アスマール閉鎖陰謀説


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『』板閉鎖について、光rsによる身勝手な行動によるものという一般的認識に反し、
現管理人であるアスマールがこの閉鎖を仕向けて管理権を掌握したという論説。

概要

前『』板をハッキングするなどしてパスワードを解析し、あたかも光rsが血迷って錯乱したかのように
装いスレッドを削除した後に閉鎖させた。その際には事前に自らが作成した避難所に住民を誘導。
「一時的な避難所」としながらも今の住民が喜びそうなネタ(例えばシバキネタ)を積極的に提供することで
住民の定着を図り、さらにはTwitterで広く周知することで過去の住民を誘致してこれが新『』板であるとの認識を植え付けた。
光rsが犯人だと認めさせる為に彼をあらかじめ書き込み規制リストに加え、さらに自らまるで光rsの書き込みであるかのような
レスを投稿し、嫌になったから閉鎖したのだと主張。光rsのIPアドレスについては、自身が保有するwikiで光rsのページに
わざと彼が嫌がりそうな記載をすることで彼の編集を誘い、編集履歴からそれを取得。次いでは本人による他所での弁解を
防ぐ為に、光rsの個人情報を名無しで提供することで炎上を誘発し、Twitterアカウントやskypeアカウントの削除を煽動。
そして自身のwiki及びTwitterアカウントでは光rsが閉鎖させたという捏造した経緯を吹聴した。

根拠

  • アスマールは屈指の古参である上、『』板wiki充実に尽力するなど『』板を恵愛していた。
  • それにも関わらず愛する淫夢スレを規制されるなどし管理人から不遇な待遇を受け不満を募らせていた。
  • 東大生特有の支配欲求とリーダーシップ。
  • 光rsからの正式な弁解が存在しない。
  • 就活で忙しく『』板に来るのは不定期であるはずのアスマールがちょうど閉鎖のタイミングに居合わせるのは不自然。
  • 光rs叩きを煽動するかのようなシバキ行為推奨の文言とアンケート。
  • わざわざTwitterアカウントを作って住民をくまなくフォローし、頼まれてもいない『』板の歴史の解説を行った。

関連項目