪いのか、ちょうどティアが戻り、2人とアニスの手が掴んでいるものをみて表情が一変してしまった。

ティア「あ、あ…あ…ア~ニ~スぅ~っ!!!」

顔を赤らめながら怒るティアと言い返すアニス

アニス「へへー☆やっぱりチョコあげるんだぁ~?」
ティア「べっ別にそんなんじゃっ!!ただ生チョコは作ったことがないからレシピを貰っただけでっ」
ナタリア「あら…?これはリボンですわね…ピンク色の」
ティア「それは…っ!!!」

明らかに顔が変わっているティアを2人は面白がり、さらに攻める


アニス「この時期にチョコのレシピ持ってるんじゃぁね~」
ナタリア「確信犯ですわね」
ティア「違うの!これはただ材料を買ったついでに…」
アニス「材料も買ったんだねー、じゃああとは作って渡すだけだね♪」
ティア「そ、それはっ…その…あの…だから…ぇっと…えー…」
アニス「渡すんでしょ?」
ナタリア「渡しますのね?」
ティア「あ、あの…うん…(////」
アニス「最初から正直に言えば、こんなに真っ赤になることなかったのにぃ~♪」
ナタリア「ではアニス、私たちでティアがチョコを渡すまでを見守る事にしましょう」
ティア「えっ!?」

まぁまぁ、と言いながらアニスはティアの背中を押す

ティア「わ、私は一人でだいじょう…だ、大丈夫だってばっ…あ~ん、もう!」

ーバレンタイン当日ー

アニス「そろそろルークがここにくるはずだよぉ、ティア、準備はいいっ?」
ティア「え、えぇ…」
ナタリア「来ましたわよ、ほら…」
アニス「いけいけー!」

なにやってるんだろう、私…。とも思いながら、ルークめがけてかけていく

ルーク「ん?ティアじゃんか。どうした?こんなところで」
ティア「そ、その…これ…よかったら…」
ルーク「まさか…俺にくれるのか?」

無言で顔を赤らめながら小さくティアは頷いた

ルーク「あ、ありがとう…嬉しいよ」
ティア「ルーク…」


アニス「よしよし、うまくいった」
ナタリア「ほっとしましたわ」
ジェイド「コホン。ご両人、覗き見はいけませんねぇ」
アニス「あ、大佐ぁ~なんでこんなところうろうろしてるんですかぁ?」
ジェイド「私はもう用事は終わりましたから、ガイと一緒に歩いていたのですよ」
ガイ「まぁそんなところだ。あそこにいてもちょっと落ち着かなくてな…」
ナタリア「女性恐怖症ですものね。それとガイ、後で私の部屋にきてくださって」
ガイ「あ、あぁ…いいが…」
ナタリア「渡したいものがありますの」
ガイ「…ナタリア…」
アニス「ひゅーひゅー、こっちもこっちでアツイねぇ」
ジェイド「まったく、こっぱずかしいですねぇ」
ルーク「あぁっ!みんな、ここでなにしてんだよ!」
ジェイド「おや、みつかってしまいましたね」
ティア「大佐!そ、それにガイまで…まさか、見てたんじゃ…」
ジェイド「いいえ、別にティアが赤くなりながら走ってルークに近づいたところなんてみてませんよ」
ティア「た、大佐…うぅ…」
アニス「まぁいいじゃん。久しぶりに全員集まったんだし、ちょっと遊びにいこうよ~」

ジェイド「えぇ、賛成です」

ガイ「俺も賛成だな」

ティア「チョコ…」

ルーク「そうだな、行くか」

ナタリア「ええ、おともさせていただきますわ」

来年こそは一人で、と誰かが心のうちで思った



名前:
コメント: