障害者に関わる教育事情

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

障害者とは。

1981年という年は,国際連合総会の決議によって国際障害者年(International Year of Disabled Persons,略してIYDP)として定められた。

この中で障害について,以下のような段階を定義している。

イムペアメント(impairment)…「損傷」,物理的な不都合,不具合の事。
ディスアビリティ(disability)…「障害」,その「損傷」が原因で心身のある機能が欠けていたり,劣る事。
ハンディキャップ(handicap)…「社会的阻害」,その「障害」が原因で,社会的な活動が妨げられる事。
例えば,疾病,事故を問わず,足の神経が働かない事(損傷)により,歩く事ができない(障害)という状態が起こる。
それにより,就職ができない(社会的阻害)という,影響が起こる。
こうして,障害は段階を追って,実現化し社会生活に影響を及ぼす。しかし,障害を持ちながら,社会的な影響が無い場合は充分考えられる。
損傷,障害は起こりうるが,社会的阻害は必要十分に起こりえない。
損傷,障害を持つものを取り巻く環境こそが,真の障害者を作るか作らないかを決定するのだと考える。

障害の分類

障害を分類する。

知的障害者と健常者の境はあるのか。

そもそも、知的障害者の定義を考える。発達の検査を数値化、基準と照らし合わせて判断するそうです。
(IQとか?)それが全てではないそうだ。
その結果、制度として障害者手帳の交付があり、それにより各種サービスを受ける事となる。

障害と健常を分けるべきかどうか、と指導主事は言ったが、その障害と健常の定義を明確してから、判断すべきではと考える。

課題:障害者(知的・精神・身体)の定義とは何か。
日本における障害者の捉えられ方はどうなのか。

特殊学級生徒との位置関係

他の生徒と同様に、その時その時によって位置は変わってくる。
例題として、二人一組になって、軍手をはめさせる。
どのようにしてはめさせることができるのか。
また、縄跳びを飛ばせる、盆踊りを躍らせる等。

一人一人に応じて。
そのために、場・時間の共有を持つこと。
ゴールを持つこと。

課題:特殊学級の設立の経緯
各校における特殊学級の位置関係

特学と普通学級

普通学級の子供が、特学の子供を、「6組の子」ではなく、「○○ちゃん」と呼んでいた。
脱・障害者観として、生徒同士が見られることはよいことではなく、当然の事だと考える。
そもそも、「特殊」学級と「普通」学級が二分化することが問題だと思う。

障害者と健常者ではなく、障害者とこれから障害を持つ可能性のある人という考えもある。
障害者を自分と比べて同じか違うかといえば、全てが障害者になる。
障害に対する正しい!知識・理解を持ち、正しい?判断・対応をすべきであろう。

また、2002年度より『個別支援学級』と名称を変更。
それなら、Lの生徒も対象になるのだろうか。

障害者理解の為に

障害者理解の為に、当事者の話を聞くことは良い体験となるだろう。
また、車椅子、点字、手話などを経験し、その知識と理解を持っていきたい。
決して、大変だとか、かわいそうとかを思われないように注意したい。
筆談やジェスチャーは、健常者にも経験があるだろうから。
また、「交流」「ふれあい」として人と接するのならば、
それらをその場だけのものとせず、継続して「出会い」から、「深め」て、いくべきであろう。

そのための知識・理解の為に研修を積んでいこう。また、障害者理解は人権理解にもつながる。

課題:障害者理解とは何か。

横浜市・学校の位置付け

現在,横浜市では(他自治体も?)『特殊学級』から『個別支援学級』と名称を変更。
但し,制度においての変更はなし。

永田は、生徒の保護者の意見を尊重するが、複数の保護者の意見が食い違えばどうなるのか。卒業アルバム、呼名など。

課題:特殊学級の理想的位置付けとは。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|