※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《禁忌「レーヴァテイン」》

No.073 Spell <第一弾
NODE(5)/COST(3) 術者:フランドール・スカーレット
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:装備

【装備】 神器

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた場合、〔相手プレイヤーのデッキの上のカード5枚〕を破棄する。

攻撃力(+5)/耐久力(+2)

「災いの杖」を意味する伝説の武器。絶望の箱に9つのカギを掛け、シンマラに預けられた。
(PR.013:レーヴァテインのみが世界樹ユグドラシルに住む雄鶏ヴィゾフニルを殺すことが出来るという。)
(PR.070:スヴィプダーグにヴィゾフニルをヘルの館に送れる武器は無いかと問われたフョルスヴィズはレーヴァテインだと答えた。)

Illustration:ニュー速回線 (PR.013、PR.070:gisyo)

コメント

フランドール・スカーレットのスペルカード
高い戦闘修正に加えデッキ破壊能力を内蔵する神器

貫通先制などの付与はないが、耐久力が上昇する点がポイント。
神槍『スピア・ザ・グングニル』ほどの爆発力は見込めないので、術者であり速攻要員であるフランドール・スカーレット/1弾に持たせてコストを無視する使い方が一般的だが、蓬莱山 輝夜/1弾が持っていることもある。

デッキ破壊(自動γ)は相手に戦闘ダメージを通さなければならないというデッキアウト戦術としてあまり好ましくない条件を持つが、発生さえすればその効果は上々。
竹林の火事の登場などデッキ破壊カードが充実するにつれ、手段の一つとして用いられるようになった。

しかし環境が進むにつれ、強力な冥界利用カードが増えて来ている。今となってはこの効果もデメリットとして機能する事の方が多いだろう。
さらに、このカードとフランドール・スカーレット/1弾が揃って攻撃が通るような局面では往々にしてデッキを削るよりライフが削れる方が圧倒的に早く、ある意味であまり噛み合っているとは言い難い能力である。
何より、Dark Night Illusionにて月眼『月兎遠隔催眠術(テレメスメリズム)』が登場したことが非常に痛い向かい風。フランドールをプレイして、このカードを装備して殴ったらデッキから破棄されてフランが相手の手に渡りました。では笑えない。というかゲームが終わりかねない。
さらに環境が進み、迷いの竹林月眼『月兎遠隔催眠術(テレメスメリズム)』等のカードを避けつつ同じく5枚のデッキ破壊の可能な装備妖剣『輝針剣』が登場した。こちらはサイズもかなり控えめで神器でもないので比較的使い勝手がよい。



関連