TOAのティアタンはメロンカワイイ SS > スレ8 > 748-752

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ティアは何十回目となる寝返りをうった。
時刻は真夜中。

「・・・寝むれない」
する事もなく早くベッドに入ったはずなのに、まったく寝付けない。少しでも睡眠をとらないと身体がもたないのに。
多少無理矢理にでも睡眠をとろうとしているせいか、身体が受け付けてくれない。
気を紛らわそうと水を飲んだりしているのだが、いまだ睡魔は襲ってきてくれない。
もう何百匹のぶうさぎを数えたのだろうか。それでもちっとも効いてこない。おまけに寝返りのせいで身体が痛い。
「・・・はぁ」
寝れない理由は分かってる。ルークが帰ってこないから。5日ほど前から遠い海の向こう、バチカルにいる。
彼がバチカルへと出かけていってから、自分はまともに睡眠をとっていない状況。
(・・・大丈夫かな・・・ちゃんとご飯食べてるかな)
こんな心配などいらないはずなのに頭の中でループする。

いままでこんなことはなかった。でも、ルークが帰ってきてからは心配性になったような気がする。
心配でしょうがない。でも何故だろう?
ルークはちゃんと約束を守って帰ってきてくれたのに・・・

ねぇ、いまどこなの?

肉体的にも、精神的にも疲れてきた。
何故ルークは帰ってこないのか。帰る約束は今日のはず、私をほったらかしにして何をしているの?
はっきりいってこんな自分は我侭だろう。

うとうとしてもすぐに目が覚めてしまう。ろくに睡眠が取れていないせいか目の下にはクマができているし、食欲もない。
ストレスも溜まってるにちがいない。
「ルークのばか・・・」

早く帰ってきて。
心配ばかりかけさせないで。
声を聞かせて。
私の側にいてよ・・・

ごろりと寝返りをうった。
(・・・私何でこんなに不安になっているのかしら?)
ルークが帰ってくるまでの3年間、私は耐えてきたじゃない。
切なさや寂しさで押しつぶされそうになった時もあったけど、いつも彼を信じて待っていたはず。
そんな彼が無事に帰ってきてくれて本当に嬉しかった。こんな私が涙まで流していた。
今の生活は十分すぎるほど幸せで、何も不満なんてないはず・・・。
ただルークの帰りを待つだけなのに、何を不安になっているの?
(甘えてるのかな・・・)

そう思いティアは再び寝返りをうった。

「・・・ルーク」
また満足な睡眠がとれなそうだ。食事もろくにとっていない、すでに体重も減ってきている。

早く帰ってきてよ・・・
なんで帰ってこないのよ・・・

ルークの存在がここまで影響を与えるとは思いもしなかった。
こんなに弱かっただろうか・・・?
アニスがいたら、こんな私をきっとばかにするだろう。

早く会いたくてしょうがない。
会って、抱きしめて、そして――…

それでもその願いが叶うのはいつなんだろう・・・

眠れない時間は続く。
睡魔が訪れるような気配はない。

「るーくぅ・・・」

ねえ、いつ帰ってくるの?
このままじゃわたし――死んじゃうかもしれないよ?

少し大袈裟かもしれない――
でもこのままじゃいずれおかしくなる。

そう思っても、ルークは遠い海の向こうにいる。こんなことを考えているなんて思いもしないだろう。
「・・・ばか」

もう許さないんだから・・・


ガタッ

その音にすぐ気がつき、ティアはゆっくりとベットの上から身を起こして玄関に向かった。

真夜中、こんな時間勝手に家に入れるのは一人のみ。
私の場合――そう、彼しかいない。

期待を胸に階段を下りると、やはり彼が立っていた。

「・・・遅いわ」
「すまない」
彼――ルークは申し訳なさそうに返事をしてきた。
「色々あってな。ごめん、連絡もしないで」

帰ってきた。
私の前に帰ってきた・・・

「・・・お帰り」
「ああ・・・ただいま」
「・・・なに?」
「顔色が悪いな」
すぐに体調を指摘された。
「ティア。もう寝たらどうだ?俺の事は気にしないでいい、平気…」

ティアはルークに抱きついた。
ぎゅうっと腕に力を込めるが、その力もか細く弱い。
「ティア?」
「・・・ルークのせいだからね・・・寝れないの・・・」
「え?」
「ルークのせい・・・不安だったのよ。あなたが帰ってきてからこれが始めてじゃない。私が一人で待っている事は。
 またあなたがいなくなったらって考えたら、不安でたまらないの・・・」
「そうか・・・」
「眠れなかったんだから・・・どうしてくれるの。謝っても許してあげないんだから・・・」

こんな意地悪な事を言うなんてどうかしてる。
あまりにも我侭な自分。寝不足で苛々しているせいだろうか。

「・・・すまない、心配をかけて」
「・・・」
「俺にできることがあるのなら言ってくれ。なんでもする・・・」

      • なんでもする? 

「・・・一緒に寝て」
「このままか?」
「うん」
「風呂に入ってないぞ?」
「いい・・だからお願い・・・」

わたしのそばにいて。

ティアはルークにしがみついた状態でベットに横になる。
「この体勢で大丈夫か?」
「うん・・・大丈夫」

ティアはルークの胸の上に頭を置く。すると心臓の音が聞こえ、心地よい振動が伝わってきた。
「もう眠れそうか?」
「うん・・・」
ゆっくりと睡魔が訪れてくるのがわかる。待ちわびていた感覚。彼に会ったことでようやく感じられた。
「ねえ・・・私が起きたときちゃんといてよ?」

心臓の音が私を起こしてくれる?

「ああ」
「どこか行っちゃったりしたら・・・許さないんだから」

目を覚ましたとき、一番に見るのはルークの顔がいい。

「安心して眠れよ。俺はちゃんとここにいる」
「ふふ・・・」
「今のティアは甘えん坊だな・・・。昔のお前だったら考えられないよ」

私が甘えてる?

――そうかもしれない。
ルークは帰ってきてから雰囲気が変わった。どこか落ち着いた印象を漂わせている。
7歳だった子供が、大人になったのだ。

今は人に頼らず何でもこなすルーク。昔と比べ、私にあまり頼ってはくれない。どこか寂しい・・・
だから甘えたくなる。

「別にいいでしょ・・・私だって甘えたりするわよ・・・」
「悪いだなんて言ってないだろ?甘えてるティアは可愛いぞ」
ルークはティアの頭を撫でながら語る。
「おやすみ、ティア」
「うん・・・おやすみ・・・」





  • ああ・・・なんかいい・・・ -- 名無しさん (2006-07-02 02:39:42)
  • うん・・ほんとGJ! -- 名無しさん (2006-08-05 23:44:07)
  • 神が降臨なされた・・・ -- 名無しさん (2006-08-09 11:06:41)
  • こんな二人がとても私の理想でした!
    いいです。 -- 瑠紅 (2006-09-17 13:53:15)
  • あはははははははははははは
    -- kintos (2008-10-06 14:36:10)
  • ティアならそれぐらい言ってもいいと思う
    -- 茶味 (2008-10-26 21:05:16)
  • ティア可愛い。 -- 無季 (2011-07-25 22:35:49)
名前:
コメント: