The Golden Lore 非公式コミュニティ 名簿:119069 カイネ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紅き翼を持つ者

ID 119069
名前 カイネ・アカキ
出身家 アカキ
年齢 21(+2)
性別
出身地 都会
前職 衛兵
理由 運命に導かれて
現在の状態 死亡
コメント -






双○で偶然知り作成。
アカキ(紅き)はお気に入り名、カイネ(戒音)は古い知人のお気に入り名で私がもお気に入りで貰い受けました。
画像は某MMOの時のMyキャラ使い回しです(名はakaki)

どう受け止めて良いやら…これは凹みますね。
クレアの扱いをどうしよう…。と言うかクレアが…

■所持・装備アイテム


所持アイテム(武器) 攻撃力 取得日 装備中
156 -
質の悪いクロスボウ 85 95年11月
出来の良い指輪(光の魔導器) 165 97年9月

所持アイテム(防具) 防御力 取得日 装備中
- - - -

■取得称号

取得日 称号 利用
95年9月 『駆け出し』
95年12月 『半人前』
96年3月 『槍術入門者』
96年7月 『一人前』
96年8月 『槍術初級者』
97年1月 『槍術中級者』
97年5月 『熟練』
97年9月 『槍術上級者』



■個人用雑談コーナー

  • メニューの「管理人に連絡」からお願いできますよん>復元 -- 名無しさん (2008-05-06 22:14:21)
  • ご丁寧にありがとうございます。>名無しさん。お願いしていないのに直ってました!管理人様!?ありがとー -- akaki (2008-05-07 00:09:35)
  • 気付いたら勝手に直してますので、気にされずとも大丈夫ですよ。
    一日でも長く生きられますよう、御武運をお祈り致します。 -- 管理人 (2008-05-07 19:42:02)
  • ありがとうございます、管理人様。いつの間にか妹のまで!…この世界の神様は凄いです、ママ(殴
    激励ありがとうございます、きっと頑張ってくれると思います。この子なら… -- akaki (2008-05-07 23:46:08)
名前:
コメント:


+時列
こっそり時の流れ

黄金暦95年 9月 はじめての冒険。重傷を負いながらもボスと戦闘、何とか生きてます。そして次はいきなりうさんくさい…
黄金暦95年 10月 案の定でした…罠の回避は仲間が槍の扱いにも慣れ致命傷を与えることもしばしば
しかしオーガゼリー2連戦で苦戦を強いられ行き止まりにも当たり
戻ってみると入り口の側に居たボス。
苦痛に歪む仲間の顔、通りにくい攻撃…いいえ、通るのですがそれがゾンビには致命傷にはなっていないのです。
目の前で崩れる仲間が…私の目を見つめる瞳、その直後…その敵に無心で槍で突撃していました
衛兵として訓練してきた私。でも…それは平和な世界での訓練。
仲間の死と自身の血、敵とは言え元人間だった相手の血で血塗れになった槍と服。これが現実なのだと認識するのは差ほど時間は掛からなかったと思います。そして次の依頼は…
黄金暦95年 11月 今回は楽でした、罠も仲間の人がまたまた回避…私にこの器用さがあれば、突撃バカ(涙)
初武器も貰えました、クロスボウ。クレアがそう言えば弓好きですが「ロングボウがいいんですよー」と言ってたのでこれじゃ駄目ですね。
次は噂の村の長…信頼度は高そうだから大丈夫でしょう。
黄金暦95年 12月 楽勝でしたね、寧ろ殆ど活躍出来なかったかも知れません
槍は高い攻撃力と柔軟性には優れてはいますが、大きい動作が多く速度が出せないので速攻戦ではどうしても一歩遅れがちに。
バックアップ要員と考えれば良いのですが槍はやはり大胆に動きたくなるので少し寂しいですね…でも皆無事に帰れたのですからOKでしょうか?次はまた村の長依頼だそうですし勝って兜の緒を締めないと…
妹もどうも似たような感じだったらしいので普段は誘われる側ですが、今日は私から食事にでも誘ってみましょうか(笑
黄金暦96年 1月 私も一直線でしたが妹も一直線、そして成功。
生き残れたのですから良いのですがやはりやるせなさが募りますね…次こそは頑張りたいですね。
それより妹の次の依頼が気がかりで…
黄金暦96年 2月 そこそこ活躍出来たでしょうか?財宝もそこそこ出てPTで分けれましたし、槍らしい戦闘も出来たと思います。
まぁ…少し贅沢を言えば、ちょっと前から戦闘らしい戦闘が出来てなかったので鬱憤がこれで晴らせたとは言い難いですが
そして今度の依頼も帰還後、早々決まっていました。
なるほど、最近妙にループしている感じがしますが、また人系怪物依頼でした。もっと活躍できるようもう少し素早さを上げたいところですね
黄金暦96年 3月 無難な戦闘…と言っては聞こえが悪いでしょうか?(基本時に私は戦闘訓練という概念で参加していますので)
そこそこ良い戦闘でそこそこのお宝、死人も出ずに無事帰還。上手く見つけた武器も良い相手に回って良かったと思います
ここの参加の絶対条件は自分で武器が購入できないと言う不思議なシステムなので、適正者に適正な武器が回るとそれだけで有利になりますからね
そして個人的に嬉しかったのが"槍術入門"の称号、妹も「"弓術入門"もらったーよー!」と喜んでいましたので、余計に嬉しいです(笑
少し妹も色々思い詰めてることもあったようですし祝杯と言うことで…
理由は何となくは分かっていましたので(以前同行者に死人が出たと噂を聞いたので)敢えて聞きませんでしたし、この事は昔からありますからね…彼女以外でも
元々ある溝を埋めるというのはお互いが理解して相互均衡をとらなければ(ある意味妥協とも言いましょうか)埋まらないものですし
私も理解してあげられてるのかと言えば…増長は禁物です
黄金暦96年 4月 …この依頼ってどう考えても、初めての冒険で利用するようなやつだと思うんですが…
難しい、あやふやな情報も色々心配ですが、もうちょっと何とかしたいけど…私の実力と実績が評価されてないんでしょうね。難しいです。
…?。分かりました、控えます(汗
黄金暦96年 5月 問題もなく無難に終わりました。ここで苦労してる訳にはいきませんしね?
武器も出てまた適正者にちゃんと行き渡ったようでこれも良かったと思います。欲を言えば…そろそろ私も長槍が欲しいところですが…
その前に、そろそろコブリンの依頼以外を頂きたく思いますが…贅沢は言えません。か。
黄金暦96年 6月 戦闘が多いと何かと経験を積むのには適してると思います。無論、それは敵の適正レベルが低ければ…ですが。
そう言う意味でも今回は良かったかと、当初は簡単すぎると考えていましたが
連戦すると色々苦労するものなのだと感じながら色々パターンを作って戦っていました
罠も回避出来ましたし(笑
報酬の少なさに苦い顔をしていた方もいましたが、それはそれとして経験を積むという課程としては十分ではないでしょうか?
そう言えば、とある方に「あなた、意外と術法適正あるかも?」とか言われました。自覚は無かったのですが、アイテムが出たら試してみましょうか…
黄金暦96年 7月 最近、罠の回避率が高いですね。と言っても今回は私は関係ないのですが
罠が苦手という点は未だに変わりはありませんが、罠によるダメージを受けずに戦闘にこぎ着けたなら戦闘にも有利ですし、何より当人たちの心構えも大きく違うもので
最近は戦闘回数をこなしても良い感じに戦闘出来ている感じがします。特に今回は拍子に乗った流れるような槍捌きを出せ敵を翻弄できているのが(要するに連続攻撃)私事ながら嬉しいですね。
ただ、この戦い方は見ている方、やっている方も気持ちが良いのですが
敵の取りこぼしが多いので結果トドメを刺していないとかある…と言うので良くないのでしょうね。簡単な依頼なら良いのですが、調子に乗って使わないようにしないと
妹がションボリして帰ってきましたね…まぁあのションボリ感なら大丈夫でしょう(笑
黄金暦96年 8月 強い敵に当たりそうな依頼は心配だし、かと言って簡単すぎる依頼はやはりマンネリ化してしまいかねない。
クレアも私もそもそもは戦闘経験を積むことが第一の考え方なので、現状のままでは少し困ったことになりかねないかも知れません
こんな愚痴をこぼしてるくらいです。結果はお察しの通りですね(苦笑)依頼内容で結果が分かるような依頼ばかりを得てくるような私のままではいけません。頑張らないと
と言うか今回は魔法使いの強さに驚きました、間合いを取った戦闘能力では弓に匹敵して、尚かつ術法による回復耐久力の高さはある意味弓を凌いでいるかも知れません
ただ術法属性というのが厄介そうですね、これの効果がはっきりし出したら魔法使いの評価も大きく変わるかも知れません
まぁ、取り敢えず二人無事だったし…
黄金暦96年 9月 二人揃って、とうとう1年目を迎えようかとしています。
幸い、死者を出す結果になってるのが極めて少なく(1名)失敗もないので、その点は良いのですが
評価が低い事を含めて、まだまだ満足いく結果を得られてはいないにもかかわらず時間だけは無情に過ぎてゆきます
焦っている訳ではないんですけど、二人とも長い時間ここで費やすわけにはいけませんから…
特に最近クレアの様子がおかしいですね、ホームシックというわけではないのでしょうが…合わないのかも知れません。色々と
私といるだけなら別に戦う必要はありませんが、それは何か違いますし。何れの結果を出すにも私は何も言うことは出来ません…どうするの?クレア?
黄金暦96年 10月 無事終了。まぁ未だに大鼠とか狼相手ですからね…余裕と言っては失礼かも知れませんが危機感は無しでしたね。
でも最近、罠を上手く回避しているとはいえ罠の回数がほんと増えた気がします、明日は村の長の依頼だそうですし…
どうも何か裏がある気がしてなりません。杞憂であれば良いのですが。
と言うか、え?何?どうしたの?クレア?
え?変わってないのは私自身だった…って。え?何で泣いてるの?えぇ?!…ちょっと!私のお酒飲んだの!?駄目じゃないの(汗
黄金暦96年 11月 最近、連戦が増えてきましたね。良い感じです。
やはり戦闘はこうでなくては、とは思いますね…問題はやはり初期敵ばかりな点ですが。それ故に連戦を普通にこなせてるんでしょうけど
相変わらず、罠も多いですし足下を掬われかねません。気を付けないと
さて、妹が槍を見つけてくれたそうなのですが…これが何と言いましょうか粗悪品も粗悪品のなまくら槍でして
命に関わる事ですし、嘘を吐くわけにもいかないので見た通りの回答をせざる終えず…
でも、あのションボリ感は…何か別の言いようがあったんじゃないかと後悔せざる終えません。ごめんね…
黄金暦96年 12月 クレアが引退を決意しました。あんな泣きじゃくったクレアを見たのはほんと久し振りですね…
何か張り詰めていた糸が急にプツリと途切れるように泣き崩れてしまいました
色々悔しい思いをしたでしょうし、様々な想いもあったのでしょう。私と戦えないと言う事も、申し訳ないと言うことも言っていましたが
それは誤魔化しとして聞いておきます。でないと…今まで戦ってきた彼女の姿勢が霞んでしまいますからね。
今はケロっとして元気なので、私も余計なことは聞くつもりはありませんし、無論彼女の考え方に何かを提示するつもりもありません。元気ならそれで良いですし。彼女なりの途を見付けたのでしょう
…ただ、問題は故郷に帰らないと言い出したことでしょうか
わ、私が料理下手とか言ってましたが…まぁ、その通りなんですが
いやいや、違うし!関係ないですし!
元々長居するつもりはありませんが。昔から良く存じてはおります…クレアの母親に叱責されそうな感じが。でも言い出したら聞かない子ですし(汗)
…それにもし、私に何かあったとき…その姿を見て欲しくない、第一報を彼女に聞いて欲しくない。と言う思いもあります
しかも、よりによって今度は村の長であやふや情報の依頼ですか
黄金暦97年 1月 流石は噂の村の長依頼なだけはありますね。
強烈なのは居なかったのですが、初めて見る敵などに会うことが出来ました。そして何も出ないのもお約束かも知れません(まだまだ、難しい依頼が来ないという理由もあるのでしょうが)
やはり、勝手な話になるのですがこれくらい刺激がある方がなかなか楽しかったですね
とか、こんな事言ってるのは無事に帰ってこれて尚かつ死者も出さなかったから言えるんですけど
目の前に居る食事を作ってくれて世話をしてくれるクレアの前では言えない言葉です。きっと言えば…怒られます(汗
黄金暦97年 2月 やはり、最近敵の雰囲気が変わってきましたね…
連戦ではなく、ほぼ一直線と言っていいレベルですが雑魚も依頼対象も今までとは少し違う感じがします。戦闘後、気を抜けば仲間の一人が大きな怪我を負っていましたし
まぁ、それでも楽勝と言っていいレベルではないでしょうか?
依頼対象に対するトドメを刺すことも出来ましたし、戦果としては満足のいくレベルではないかもしれませんが
次の以来も村の長からだそうで気を抜かずに行くことにしましょうか
黄金暦97年 3月 何と言いましょうか…期待外れでしたね
前回敵の雰囲気が変わったと言いましたが、今回は結局以前の敵に逆戻り。しかも直行と言っても差し支えなく、またこれが続くのかと思うとちょっと私も辛いものがありますね
まぁ…今回は特に魔法使いが3人も居られましたので、活躍することもなく…
クレア風に言ってしまえばションボリです。
しかし、ほんと魔法使いは強いですね。以前にも書きましたが、耐久も高いと言いますしその上、攻撃速度や順応性(属性が関係ないのかな?今は?(akaki))だって決して前線で戦う人たちと劣っている訳ではありませんし
知り合いに、一人術法使いが居ますが来たら活躍するでしょうか?
私やクレアみたいに別にここに居る期間を気にする人じゃないですし…
まぁ無理でしょうが、クレアより更に対人関係の為に努力をする人じゃないですから。私達や知り合い以外の"もの"に対する人種的偏見も強烈ですからね。悪い人じゃないんですが
うん?これは…次は巨大怪物?
黄金暦97年 4月 えー…っと。
批難している訳じゃないですし、寧ろ羨ましいというか、自身に歯痒いと言いましょうか…
今回初めての大型怪物の対象で色々緊張していたのですが、まさに瞬殺でした。
魔法使いの強さにやっぱろ驚きましたね。私も自分で言うのは烏滸がましいのですが、そこそこ頑張ってはいたのですが
クイーンアントに行くまでに強力な炎焦術法で薙ぎ払われてしまいました。薙ぎ払いは私の得意分野の筈なのに…次こそは
……うぅ。何だか過去にもクイーンアントと戦った記憶が…黒歴史なのかしら…思い出そうとすると頭が痛い(このゲームは時間が拘束されないから良いですよね、中○もいないし(笑(akaki))
