※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《亡舞「生者必滅の理 -死蝶-」》

No.071 Spell <第一弾
NODE(5)/COST(0) 術者:西行寺 幽々子
効果範囲:目標を取らず、複数のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

 〔あなたの冥界のカード全て〕をゲームから除外する。その後、取り除いたカード3枚につき1ダメージを〔あなたの任意のキャラクター〕に割り振る。

生物とは生きているものであり、死は生きているものに必ず訪れる恒常性の破綻である。
(PR.071:釈迦如来、生者必滅の理を示さんとて、娑羅双樹の本にて、
仮に滅度を唱へ給しかば、人天ともに悲しみき。 ~保元物語)

Illustration:猫の手

コメント

西行寺 幽々子のスペルカード
冥界を火力に変えるスペル。

効果ダメージは、取り除いたカード3枚につきわずか1。
15枚を取り除いてやっと5ダメージである。
また、キャラクターにしか割り振れず、プレイヤーには割り振ることができない。
しかも、取り除くカードを選択することはできず、必ず全てのカードを除外することになるなど、不便な点が目立つ。

それでも必要コストは0で、ダメージを割り振る→どれにダメージを与えるのかの指定は効果解決時であるため、ナイトダンスなどのパンプアップに対してある程度の優位性がある。
また目標を取らないので八雲 藍/1弾古明地 こいし/5弾にも通用するという利点もある。
特定の場面では、使う機会があるかも知れない。

冥界のカード枚数は、スリープノードの破棄によって増加することが多い。大きくダメージを稼ぎたいのならば、必然的に後半戦に使うしかなくなってしまう。
しかしそれくらい後半になれば、単体除去ならば死符『ギャストリドリーム』が普通に撃てるくらいのコストは確保できているはずである。
対多数除去として小回りが利くのは確かだが、どこまで使えるかは冥界の枚数次第であろうか。

  • 死神『ヒガンルトゥール』と違い、ダメージは振り分けた後に一度に発生する。その際「1ダメージを数回、各キャラクターに与えられる」のではなく「キャラクター毎に、指定した値のダメージが一度に与えられる」ので注意。
    • 魔導書が場にある場合、各キャラクターへのダメージは「割り振ったダメージ×2」ではなく「割り振ったダメージ+1」となる。当然、1枚のキャラに全ダメージを集中させた場合、魔導書によるダメージ増加は1点分しか発生しない。
  • 〔任意のキャラクター〕は、場にキャラクターが居るならば何も選択しないということはできない。相手の場にキャラクターがいない場合、自分の場のキャラクターに割り振るハメになる。
  • 地霊殿の登場により、いよいよ立場が無くなって来た。
    • さらに冥界にある特定のカード1枚につき2ダメージを叩き出せる電符『雷鼓弾』の登場で存在意義自体が危ぶまれている。


関連