TOAのティアタンはメロンカワイイ SS > スレ10 > 794,813

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここはバチカルの屋敷、今日も外では小鳥がさえずり、雲1つない晴天だ、さぁ!今日もがんば・・・
ルーク「やめよう・・・俺らしくない」
と大きなため息を1つ吐き、日記を書く手を止める
自分がいつか消える・・・レムの塔での瘴気中和を成功させ、喜びもつかぬま
音素の乖離がはじまっている、近いうちに消える・・・死ぬと宣告され、底知れぬ恐怖が彼を包んでいた、
変な心配をかけられたくない・・・仲間には話さないつもりでいたが、ジェイドはともかく、隣にいるブタザ・・・ミュウのこともあり、一番知られたくなかった人には知られてしまった。
でも・・・後悔したくない、残りの時間は少ないけど、今しかないんだったら ・・・
今を精一杯いきようと決意する、その彼に迷いはもはや見られない
ルーク「いつも通りでいいんだよな・・・うん」
と手に持っているペンを進める、
今・・・凄い幸せだ、皆がいて、俺は俺だってようやく分かって、
俺は消えるかもしれない、それで皆を悲しませることにはなると思うけど・・・
俺は後悔しない、 皆と最後まで旅が出来て幸せだったから・・・
出来たら・・・俺は・・・そしてティアに・・・
ティア「ルーク?入るわよ?」
ルーク「お、おわぁっ!」
彼女が部屋のドアをノックすると同時に日記を途中で放り出し、勢い良くノートを閉じて
変に顔を赤くしながら彼女を部屋に迎え入れる
ティア「・・・どうしたの?顔が赤いけど・・・何処か苦しいの?」
ルーク「な、なんでもないよ!・・・そ、それよりお前こそどうしたんだよ?」
ティア「・・・良かった、私はあなたのことが気になったから見にきただけ、それだけよ」
彼女は、ルークが今どういう状況に置かれているかを理解しながらも
変に同情したりせずいつも通りに傍にいて優しく見守ってくれる
それが自分にとっては今、一番幸せなときだ
      • 二人の間に長い沈黙が続く
ティア「・・・ねぇルーク、聞いてもいい?」
ルーク「ん?なんだよ?」
ティア「あなたは・・・この戦いが終わったらどうするの?」
ルーク「・・・!」
彼女は分かっている、ルークが消えるということを・・・
だが彼女はそれを認めなかった。認めたくなかった。
だから、こんな質問を彼にする、消えるだなんて思いたくないから
ルーク「・・・考えたこともないや・・・でも、出来たら今までと同じように暮らしたいな、大切な人と一緒に・・・」
彼の頬をたどって大きな輝きが落ちる、それがどんな意味を持っているのかは彼にしかわからない
、彼は私を助けてくれた。だから私も彼を助けてあげたい、でも・・・どうすることもできない
胸が痛むのを感じつつも、彼女はルークの答えに対し何もいえなかった。
ルーク「でも・・・それも、出来ないよな・・・後で後悔しないように今、言うよ
今までありがとう・・・ティア」
ティア「やめて!・・・そんなこと、言わないで・・・」
ルーク「ごめん・・・」
ティア「・・・・・・ばか」
そして。時は流れ、決戦の時・・・かつては師匠と崇め心の在りどころであった者
自らの理想を信じ、最後まで己が信念を貫き通したヴァンを討つ
      • これで!終わりだぁっ!
ローレライの解放、おそらくこれを行うことにより自分の体は消えるだろう
皆、今までありがとう・・・さようなら
ティア「必ずかえってきて!必ず、必ずよ!待ってるから・・・ずっと、ずっと!」
ごめんな・・・ティア、約束・・・
でも俺はあの時、生きたいと願った・・・誰よりも強く、心の底から・・・
だから・・・!




3年後

ルーク「約束・・・してくれただろ?・・・ティア」
ティア「・・・おかえりなさい、ルーク」




  • 愛!!
    -- 瑠紅 (2006-09-17 15:16:02)
  • これEDとその少し前のことじゃん。
    続き読みたい。 -- シン (2008-10-10 23:41:23)
名前:
コメント: