TOAのティアタンはメロンカワイイ SS > スレ15 > 254-259

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それは、ある日の話・・


「ねぇ~、ねぇ~☆もうすぐ『あの日』だねっ♪」
「はぁ?何が?」
「もぅっ!ルークってば‥チョコレートあげたでしょ!!(義理だけど)‥ねっ?ティア」
「アニス、そういう事は強要しないものよ」
「そうですわ。はしたないですわよ!」

もうすぐ『ホワイトデー』である

「だってぇ~‥あっ、ガイはくれるよねっ?『お返し』」
「ん?まぁ‥一応な」
「うん♪うん‥それじゃぁ、大佐はぁ?」
「もちろん用意してありますよ」
「きゃわ~ん☆本当ですかぁ」
「もちろんです。それは、それは、すばらし~ぃ物をね」

妖しい笑みを見せる

「は、はぅぁ~‥アニスちゃん、いらなぁぃ‥」
「わ、私も遠慮しておきますね」
「もちろん、私もですわ‥」

氷つく3人

「‥で?アニスは一体何がほしいんだよ」
「そんなの決まってるじゃない!『現金♪』…ふごぉっ…痛ったぁ~ぃ!ルークがぶったぁ~!!」
「あほらし‥俺、もう行くから!」

そう言って、その場を去って行く

「まったく‥アニスにも困ったものね」
「何よ~!そんな事言っちゃってさぁ‥ティアだって、本当は期待してるくせに」
「Σど、どうして私がっ!」

どうやら図星のようだ

「そう言えば、ティアのチョコ‥一つだけラッピングが違っていましたものね」
「気合い入ってたよな~」
「あれは明らかに差別でしたね」
「///き、気のせいじゃないかしら‥?」

声が裏返っている

「ルーク、何くれるんだろぅねぇ~☆」
「楽しみですわね?ティア」
「だ、だから、違うんだってばぁ~!!‥もぅ‥///」


その頃、ルークはというと・・


「『ホワイトデー』かぁ‥すっかり忘れてたなぁ」

何やら考え込んでいる様子

「でも、何をやればいいんだ‥?ん~??‥そういえばティアのやつ、ああ見えて可愛いい物に目がないんだよなぁ‥‥そうだ!『ミュウ』でもやるか!!」

どうやら、他2名は眼中にないようである

「‥いや、待て待て!そんな事したら軽蔑されちまう‥いや、ひょっとしたら喜ぶかも‥」

独り言が多い

「とにかく、何か探しに行ってみるか」

そう言うと、街の方へくりだして行った


そして、3月14日


「はぁ‥結局何も見付からなかった‥」
「あのなぁ、ルーク‥別に何でもいいんだよ!『気持ち』さえ込もっていれば」
「そうだよっ!大事なのは『お金♪』…ふぐぉっ…うわぁ~ん!ルークがまたぶったぁ~!!」
「‥指輪なんてよろしいんではなくて?」
「そういう物は、たいして好きでもない人から貰っても迷惑なだけですからねぇ」

ジェイドが茶茶をいれる

「‥それ、どういう意味だよ‥」
「そういう意味です!」
「ま、まぁ、まだ時間もあるし、何か探してこいよ」
「そうだな‥んじゃぁ、ちょっと行ってくるか」
「アニスちゃん、なるべく高価な物が欲しいなぁ☆」
「‥あほかっ!!」


そして夕方・・


「ねぇ‥ルーク知らない?」
「おっ!ティアってば☆やっぱり気になるんだぁ~♪」
「///そ、そうじゃなくって!朝から姿が見えないから‥」

明らかに動揺している

「ルークなら、商店街の方へ行きましたよ。どうしても欲しい物があるそうです」
「朝からずっとですか?何やってるのかしら‥もぅ‥」
「きっと、それほど真剣に選んでいるという事ですわ」
「そうだティア、迎えに行ってやったらどうだ?」

ガイが提案する

「わ、私が?」
「それがいいですわ。私達は先に宿の方へ行っておきますから」
「ルークに、アニスちゃんがよろしく言ってたって伝えておいてねっ☆」

しつこい

「‥何か変ね。みんな私に隠し事してない?」
「そ、そんな事はないですわよ!」
「そうですよ。誰も、ルークがあなたのために『ホワ‥」
「ティ、ティア、早く迎えに行ってやれよ」
「?え、ええ」


一方、ルークはというと・・


「‥結局、何も買えなかった‥どうしよぅ‥」

まだ悩んでいるようである

「‥ったく‥何をやればいいんだっつぅの!!」


と、ルークが叫んでいる時、後ろから呼ぶ声が聞こえる


「ルーク~!‥‥もぅ、探したわよっ!こんな時間まで何してたの?」
「ティア‥」
「どうしたの?みんな宿の方で待ってるわ。帰りましょう」

そう言って、歩き出そうとしたその時
「ティア!ごめん!!」
「ル、ルーク‥どうしたの?突然‥」
「ほ、ほら‥今日は『ホワイトデー』だろ?なのに俺、何も渡す物がないから‥」
「‥ばかね。そんなの別に構わないのに‥」

ティアは苦笑いする

「なっ///‥『ばか』って何だよ!俺、こう見えても一生懸命探して‥」
「えっ‥?もしかして‥欲しい物って‥‥私のために‥?」
「///ほ、ほら‥ティアは手作りのチョコくれただろ?だから俺も‥ちゃんと気持ちが込もった物返したくて‥」

ルークの顔が赤くなっていく

「でも、何をやればいいかわかんなくてさ‥結局‥」
「ルーク‥‥ありがとぅ。私、こんなに素敵なお返しを貰えるなんて思ってなかった‥」
「へっ?や、だから、俺何も渡す物が‥」
「うぅん‥あなたはくれたわ。『気持ち』と『言葉』を‥私のこと、真剣に考えてくれてたんだってわかったから‥それに、さっき言ってくれた台詞‥すごくうれしかった」

ティアは微笑む

「///や、う、うん。でも、『ホワイトデー』だしさっ、やっぱり‥‥そうだティア、何か選んでくれよ!」
「ルーク、本当にいいの。その気持ちだけで十分よ‥」
「俺がよくねぇのっ!」
「‥もぅ‥それじゃぁ………あっ!あそこに‥」

街の片隅にある小さな露店が目に入る

「ねぇ、ルーク‥私、これがいいなぁ」
「えっ、でもそれって‥『指輪』だろ?」
「そうだけど‥ダメ‥?」
「///や、ダメじゃない!全っ然ダメじゃないからっ!!」

ティアは、ガラスの指輪をそっと手に取る

「私ね‥この赤いのがいいな‥」
「あっ、でもさ‥ティアなら、こっちの青い方がいいんじゃないか?ほら、瞳の色と一緒だし」
「うぅん‥私、『赤』がいいの。だって‥(あなたの‥色だから‥)」


その日は彼女にとって忘れられない一日になった‥





「‥って言うか、アニスちゃんの存在忘れてるし!!」
「では、私からこれを!」
「きゃわ~ん!ありがとぅございますぅ、大佐☆…『ごくごく』…って‥こ、これ、一体何なんですかぁ!?」
「さぁ?何でしょう」
「は、はぅぁ…意識が……」

      ・
      ・
      ・

「あれ‥アニス、もう寝てるのか?」
「‥みたいね。いつもは遅いのに」
「まぁ、たまにはいいんじゃね?起きてるとうるさいし」
「そうね。起こさないように静かにしていましょう」


ティアの薬指には、さっきの指輪がはめられていた‥


      〈完〉




「・・じゃなぁ~い!!アニスちゃんを忘れないで~!!!」
「!?うっわっ‥び、びっくりしたぁ~!!」
「どうしたのアニス?いきなり叫んだりして‥」
「あっ!聞いてよ2人とも!!あの『鬼畜眼鏡』がっ‥ふごっ!うぐっ!!……………」
「ふぅ‥これで静かになりましたね」
「た、大佐…今何を飲ませたんですか…」
「お~いアニス~!生きてるかぁ~?」
「・・・」

返事はない


めでたし・・めでたし・・




「・・って、あほかぁ!!何がめでたいんじゃあ~!!!」
「…アニス、しつこい」
「やろぉ!てめぇ!!ぶっ殺す!!!」
「‥アニス、うるさい」
「もぅ!2人とも静かにしなさい!!」
「まぁまぁ、ティアもこれでも飲んで落ち着いて下さい」
「あっ、すみません大佐…『ごくごく』……って、こ、これは…まさか!?…………………」



その日は確かに彼女にとって、忘れたくても忘れられない日になったのであった‥