黄金暦97年 5月 ゾンビがトラウマだとは言いませんが、やっぱり攻撃がなかなか致命傷として与えにくいのが苦手な原因ともいえます。
ですが今回はなかなか良い戦いだったかと…薙ぎ払いを中心とした戦闘スタイルに変更したのも功を奏したのでしょう
剣でも同じなのですが、刺突系より、斬撃系の方が様々な状況、敵に対応しやすいのですが
周囲が広く確保されていないとかえって危険になります。特に範囲の広い槍は危険極まりないんですよね。
その点私、自身ではなく周囲の皆さんが器量良く対応してくれたお陰かと。周囲の皆さんのLvが高くなると色々助かりますね。そういえば…次の依頼に以前見た方が、そう、あの唯一死者を出してしまった2度目の冒険での生き残りの方が
今度こそヘマをしないようにしなければ…あれ?この名前も何処かで聞いたような…うーん。頭が痛い
黄金暦97年 6月 最近はゾンビ系が多いですね、特に良いこともなく終了。
皆無事だったので良いのですが、今一贅沢な話ですが変化もないんですよね…
黄金暦97年 7月 今回は最近見るようになった巨大怪物の討伐。少しは色々こなせてきたので良い機会だと思ってました。
初めはお馴染みプリン系、この辺はもはや討伐対象としては軽くこなせる範疇と言っても良いですね…ただそれが連続してきたので
「クイーンアントじゃない?」とは分かりました、それに敵の強さもそれ程ではなかったので…それが結果的に良かったのですが
もしここでPTの部隊が大なり小なり損害を受けていたなら…耐えられた自信はありません
慢心、傲慢。討伐対象は例の如く直ぐに発見できました
赤黒く鈍く光る甲殻、独特な多脚、そして如何にも的な牙
噂には聞いてはいましたが「巨大ムカデ」。いいえ、それより一回りほど大きかったと記憶しています。
想像を絶する動きの早さに翻弄されながら格闘
今回実感したのは槍の弱さ。いえ、槍術が弱いのではなく手持ちの装備。幸い攻撃が通りトドメを刺すことは出来ましたが、槍はボロボロに
研ぎに出せばある程度は直りますが、そろそろ大きく強い敵用に新調したいんですけど。
特にワイバーン等の存在も聞きますし、今のままでは駄目でしょうね…装備のせいにする辺り未熟者とも言えますが。
黄金暦97年 8月 ご、ゴボルト…ありえない。しかも直ぐに終わってしまった。
クレアにも私のやるせなさが伝わってしまったのか、変に気を遣ってくれてるのが分かってしまいました。この子には何時も迷惑かけてばかりですね…
黄金暦97年 9月 連戦。今日はリザードマンと言う新手と戦い、尚かつ連戦でした
久し振りの連戦で鈍っていた感覚も動きも取り戻せた感じです。正直ハラハラはしましたがこれ位の緊張感がやはり、私には丁度良いのかも
敵の動きも思った以上に鈍く、圧倒していた感じでこちらのペースで戦いか進められましたしね
そして何と、こちらも随分と久し振りですね…アイテムを頂きました
光の魔導器。…魔導器?そう、槍じゃないんです
なるほど、これは私に術法使いになれと言う事でしょうか?…まぁ無理な話なんですけどね
槍として段々認められてきたばかりの私には、まだ少し早い気がします。確かに適正があるかも?と言う知り合いの過去の言葉も気にはなるのですが…
でも、今日は良いことばかりで良かったです。久し振りに笑顔でお酒が飲めたので、すすんでしまいました(笑
えぇ…後で怒られましたけどね…一緒に楽しく食事してくれてたじゃない(ションボリ
そう言えば今日は変わった人が一人。変わったと言ったら失礼ですが聞き覚えのある名が…ふた○…フフ
黄金暦97年 10月 つっ…連戦でもなく罠に掛かった訳でも無かったのですが、対象前での巨大ムカデの攻撃が結構きつく入ったので深手を負ってしまいました
事は大きくならずに対象相手もこなせたのですが、まだまだな感じを実感しました
私は槍で前衛にも関わらず、少し防御に重点を置いていないのでしょうか?それともたまたまだったのか…
何時の間にか、そう言えば2年目なんですね、年月ばかりが流れてしまっている感じがして、焦ってる訳ではないのですが…
うーん。今度の依頼は少し軽めでしょうか?ならば…
黄金暦97年 11月 余計な事はするものじゃないですね。
私の意外な適正を教えてくれた知り合いに文句を言う積りは無いのですが、たった一撃で死に掛けました…いや、ほんと
そう、術法装備を装備してみたんですね。慣れない装備と、慣れない術法詠唱、そして慣れない立場と立ち位置の把握。
術法使いを側で見ていたりしていてある程度は盗んだ積りだったのですが
これがいざ実践となると慌てふためくは、オタオタするは…何とも情けない姿に
挙句、一直線で罠にも当たる事が無かったので幸いだったのですが(普段なら一直線は嫌だとか散々言ってますのにね…(溜息)
たった一発で大きな怪我をしてしまって…
なので槍に戻ります。また何時かという事で。
なんて話をしたら、クレアに散々怒られるは、話はしてくれないは…良い事なしでした(汗
黄金暦97年 12月 未だに下っ端シリーズが、しかも狼とかゾンビとか出るのはどうなんでしょうね…
そろそろ2年目を迎えたというのに。こう言う方面で私は情報収集しないので他の方がどうなのかは存じないのですが
情報があやふやだと危険だという話は良く聞きますので色々期待していたんですが、全くの逆というのもあるんだと
なかなか、難しいものですね…
黄金暦98年 1月 何故か私は不思議とインプに滅多に会わなかったのですが、今回は結構お目に掛かれましたね
まぁ、あまりお目に掛かったところで小悪魔と言うか妖精というかそんな感じの存在なので良いことがある訳では無く、寧ろ利害関係的に厄介な存在なので…
それ以外は変化もなく問題も起きず終息したのですが
…引率者の方を責めているつもりはありませんよ?ただ、宝箱連続で開場し損ねてましたね
いやいや、罠が苦手な私が何か言えるような事も無いのですが(汗)あれって厄介なんですよね、罠で取り返しの付かないことになるよりは遙かにマシですしね
そう言えば、今度の依頼はグール討伐だそうです…今回の敵もグールでしたけど。これはやっぱり…こっそり光の魔導器を装備してみなさいと言う事なんでしょうね。…依頼自体も楽そうですし。うーん(笑
黄金暦98年 2月 今回は懲りもせずひっそり魔法武器装備。なまじ魔法武器など手に入れてしまいましたからね…
ですが今回は上々だったかと。私としては今回駄目だったら諦めるつもりだったのですが良い結果に終わって良かったかと…いや意外な結果もありましたが
基本的に私はクレアにも良く言われるのですが本当に不器用なのです、料理も下手ですしね?そんな私が何故か罠等の解除役
一度目は解除できたのですが、二度目は…これで結果的にPTの皆さんにご迷惑をお掛けしてしまって
その直後上手く広場に出たので休息できたので助かりましたけど
いやいや、今回はそれ以上にPTメンバーの戦闘の上手さに驚きましたね。私が慣れない魔法職なのが申し訳ないほどに(汗
特に弓の方。本当に上手かったと思います
少なからず手傷や蓄積された疲れで鈍っていた私達を敵が攻撃してきた時にPTメンバーに到達する前にダブルショットで撃破して敵の攻撃を最小限に抑えてくれたのは本当に助かったかと
クレアと比べるのは弓としてのスタイルの違いがあるので比べること自体両者に失礼なのですが、弓を見慣れていた私でも惚れ惚れしてしまいました。まぁこんな話クレアには出来ませんけど(笑
結果、良い結果に終わりましたけどやっぱり詠唱に慣れてない私は、当たり前ながらまだまだですね…今度の依頼はリザードマンだそうなので槍職に戻りましょうか。
黄金暦98年 3月 情報も十分あり比較的楽そうな依頼
でもリザードマンを甘く見る訳にはいかないので槍職として同行…っと。あれ?あの弓の方は…珍しいですね連続同行とは、心強い限りで。でも私から声を掛ける訳にもいかず意識しないように
結果も依頼内容自体楽なもので苦もなく終了。逆に言ってしまえば旨味も戦闘訓練としての充実感も不足気味でしたけどね
帰宅後、程なく依頼の話が情報も不明確でしかも巨大生物。メンバーの方々…あれ?また、弓の方が…珍しいというか三連続は今まで無かったと思いますね。まぁこうやって意識したのも初めてだからかも知れませんが
無事に帰還出来ることを願いましょうか。と言うかしなければ…
黄金暦98年 4月 -



■このキャラクターのタグ