※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《冥符「紅色の冥界」》

No.068 Spell <第一弾
NODE(5)/COST(3) 術者:レミリア・スカーレット
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【世界呪符】 維持コスト(2)

(自分ターン)(1)(S):
 目標の〔あなたの冥界にあるキャラクターカード1枚〕を、あなたの場にアクティブ状態で出す。ターン終了時まで、そのキャラクターは「種族:吸血鬼」に変更され、以下の効果を得る。

「【(自動γ):
  ディスカードフェイズ終了時、〔このキャラクター〕はゲームから除外される。】」

吸血鬼の誕生は、一度埋葬された死者が夜中に復活してのものと伝えられている。
(PR.005:吸血鬼として蘇った者は、更に眷族を増やすべく行動する。)
(SP-29:死者が吸血鬼として甦り、現世を紅く染め上げる。)

Illustration:宮森とこ(PR.005:香水草、SP-29:キレロ

コメント

レミリア・スカーレットのスペルカード
どれほど重いキャラクターでも冥界からアクティブで場に出す事が出来る世界呪符

プレイコスト、起動コスト、維持コストと実にノードに優しくないスペックだが、プレイしたターンにそのまま効果を使えるので、使い捨てとして考えてもノード5コスト4で擬似奇襲速攻持ちとそこらの大型キャラクターを出す分には十分過ぎる奇襲性を持つ。
当然維持しきれれば、毎ターン1キャラを冥界から出し相手にぶつけることが出来る為、大型キャラクターの弾が続く限り高いダメージソースを量産し続ける、扱い辛さに見合った凶悪な決定力を持つカードである。

このカードで場に出すキャラクターは、フランドール・スカーレット/1弾のような貫通持ちや、術者でもあり、更に神鬼『レミリアストーカー』で攻めを継続できるレミリア・スカーレット/10弾等が適任だろう。

効率的に使いたいなら手札にかさ張るより前にノードに伏せてとっとと破棄したり、黄泉の舟反転攻勢などで能動的にデッキからキャラクターを落とす手段を用いたりするのが望ましい。

壱符】を所持するキャラクターを呼び出して手札から【弐符】を出してスペルブレイクという事もできる。その場合ターン終了時に弐符を除外する必要は無いが、スペルブレイクによって壱符冥界に置かれずゲームから除外される為に再び呼ぶことはできない。
符ノ壱“レミリア・スカーレット”などは良く噛み合い、レミリア・スカーレット/1弾ほどの爆発力を見込めないこのカードが最大限に生きる数少ないシチュエーションと言える。

このカードに限った話ではないが冥界のカードを場に出す特性上、キャラクターを取り除かれる古の記憶無縁塚がアンチカードとして働く。
このカードを最大限に利用するなら前もって禁弾『カタディオプトリック』などで対策しておきたい。

  • 目標の指定は効果の起動時。起動コスト1をスリープノードに仕込んであったキャラクターで支払い、このカードの効果でその冥界に落としたキャラクターを場に出す、といったことは出来ない。
  • 除外する効果はこのカードの効果ではなく、キャラクターが得ている物である。よって、キャラクターを出した後にこのカードを破棄したり、対抗魔術を使ったりしても、ゲームから除外される効果からは逃れられない。
    • 裏向きにはなっていないので迷ひ家で次のターン問題なく帰ってくる。その場合除外する必要性は無い。
  • 元はノード4コスト2というコストパフォーマンスでも速攻性でも優れたノード帯だった。さすがに強すぎたのか、エラッタによって今のノード5コスト3になった。ちなみに、VISIONで最初にエラッタを受けたカードのひとつである。
  • 2009/08/15、リニューアル版テキストに対してさらにテキスト修正が発表されている。
    • 誤: メインフェイズ終了時
    • 正:ディスカードフェイズ終了時


関連