TOAのティアタンはメロンカワイイ SS > スレ13 > 31

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

沈んで行く太陽が辺りを染める頃、彼女は部屋へ辿り着いた。
「…ふぅ」
ベッドに座り、ぼんやりと外を眺める。一日の仕事を終えた心地よい疲労感が、体を包む。
窓から見える景色…黄金に輝くセレニアの花々…その輝きが、あの日を思い出させる。あの日も、こんな夕焼け空だった。
「あれから、もう一年経つのね…」
長かった…一人の時間は、彼女に嫌でも自分の弱さを思い知らせる。大事な人を殺めた罪と、向かい合わなくてはならない。
泣きたい…でも泣かない。泣いてはならないと、教えられてきたから。
彼女は気付いていた。泣かないのではない。泣けないのだ。一度折れてしまったら、支えなしでは立てないから…
「ねぇ、貴方に話したい事が、沢山あるわ…だから…」
だから、早く帰って来て欲しい。背中を、押して欲しい。生きる事に疲れた自分の、生きる目的になって欲しい。
「ねぇ、ルー…」
言いかけて止めた。口に出したら、泣いてしまうから。溢れる感情を無理に押し込んで、立ち上がる。今はまだ、泣いてはいけない。
「約束する。必ず帰るよ」
「…そうよね」
聞こえたのは、彼の声…見えたのは、あの笑顔…
「約束、したもの。それに…」
彼は、自分の中に確かに居る。彼と過ごした日々が、自分に生きる力を与えてくれる。だから今は、それでいい…
「ずっと、ずっと待ってるから…」
まだ、笑える。まだ、待っていられる。明日からも、頑張っていける。そう、思った。



名前:
コメント: